あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「アーティスト」 (2011年)

イメージ 1

2011年 フランス 101分
監督:ミシェル・アザナビシウス
出演:ジャン・デュジャルダン、 ベレニス・ベジョ

モノクロの無声映画。 ★★★★

言わずとしれたアカデミー作品賞受賞作。
モノクロで画面の大きさも昔サイズである。タイトルなどもその雰囲気の書体であらわされる。
無声映画の体裁をとり、台詞は字幕なのだが、音楽はちゃんと入っている。
無声映画の時代にも映写幕の手前で楽団が演奏していたので、観客は音楽と共に映画を観ていたわけだ。

舞台は1927年のサイレント映画が隆盛を極めていたハリウッド。
大スターのジョージ(ジャン・デュジャルダン)は、女優の卵ペピー(ベニレス・ベジョ)と出会う。
無名の彼女に、スターになるのだったらなにか特徴がなきゃ、と言って彼女の唇の少し上にホクロを描いてやる。

やがてハリウッドにトーキー時代が訪れる。
その波に乗ってスターとしての階段を駆け上がっていくペピーと、対照的に世間から忘れ去られていくジョージ。
ペピーが初主演をして売れ始める映画が「つけぼくろ」というところが、好いね)

この映画、物語は大変にオーソドックス。ありきたりと言ってもいいぐらい。
それでも惹きこまれてしまったのは、やはり無声映画として撮っているからだろう。
役者のしぐさ、表情をはじめとして、画面から伝えてくるものがすべてなので、ある意味では映画の本質的なところで物語を見せているからだろう。

主演の2人は初めて観る俳優さんだったが、それぞれに良かった。
デュジャルダンは、ちょっとにやけた大スター気取りの演技がぴったりだった。
ぴったりとなでつけた髪型に口ひげ。もうこれ以上の伊達さはないといっていいぐらい。
蓮っ葉な感じのベジョのファッションも、いわゆるモガを思わせてお洒落だった。
(監督の奥さん?)

(以下、ネタバレ)

どうなるかと思っていた映画のラスト、2人のタップ・ダンスにはやられた。
お見事なエンディングでした。