あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「タイガー 伝説のスパイ」 (2012年)

イメージ 1

2012年 インド 132分
監督:カビール・カーン
出演:サルマーン・カーン、 カトリーナ・カイフ

インド製007、の恋。 ★★★☆

「踊るマハラジャ」で魅せられたインド映画は、歌と踊りのとにかくハッピー映画だった。
しかし、映画王国のインド、それだけではない。
最近のインド映画は、「ロボット」などCGを駆使した最先端映像の作品があらわれたかと思ったら、今度は007もまっさおのスーパー諜報部員ものだぜい。

コードネーム・タイガー(サルマーン・カーン)は、インドの諜報機関RAWの腕利き。
冒頭からイラクで大活躍。本家007にも劣らないアクション・シーンで、おお!インド映画もやるなあ!
休む暇もなく、タイガーは次はアイルランドへ向かう。
その地で敵国に秘密を漏らしている疑いのあるインド人大学教授を調べるぜ。

アジアの政治情勢に疎いもので知らなかったのだが、インドとパキスタンは長年の敵対国とのこと。
その敵国パキスタン諜報機関がISI。
タイガーはISIの諜報部員と死闘を繰り広げながら任務を遂行しようとする。
そんな中でタイガーは、出会った女子大生ゾヤ(カトリーナ・カイフ)に魅せられてしまう。

この映画、スタイリッシュな諜報員ものアクション映画のせいか、インド映画お約束の歌と群舞は少ない。
ま、アクションの最中にいきなり画面が切り替わってみんなで踊り出すわけにもいかないだろうからなあ(苦笑)。
仕方がないけれど、ちょっと寂しい。

実はこの映画、前半はガチガチの諜報員もの。後半は、なんと愛の逃避行ものとなる。
というのも、タイガーと愛し合うようになったゾヤは実は、敵国ISIの諜報員だったのだ。が~ん!

二人はそれぞれの故国を捨て、パスポートを偽造し、異国へと逃げる。
追ってくるのはそれまでのそれぞれの仲間、RAWとISIの諜報員たち。
イスタンブール、そしてキューバと、二人は無事に逃げ延びることができるのか?

舞台も世界各国にまたがり、美男美女が格好好いアクションをくり広げてくれる。
掛け値なしの娯楽大作。
2時間あまりの映画だが、めまぐるしい展開を愉しむことができる。
本国インドでは歴代2位の興行記録だったとか(1位は何だったのだろうか?)。

それにしてもいつも思うけれども、インド映画の女優さんはみんな美人だなあ。
主役サルマーン・カーンは、ちょっと仲代達也風の眼力を持っています(笑)。