あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「3つの心」 (2014年)

イメージ 1

2014年 フランス 109分
監督:ブノワ・シャコー
出演:ブノワ・ポールボールド、 シャルロット・ゲンズブール、 キアラ。マストロヤンニ

皮肉な大人の恋模様。 ★★★☆

副題は「あのときもしも」。本当にそのままの内容。
一人の男が二人の女の間で揺れうごく。大人の恋愛ドラマ。

リヨンで最終電車に乗り遅れたマルク(ブノワ・ポールボールド)は、見かけたシルヴィ(シャルロット・ゲンズブール)に泊まれそうなホテルを訪ねる。
意気投合した二人は、結局会話を楽しみながら朝まで街を歩きまわる。
二人は1週間後にパリで会う約束をするのだが、男は思わぬ手間暇が生じて約束の時間に遅れてしまう。
必死で駆けつけたのだが、すでに約束の場所から女は立ち去った後だった。

二人の出会いはあの「ビフォア・サンライズ」を思わせる設定。
あちらはまだ若い二人の胸ときめくような出会いだったが、こちらは中年の二人。
落ち着いた年齢のはずだが、どこかときめいている初々しさがが伝わってくる。いいよ。
(高年齢のくせにマルクが、結構なほどに女たらしなのだよ。笑)

名前も電話番号も互いに知らぬ二人。
新しい恋が始まらなかったシルヴィは、求婚されていた男性とともにアメリカへ去っていく。
一方で諦めきれないマルクは未練を抱えてリヨンを訪れる。
と、そこで出会った違う女性ソフィ(キアラ・マストロヤンニ)と出会い、彼女と結婚してしまう。

しかしソフィはすれ違いで会えなかったシルヴィの妹だったのだ。
似た雰囲気を持っていたので、男は惹かれたのかもしれない。
姉妹の母親役に、すっかり貫禄のついたカトリーヌ・ドヌーヴ
(ちなみにソフィ役は、ドヌーヴがマルチェロ・マストヤンニとの間にもうけた実の娘)

ソフィと結婚してから、実はシルヴィの妹だったと知ったマルク。
それを知るまでがなかなかに面白い。
スカイープでソフィがアメリカのシルヴィに婚約者のマルクを紹介しようとするのだが、たまたま画面を確認できないままに過ぎる。
結婚式の日も、アメリカから帰国するシルヴィアが大幅に遅刻して、マルクが二人の姉妹関係を知るのはもう夜も更けてから。
ありゃあ・・・。

それからがいけない二人(マルクとトシルヴィアね)なのですよ。
ソフィには絶対に知られてはいけないと言いながら密会したりする。
おいおい。

シルヴィ役のシャルロット・ゲンズブールは独特の凄みを見せる女優さんだと思う。
特に「アンチクライスト」や「メランコリア」、「ニンフォマニアック」といったラース・フォントリア監督作での彼女は、繊細でありながらも魔性の女というイメージだった。
この映画も彼女の魅力で見せていた。

ラスト、二人が出会えなかったパリの公園の場面が映る。
そこでは二人は待ち合わせ通りに出会って、連れだって去っていく。
あのときもしも、こうなっていたら、どうなっていた?

いかにもフランス映画らしいエスプリの効いた大人のドラマだった。
しかし、マルクは女の敵だと怒る女性もいるだろうなあ(苦笑)。

  ***

Yahooブログ閉鎖後の引っ越し先として、とりあえず「はてなブログ」開設してみました。
しばらくはこちらと同じ記事を「はてなブログ」にもアップして使い勝手を試してみます。

アドレスは https://akirin2274.hatenablog.com/ です。

ご意見もお待ちしています。