あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

9デイズ

イメージ 1

2002年 アメリカ 117分
監督:ジョエル・シューマッカー
出演:アンソニー・ホプキンス、 クリス・ロック

コメディ・タッチのサスペンス物。 ★★

FBIだった兄が殺され、急遽、双子の弟を代役に仕立てるのだが、これがとんでもないお調子者。真面目なボス捜査官とのコンビで核爆弾を奪還しようとする。

どこかで観たような設定。どこかで観たようなちぐはぐコンビ。どこかで観たような展開。
と、これまでの映画を寄せ集めて作られたような作品なので、新鮮みは全くないが、それだけ安心してみていられる。
過大な期待をしなければ、それなりの面白さはある。

ボスを演じるアンソニー・ホプキンスはさすが。高齢のわりに必死にアクションもこなしたりしている。相棒のクリス・ロックの早口トークは、かってのエディ・マーフィをおもわせる。

邦題の「9デイズ」は、キューバ危機を描いた「13デイス」を意識したのだろうか。タイトルからは真面目なクライム・サスペンス物を想像してしまう。原題(Bad Company)をそのまま訳して「仲間は最高!」とかにすれば良かったのに。

たまたま観る機会があれば、という程度の映画。