あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「キサラギ」 (2007年)

イメージ 1

2007年 日本 108分
監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、 ユースケ・サンタマリア、 小出啓介、
    塚地武雅、 香川照之

会話による推理劇。 ★★★★

焼身自殺をしたアイドル如月ミキの一周忌の日に、インターネットのファンサイトで知り合った5人の男たちが集まる。初めて顔を合わせた彼らは、如月ミキは殺されたのではないかと推理をはじめる。

小劇場での舞台劇を元にしたものらしく、物語は一部屋の中で展開される。
ほとんどが5人の会話だけですすむので、普通だったら退屈してしまうところだが、全くそんなことはない。

よく練られた脚本であり、これでもか、これでもかと次々に展開される物語の変容は見事というほかない。
はじめは単に集まったアイドル・ファンだと思えていた5人なのだが、推理を展開していくうちに、それぞれの亡くなったアイドルとのつながりが明らかにされていく。
(これ以上は書けないのがもどかしいぞ。)

5人の登場人物もそれぞれに個性的。
特に喪服にこだわる塚地武雅、カチューシャをつけた香川照之の二人が笑いをとる役どころながら、後半ではあっという立場を演じて好演。
小栗旬が3枚目的な役どころで、いじけたりするところもなかなかに良かった。

そして、これだけの推理劇の中心となった影の主役、如月ミキなのだが、その姿の映像はぼかしが入っていたり、後ろ姿だけだったする。
どれだけ素晴らしいアイドルだったのかと思わせるのだが、最後になり彼女のステージ姿が映し出される。
驚く。演じた俳優さんには悪いけれど、これって完全にアイドルを戯画していた。

何度か見直すと、張られていた伏線にまた気づくかもしれません。
そう思わせるお勧めの映画です。