あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。約2000本の映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「サイバーネット」 (1995年)

イメージ 1

1995年 アメリカ 105分
監督:イアン・ソフトリー
出演:ジョニー・リー・ミラー、 アンジェリーナ・ジョリー

高校生のハッカーたち。 ★★

ポスターの2人はアンジェリーナ・ジョリー(若いっ!)と、彼女の最初の結婚相手のジョニー・リー・ミラー
アンジーは、デビュー作「サイボーグ2」の2年後の作品で、顔つきがふっくらとしていて、超ショートの髪型。
ジョニー・リー・ミラーとはこの映画の直後に結婚をして、4年後に別れたとのこと。

アンジーが出ていなければ、いまさら15年前のハッカーの映画なんて、まず観る気にならないだろうな。
でも、なにしろ「ソルト」を観たばかりなので、その余勢で(笑)。

一人の高校生ハッカーがふとしたことから大企業のコンピューター・システムに入り込み、不正を記録したファイルを持ち出してしまう。それに気づいた悪人プログラマーが攻撃を仕掛けてくる。
その友人のために、主人公である天才的な高校生ハッカーが電脳世界で大活躍をする、といった、まあ、いかにもという物語。

アンジーは主人公の同級生で、実は彼女もかなりの腕前のハッカーだったという設定。
あの挑戦的な眼差しと、誘惑するような厚い唇は、すでにこの頃からで、デビュー作「サイボーグ2」のときの彼女と比べると放っているオーラが全く違っている。
2年でこんなに成長するのか! すごい!

15年前の映画なので、それもコンピューター題材なので、時代の変化は致し方ない。
主人公が、最新機のコンピューターの処理速度に驚いたりするところとか、記録媒体に3.5インチのフロッピー・ディスクを使っているところとか、ね。
(ちなみに15年前というと、私が使っていたのはゲイトウェイのDOSマシーンで、ペンティアム供複横僑MHz)、ハードディスク容量はたったの6.4GBだった)。

当時、アメリカでは結構ヒットした映画だったらしい。
もちろん、アンジー・ファン以外は、わざわざ観るほどの映画ではありません。

でも、アンジーは全編でとてもボーイッシュな身なりをしているのに、それなのに、滅茶苦茶セクシーなのです。
だからアンジー・ファンなら・・・。