あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「シャザム!」 (2019年)

イメージ 1

2019年 アメリカ 132分
監督:デビッド・F・サンドバーグ
出演:ザカリー・リーバイ、 マーク・ストロング

DCコミックもの。 ★★☆

惹き文句は「見た目は大人、中身は子ども」。
この映画の面白さはこのギャップに集約されている。

これまでには、タイムスリップのような感じで幼い日の自分に戻る映画はあった。
つまり、見た目は子どもだけれども、精神状態は大人」というパターンである。
そして幼さ故に失敗した事柄を今度は大人の分別でちゃんと成功させる、あるいは修復する、という内容が主だった。
今回の設定はその逆。

孤独な里子の少年ビリーは、ある日、謎の魔術師に“選ばれし者”と認められてしまう。
魔術師に言われたとおり“シャザム”と唱えると、筋肉マッチョのスーパーヒーローに変身してしまう。
こりゃすごいぞ。なんだってできちゃうぞ。

ちなみに解説によると、”シャザム”というのは、S=ソロモンの知力、H=ヘラクラスの強さ、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスのパワー、A=アキレスの勇気、M=マーキューリーの飛行力という6つのパワーの持ち主ということ。
こりゃすごいわ。

しかし頭は子供のままだから、倫理的には未成熟。
そんな状態の者が超パワーを駆使するって、危なくね?
ここがこの映画の見せ所。

しょうもないことで超パワーを使って嬉しがっているのだけれども(子どもだからね)、当然、主人公のパワーの秘密を狙う悪人も登場する。
結構マジな戦い場面も出てくる。
それに、里子に出された主人公がめぐり会う家族愛も描かれという好い話も盛り込まれている。

単純に楽しめる作品だった。
最後にちらっと登場したのは、おや、あなたはDCコミックのヒーローの・・・。

   ***

Yahooブログ閉鎖後の引っ越し先として、とりあえず「はてなブログ」開設してみました。
しばらくはこちらと同じ記事を「はてなブログ」にもアップして使い勝手を試してみます。

アドレスは https://akirin2274.hatenablog.com/ です。

ご意見もお待ちしています。