あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「ランボー ラスト・ブラッド」 (2019年)

f:id:akirin2274:20200715001422j:plain

2019年 アメリカ 101分
監督:エイドリアン・グランバーグ
出演:シルベスター・スタローン

ランボー・シリーズの第5作目。 ★★☆

 

このシリーズの第1作が作られたのは1982年、38年前だった。
ジョン・ランボーが登場したとき、ベトナム戦争のトラウマに悩む彼の存在は、社会問題も投げかけるものだった。秀作だった。
その後、このシリーズは傭兵のような立場での活躍を描くアクションものになっていた。

 

で、「最後の・・・」でもう終わったのだろうと思っていたランボーだったが、今度は「ラスト」で再びあらわれた。
ランボーがあらわれれば、やはり観に行かなければなるまいて。

 

初老となったランボーは故郷のアリゾナの牧場で平穏な日々を送っていた。
災害が起きればボランティアとして救出にも赴くという善良な村人だ。
そんなランボーの趣味は巨大な地下壕を作ること。
何故にこんな本格的な地下壕を? これは絶体に後半に意味を持ってくるよねえ(笑)。

 

しかし、わが子のように慈しんできたガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されてしまった。
単身でメキシコの怪しげな街に乗りこむランボー
しかし、悪の組織の暴力性は半端ではなかった。その悪はもう非人間的と言っていいほど。
怒っていいぞ、ランボー

 

ストーリーは一直線で、捻りは一切なし。
裏切りとか、手の込んだ策略をおこなうとか、一切なし。
善人はどこまでも善人、悪人は典型的な悪人。判りやすい。
我慢に我慢を重ねた主人公が最後に大暴れして敵を完膚なきまでに叩きのめすという、言ってみれば高倉健さんの世界。
(ちょっと違うか・・・ 汗)

 

だから、終盤の30分にこの映画のすべてが詰まっている。
それまではここにいたるまでのお膳立てだったと言える。
あの地下壕にヴェトナム戦線で学んだトラップの数々を仕掛るランボー
敵を地下壕に誘い入れて殺しまくっていくランボー

 

そうか、あの地下壕は今もランボーにとりついているヴェトナム戦争の悪夢が作らせたものだったのか。
悪夢から逃げられなかったランボーは10年間もかけてあの地下壕を作った。
だから、ランボーはあの地下壕で戦うしかなかったのだ。

 

(余談)
重機関銃を抱えたランボーがバンダナを巻いてくれると、嬉しかったのだが。
しかし73歳のランボーには、もうバンダナも似合わなかったか・・・。

 

エンド・クレジットのときに、これまでのランボー・シリーズの場面がフラッシュ・バックされる。
ああ、スタローンもあんなに若かったんだ、と感無量となる。
本当にこれで終わるのだろうな・・・?