あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「007/スカイフォール」 (2012年)

イメージ 1

2012年 イギリス 142分
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、 ハビエル・バルデム、 レイフ・ファインズ、 ジュディ・デンチ

007シリーズ23作目。 ★★★☆

ダニエル・クレイグ・ボンドの第3作目。
監督がサム・メンデスと聞いて、へえ~と思った。
なにしろアカデミー監督賞を取った 「アメリカン・ビューティ」 にしろ、タイタニック・コンビが夫婦役を演じた 「レボリューショナリー・ロード」 にしても、一見幸せそうに見える家庭の崩壊を描いた作品だったし、まさか007を撮るとは。

金髪、碧眼のクレイグ・ボンドもすっかり馴染んでいる。
そして今回もリアル感に溢れた肉体勝負である。
冒頭から屋根の上のバイクでの追跡劇、列車の屋根での格闘、と、もうこれでもかと魅せてくれる。
好いねえ。

今回の悪役は、ハビエル・バルデム
これはすごい。なにしろ コーエン兄弟の 「ノーカントリー」 の、あの怖ろしい殺し屋である。迫力は満点 (でも、ペネロペ・クルスの旦那なのですよ) 。

007も50周年だそうで、新しい雰囲気にしようというところが随所に見られる。
配役の交代として、新しく登場したQがまるでオタクの若者だったのはちょっと意外だった。
なるほど。
そのQが、ペン型の爆弾? あれはアンティークさ、と言う。
おお、リアリティ志向の007だな。もうロジャー・ムーアの時代じゃないぜ。

それでいて、オマージュのように、ちゃんとアストン・マーチンを登場させてくる。憎いねえ。
なんとかってのボンド・カーを彷彿とさせて、車体は防弾仕様、フロントには機銃が仕込んである。
これがクライマックスでは大活躍をするんだよなあ。

全体の物語にも荒唐無稽さはない。
今回の敵は全くの個人で、個人的な恨みが事件の根にある。”ママ”である M に対する憎悪と、歪んだ愛情がからみ合っている。
なるほど、そう考えると、サム・メンデス監督でいいわけか・・・。

ああ、そうそう、軍艦島がロケ地になっていた。
007で日本がロケ地になったのは、浜美枝がボンド・ガールになって姫路城で撮った作品以来ではないだろうか。

後半の”スカイフォール”での敵との攻防は、以前の007ものに比べれば派手さには欠けるものの、充分に魅せてくれていた。

新しいマニーペニーが登場するし (まさか彼女とは、ねえ。)、新しい M が登場するし、また次回作がフレッシュな感じで楽しめそう。