あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「魔法にかけられて」 (2007年)

イメージ 1

2007年 アメリカ 108分
監督:ケビン・レマ
出演:エイミー・アダムス、 パトリック・デンプシー、 スーザン・サザンランド

実写版ファンタジー。 ★★

いかにもディズニー映画らしい実写版ファンタジー
とは言っても、随所にアニメも混じる。それにミュージカル風に歌もふんだんに歌われる。
思っていたよりもずっと乙女チックな映画だった(汗)。

魔法の王国に暮らすジゼル(エイミー・アダムス)はエドワード王子と結婚する予定だった。
しかし、その結婚を阻止しようとする悪王女(スーザン・サザンランド)によってジゼルは現代のニューヨークへとばされてしまう。
お姫様衣装で突然街中にあらわれたジゼルは、これからどうする?

もちろんお伽噺だから、お姫様を助ける男性は現れる。
バツイチ、子持ちで婚約者もいる弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)。
お約束通りに二人は次第に惹かれ合っていく。
あれ、それじゃあ王子様はどうなる?

それにしても、お姫様衣装でトンチンカンなことばかり言っているジゼルを見たら、普通の人は、ある種の病院から抜けだしてきた人だと思うのではないだろうか。
気味悪がるのが普通だと思うのだが。
でも、これはお伽噺だから・・・(苦笑)。

ジゼルが歌を歌って呼び寄せるのは、お伽の国では小鳥やリス、バンビなどだが、ニューヨークで集まってくるのはネズミにハエ、ゴキブリの類。
呆気にとられて笑える。

そのうちに王子も悪女王もニューヨークに現れて、なんやかんやの珍騒動が続く。

この映画、ディズニー・アニメが好きだった人にはどうだったのでしょ?
私が入り込めなかったのは、女の子ではなかったせい?