あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「ダイ・ハード4.0」  (2007年)

イメージ 1

2007年 アメリカ 129分
監督:レン・イズマン
出演:ブルース・ウイリス、 ジャスティン・ロング

説明不要のアクションもの。 ★★★

12年ぶりの続編だが、世界一ついていない男のジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウイリス)が、悪の組織を相手に孤軍奮闘するというおなじみの、嬉しい設定。
今回はサイバー・テロ集団が相手である。

別れた奥さんのもとへ行ってしまった娘に会いにニュージャージーにやってきていたマクレーンは、近くに住んでいるハッカージャスティン・ロング)をワシントンまで連れてきてくれと依頼される。
今回もマクレーンはたまたまニュージャージーに来ていただけ、それも個人的な用事で。
それなのにいきなり銃撃戦に巻き込まれるわ、むちゃくちゃな逃亡劇になるわ、で、またまた息もつがせぬ肉体勝負ということになる。いいねえ。

このシリーズの眼目は、相手は用意周到に計画を練った知能的な武装集団であり、それに対抗するのが孤立無援の普通の中年刑事、という設定にある。
巻き込まれた状況の中で、とっさの判断で暴れる一人の個人が、綿密な悪のハイテク計画を狂わせていく。
これが、現代の管理社会の中に組み込まれている大多数の人にとって、大きなカタルシスとなる要因なのだろう。

スピード感のある展開、人間くさい主人公の活躍、と、まったく画面釘付けで見せてくれる。
個人的には、あの目元の涼しい「カンフーお姉さん」(マギー・Q)にもう少し頑張って欲しかったぞ。

冒頭ではマクレーンに悪態をついていた娘のルーシーだが、捕らわれの身になりながらもマクレーンに、パパ!敵はあと5人よ!、と教えるあたり、なかなか良かった。
それにしても、マクレーンの奥さんはどこへ行ってしまったんだろう? 高層ビル(第1話)でも、雪の飛行場(第2話)でも、マクレーンが必死に助けてあげたのに、ねえ。

12年ぶりということだが、ブルース・ウイリスは衰えも感じさせずに頑張っていた。
インディ・ジョーンズ」や「ランボー」、「ロッキー」といった人気シリーズの続編があいついで作られて、なかには少なからずがっかりしたものもあったので、「ダイ・ハード」も内心は心配していたのだが、期待が裏切られなくてほっとした。

理屈は要りません。とにかく面白いです。