あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「運び屋」 (2018年)

イメージ 1

2018年 アメリカ 116分
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、 ブラッドリー・クーパー、 ローレンス・フィッシュバーン

老人の麻薬運び屋。 ★★★☆

ユリの花栽培が生きがいだったアールは、そのためには家族も顧みずの人生。
その結果として孤独な老人生活を送っていたのだが、ひょんなことから運び屋を引きうけることになる。
その報酬は驚くほどに大金だった。こりゃ、なんかあるぞ。

アールの特異なところは、ヤバイものの運び屋に自分がなっているということに気づきながら、平然とそれを受け入れるところ。
なにしろ麻薬の運び屋だから、一回の報酬も大金である。
お金が欲しいアールは、次もやるよ、運転は任せておけ、といい気なもの(笑)。

そのお金で新車のトラックは買うわ、つぶれそうになった退役軍人の拠り所の店をたて直してやるわ、有意義に使っている。

アール像が好かったのは、結構脳天気なところ。
飄々としていて、どこか人生に達観しているような感じがある。年齢のなせる技か。
だから普通の人だったらビビってしまうような危ない人たちを相手にしても、まったく動じない。
アールは次第にマフィア達にも好かれていく。

運び屋の仕事も、飄々と、時に自分勝手にやるものだから、かえって取り締まりの目をくぐり抜けたりもしてしまう。
う~ん、こういうのって、好いなあ。

本質的には真面目なアールだが、悪いことにもちゃっかりとのってしまえる鷹揚さもある。
だいたいがマフィアのボスに勧められたからといって、90歳で若いお姉ちゃんと楽しもうというのだから、まあ、見上げたものである(苦笑)。

大量の麻薬を運んでいる謎の運び屋を捕まえようとする捜査官にブラッドリー・クーパー
そんな彼は、ドライブインで出会った老人がその運び屋とも知らずに、言葉を交わす。
このあたりは、最後でまた二人が出会うのだなと思いながら観ているのだが、いい演出だった。

最後、捕まり服役することになったアールだったが、ちゃんと刑務所の中で花を栽培していた。
状況をポジティブに捉えて生きてゆける能力があるのだろう。
ということで、後味もよく、さすがイーストウッドというところだった。