あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「外科室」 (1992年)

イメージ 1

1992年 日本 50分
監督:板東妻三郎
出演:吉永小百合、 中井貴一、 加藤雅也

吉永小百合の美しさを堪能する50分。 ★☆

50分という短い時間で、映画の内容はほとんどなにもないに等しい。
一応、原作は泉鏡花
麻酔をかけられると心の内を話してしまいそう、ということから、手術の際の麻酔を頑なに拒否して美しい伯爵夫人が自害するという、陶酔的な美学を描いている。

あとは、禁じられた恋が芽生えた櫻の咲く公園を散歩する夢のような光景が、それこそ淡々と続くだけ。

私はDVD「小百合日和」を購入したほどのサユリストなので満足でしたが、これは映画というよりも、どうみてもビデオ・クリップといった感じ。

小百合ファン以外には価値がない映画でしょう。