あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「冬のライオン」 (1968年)

f:id:akirin2274:20200305201936j:plain

1968年 イギリス 140分
監督:アンソニー・ハーベイ
出演:ピーター・オトゥール、 キャサイン・ヘップバーン、 アンソニー・ホプキンス、 ティモシー・ダルトン

お家騒動の歴史もの。 ★★☆

 

時は1183年のクリスマス・イブの夜。
イギリス国王ヘンリー2世(ピーター・オトゥール)は、後継者争いを解決するために一族を集める。
登場人物は、孤塔に幽閉されていた王妃エリノア(キャサイン・ヘップバーン)、息子のリチャード(アンソニー・ホプキンス)、ジェフリー、ジョン、それに当時は支配下にあったフランスの若き王フィリップ(ティモシー・ダルトン)。
ヘンリー2世の傍らには愛妾のアレースもいた。

 

ヘンリーはかってはノルマンディの一領主に過ぎなかったようだ。
しかし結婚したエレノアが広大な領地をもって嫁いできたために、後のイングランド帝国を築くことができたようだ。
そして愛妾のアレースも元はフランス王女で、養女としていたのをいつしか妾に・・・。。
ヘンリー、好き勝手にやっているなあ(羨ましいぞ 苦笑)。

 

なかなかの泥沼状態なのだが、映画の大半は城の中の会話劇として進む。
それというのも、もともとはこの話はブロードウェイの演劇作品だった。

 

跡継ぎに三男のジョンを考えているヘンリー。それに対してエレノアは長男リチャードを推す。
夫婦間の激しい口論、駆け引き。当然それにプラス正妻・妾問題。
そこに兄弟間の争いが入り、イギリスとフランスとの覇権争いも加わってくる。
みんなそれぞれに相手に賛同したかと思うと、すぐに口汚く罵りあったりする。
人間の欲望や弱さ、何処かに残っている肉親愛。そんなものをぶつけ合う。すさまじい。

 

キャサリン・ヘプバーンはこの作品で3度目のアカデミー賞主演女優賞を取っている。
表面上の主役はヘンリー2世だが、ドラマの中心はエレノアだった。
夫に対して複雑な心情を抱いていて、感情が揺れる揺れる。さすがに上手い。

 

かたや、ピーター・オトゥールゴールデングローブ賞の主演男優賞を取っている。
それに若かったアンソニー・ホプキンスティモシー・ダルトン(ものすごくイケメン!)も観ることができる。

 

基本的には先に述べたように会話劇なのだが、その緊張感は切れることなく続く。
なにしろ、自分の後継者には自分の愛妾と結婚させようとするのだから、そのことをみんなが容認しようというのだから、考え方がすごいね。
フランス王の寝室での騙し合いや、ワイン倉庫での争いなど、舞台変化を巧みに取り入れていた。
挙げ句の果てに、父殺し、息子殺しの一歩手前までいってしまう。

 

なので2時間越えの作品だが、だれることはなかった。
世間的な評価も高かったようだ。
それにしても、権力を極めても、というか権力が大きくなるほどに、心は千々に乱れて平穏からは遠ざかってしまうのだろうな。