あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 (2013年)

イメージ 1

2013年 日本 119分
監督:橋本一
出演:大林洋、 松田龍平、 尾島真千子、 ゴリ

シリーズ第2弾。 ★★☆

私立探偵を主人公にした和製ハードボイルド。
しかし、大泉洋をキャスティングしていることから分かるように、コメディ・タッチも交じっている。
それに、原作者が札幌在住のため、舞台が東京ではなく札幌ススキノというところがユニーク。これは成功している。

ススキノの街で皆に好かれていたオカマのマサコ(ゴリ)が殺される。
警察の捜査はすすまず、友だちだった探偵(大泉洋)が乗り出すが、なぜか仲間たちも証言をためらう。

ハードボイルドものでは謎の美人がからんでくる、というのはお約束となっている。
この映画でも、マサコの仇討ちを願う美女(尾島真千子)が登場する。
実は彼女は有名なバイオリニストで、死んだマサコも彼女が演奏したCDをたくさん持っていたのだ。
彼女はなぜ? そして、彼女は何者?

探偵には、捉えどころのない相棒(松田龍平)がいる。
北大農学部の先生らしいのだが、無口で何を考えているのかよく分からない、それこそ”マジメ君”なのだ。
それなのに、格闘技の達人でもある。用例採集なんかはしないのである(苦笑)。

やがて、殺人事件の陰には政治的な陰謀もちらちらしてくる。
それなのに、なんという物語の持っていきかただ! 唖然!

探偵コンビのキャラクターは愛すべきもの。
このシリーズは、主役コンビと探偵の設定で退屈することなく観ることができる。
しかし、今作の物語は「1」よりも落ちたのでは?

TVの2時間ドラマを越えるとも言い難いのだが、「3」がでればまた観てしまうだろうなあ。