あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「リベンジ・マッチ」 (2013年)

イメージ 1

2013年 アメリカ 113分
監督:ピーター・シーガル
出演:シルベスター・スタローン、 ロバート・デ・ニーロ、 キム・ベイシンガー

老ボクサーの因縁の対決。 ★★☆

ロバート・デ・ニーロのボクシングものといえば「レイジング・ブル」。そしてシルヴェスター・スタローンとくればご存じ「ロッキー」である。
この2人が往年のライバルとなって、30年後に対決に決着をつける、というもの。

80年代に任期を二分したボクサー、レーザー(スタローン)とザ・キッド(デ・ニーロ)。
圧倒的な強さを誇った二人だったが、それぞれの戦歴に残る1敗は互いに負けたものだった。
つまり2人は1勝1敗。
決着を付ける直前になって、突然レーザーは引退してしまった。どうして?

それから30年が経つ。
不器用で寡黙な生真面目な男のレーザーは、今は造船所の独身労働者。
かたやザ・キッドの方は調子のよい女好き男。今は事業で大成功をしている。

二人のキャラを対照的なものにしているところがいい。
それぞれにスタロ-ンとデ・ニーロの雰囲気にも合っている。
そして、実は二人の間には、わだかまりの原因ともなったひとりの女性もいたのだ。

その女性役のキム・ベイシンガーが好い。
妖しげさと清純さを同時に雰囲気として持っている稀有な女優だと思っている。
レーザーの恋人だった彼女は、なんとザ・キッドの子供を産んでいたのだ。
でも、わたしが愛したのはレーザー、あなただけよ。

紆余曲折もありながら、ついに因縁の対決、リベンジ・マッチが始まる。
たしかこの映画の時には67歳と70歳だった二人。
かなり頑張って身体を作り、トレーニングにも励んでこの映画に臨んだのであろう、その根性にはただただ感嘆する。
試合の流れ、そしてラストへ向っての決着は納得のいくものだった。

しかし、しかしである。
さすがにこのお二人にボクシングの試合は無理があったのではないだろうか。
お二人ともトレーナーかコーチ役で、それぞれが育てた若手が戦うという方が素直だったのでは?