あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ヤギと男と男と壁と」 (2009年)

イメージ 1

2009年 アメリカ 94分
監督:グラント・ヘスロブ
出演:ジョージ・クルーニー、 ユアン・マクレガー、 ジェフ・ブリジフ、 ケビン・スペイシー

超能力部隊の開発物語。 ★★

ゆるいブラック・コメディ調の映画。
信じがたいことなのだが、アメリカ軍では本当に”超能力部隊”というものを検討していたらしい。
嘘のような本当の話だというのだが、それこそ、本当かな?

妻を寝取られた新聞記者ボブ(ユアン・マクレガー)は、やけになってイラクの戦場へとスクープ探しに行く。
そこでボブは奇妙な男リン(ジョージ・クルーニー)と出会う。
リンは、かつてアメリカ軍に存在した超能力部隊の一番優れた能力者だったというのだ。
本当?

その超能力部隊のリーダー役がジェフ・ブリッジス
その訓練というのが、オカルト的であったり、あの頃のヒッピー風であったりする。
たとえば、混浴コミュニティーに参加したり(えっ?)、重りをつけて男性器を鍛えたり(えっ?)。
どうしてそれが超能力の開発につながるのか、さっぱりわからない。
あまりのくだらなさに、観ている方は脱力。

リンは自らをジェダイ戦士という。そしてフォースを操るのだという。
ジェダイだよ、ジェダイ
ジェダイを目指す実在した超能力部隊の話をユアン・マクレガーが聞かされている! これ、狙っていたのだろうなあ。

タイトルに出てくる”ヤギ”というのは、フォースの開発に使われていた実験動物のヤギ。
リンは目力でヤギを殺してしまったこともあるとか・・・。
”壁”というのは、超能力を信じれば壁を通りぬけることができるとも。
う~ん・・・。

どうもノンフィクションの「実録・アメリカ超能力部隊」という元ネタがあるよう。
特に盛り上がりもなく、バカバカしいようなことを真面目にやっている面白さを狙ったもののよう。
ただ、それが成功していたかというと、・・・大いに疑問。