あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「エターナル・サンシャイン」 (2004年)

イメージ 1

2004年 アメリカ 107分
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー、 ケイト・ウインスレット

SF風味のラブストーリー ★★★★

記憶からある特定の人物だけを消すことができる、という技術が開発された世界が舞台。
別れた恋人クレメンタイン(ウインスレット)が、すっかり自分の記憶を消してしまったと知ったジョエル(ジム・キャリー)は、自分もクレメンタインの記憶を消してしまおうとする。
しかし、記憶を消してしまえば、あの楽しかった日々もなかったことになってしまう。

コメディアンではないジム・キャリーは予想外に好演。
次々に変わる原色に染めた髪の毛のウインスレットもちょっと変人ぶりをよく発揮している。

いったい記憶はその人にとってどんな意味を持っているのか、ということになる。
悲しい記憶を忘れてしまえば、それだけで幸せになれるのだろうか? といったことまで、考えさせられてしまう。

映画では、消されまいとする記憶のなかに現在の自分や消されかかっている相手が入り込んでくるという、ややこしい世界が展開される。
このような設定にワクワクする人にはたまらない作品。

しかし、ややこしいぞ。途中から分けが分からなくなったが、それでも面白かった。
あまり一般受けはしないのかもしれない。

もう一度ゆっくりと見てみると、さらに納得できることが増えるかもしれない。

脚本は「マルコヴィッチの穴」のチャーリー・カウフマン
なるほど、あのわけの分からなさが納得。
時空のパラドックス物が好きな人に。