あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「マッド・シティ」 (1997年)

イメージ 1

1997年 アメリカ 115分
監督:コスタ・ガブラス
出演:ダスティ・ホフマン、 ジョン・トラボルタ

メディア問題をとらえた社会派ドラマ。 ★★☆

博物館の仕事を解雇されたサム(ジョン・トラボルタ)は、威嚇のつもりで発砲してしまい、大事件へと発展してしまう。現場に居合わせた記者のマックス(ダスティ・ホフマン)は、特ダネのチャンスとばかりにサムの単独取材を敢行する。

深い意図もないままに平凡な男が起こしてしまった事故のような事件。
それなのに、それを興味本位なメディアが騒ぎ立ててそれにのって騒ぎ立てる民衆という具合に、視聴率最優先のテレビが犯罪をもてあそぶ様がよく描かれている。
本当は小心者のサムが、どんどん悲劇的な状況に追い込まれていく。
11年前とは思えないリアリティと恐ろしさがあり、現在の状況となんら変わるところはない。

主演の二人の演技はうまい。
ダスティ・ホフマンはいうまでもないが、サムを演じたトラボルタも、「パルプ・フィクション」の頃からどんどん良い俳優になった。
短絡思考的なサムの困ったちゃんぶりがよかった。

最後にマックスが、こんな結果になったのはわれわれメディアの責任だ、という意味のことを叫ぶが、一番罪深いのはそんな報道をせざるを得ないようにしてしまった視聴者一人一人なのだろう。
興味本位なのはメディアではなくて、視聴者なのだ。

考えさせられるものが残る作品。