あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

イケルシニバナ

イメージ 1

2005年 日本 
監督:TORICO
出演:深水元基

前衛芝居的なサスペンス。 ★

賞金目当てに参加したゲームは命をかけたものだった。閉ざされたいくつかの部屋の中で、奇妙なヒントを解いて12時間以内に答えを見つけないと死が待っている。他の参加者は次々に死んでいく。

原色があふれる、舞台のようなセット撮影で、斬新なイメージを狙ったことはよくわかる。
不思議な空間、素人っぽい登場人物の台詞と仕草は、一昔前の前衛芝居を見ているようでそれなりに面白い。
とくに、それぞれの部屋で提示されるヒントの奇妙なお芝居が、謎解きを観る者にも要求してくる。

全体の雰囲気は、状況劇場や、一昔前の天井桟敷のお芝居が好きだった人には受け入れやすいだろう。
ただ、残念ながらその独特な映像に追いつく内容に乏しい。

(ネタバレ)
筋も、途中で「ゲーム」かと思ったら、本当にその通りだった。
中途半端にニート問題など出さずに、こわれたままで突っ走れば良かったのに。