あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「キングダム」 (2019年)

イメージ 1

2019年 日本 134分
監督:佐藤信
出演:山崎賢人、 吉沢亮、 橋本環奈、 長澤まさみ、 大沢たかお

中国の春秋戦国時代もの。 ★★☆

まだ少年ののちの秦の始皇帝と、戦災孤児の少年が主人公の史劇。
原作は原泰久の同名のコミックで、こちらも大変に面白い。
まだ連載は続いているが、その5巻までを映画化している。

時代は紀元前245年。中国は春秋戦国時代で秦をはじめとした5つの国が、覇権を争っていた頃。
売られてきた戦災孤児の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になることを夢みて剣術の鍛練に励んでいた。
ある日、秦の王だった政(吉沢亮の二役)にうり二つだった漂は影武者として召し上げられ、そして王の身代わりとなって殺される。

原作に忠実に映画化されていた。
信は、腹違いの弟によってクーデターを起こされた政を助けて、王宮奪還に向かう。
仲間になるのは鳥の妙なかぶり物の少女(橋本環奈)。
そして力を貸してくれるのが、数百年にわたって交流を絶っていた山の民。

この山の神の首領が怖ろしい面をつけた人物。
しかし面を外すと美女だった、というのが原作では意外ポイントだった。
映画では長澤まさみが扮していたのだが、ちょっとイメージが違った。
もっと妖艶な、たとえば柴咲コウとか栗山千春あたりではどうだったろう?

王喜将軍という大柄なオカマおっさんが登場してくる。
めちゃ強いこのおっさんは、原作漫画でも分厚い唇にオネエ言葉で印象的だったが、映画でも大沢たかおが見事にその雰囲気を出していた。
登場人物の中では一番インパクトがあったのではないだろうか。

面白く観た。
しかし、あまりにも原作に忠実な映画化だったので、個人的には、ここまで物語が一緒だったら、原作を読んだ人はもう映画は観なくてもいいんじゃね?と思ってしまった(汗)。
その点をどう評価するかだな。

   ***

Yahooブログ閉鎖後の引っ越し先として、とりあえず「はてなブログ」開設してみました。
しばらくはこちらと同じ記事を「はてなブログ」にもアップして使い勝手を試してみます。

アドレスは https://akirin2274.hatenablog.com/ です。

ご意見もお待ちしています。