あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「コンタクト」 (1997年)

f:id:akirin2274:20200528203142j:plain

1997年 アメリカ 151分
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョディ・フォスター、 マシュー・マコノヒー、 デビッド・モース

地球外知的生命体と人類の接触。 ★★★

 

宇宙科学者のカール・セーガンの同名小説を映画化したもの。
オープニング画面は、地球上からカメラがどんどん引いていく映像。
あっという間に地球を離れ、太陽系を離れ、銀河系を離れ、外宇宙へ。すごい映像である。
セーガンは映画の監修にも携わっていたとのことだが、残念なことに完成前に亡くなっている。

 

天文学者のエリー(ジョディ・フォスター)は、宇宙からの電波を探求して地球外知的生命体の存在を研究している。
ある夜、未知の電波をキャッチしたエリーたちは、それがヴェガ星からのものだと突き止める。
ヴェガ星ってどこだ? この電波には意味があるのか?

 

なんと、その電波にはヒトラーの映像が映っていたのだ。
ヴェガ星人は地球のことを観察していたんだ。地球人の存在を知っていたんだ・・・。
ここで通常のSF映画で問題となるのは、このヴェガ星人が友好的なのか、それとも侵略の意図があるのか?
まあ、侵略するつもりだったらこんなコンタクトは取ってこないよねえ。
よし、ヴェガ星人は友好的地球外知的生命体だと考えよう。

 

さらに謎の電波の解析を勧めるエリーたち。
このあたりは暗号解読要素も加わって、どうなるのだろうと思わせてくれる。
やがて膨大な記号は設計図であり、そこに描かれていたのはどうやらヴェガ星への輸送機関であるようなのだ。
おいおい、これは一大事だぞ。国家プロジェクトだ、いや、全地球規模のプロジェクトだ。

 

さあ、そうなると、誰がその機械に乗り込むか、だ。
そうなのだ、その輸送機械には一人しか乗れないのだ。
当然エリーは乗りたい。だって、私が一番最初にコンタクトに成功したのよ。

 

物語は科学と宗教の問題にも絡んでいく。
幼い頃に突然のことで父を亡くしたエリーは、それ以来は神の存在を信じら得なくなっている。
搭乗員の選考会で、神の存在を信じるかとの質問に否定をしたエリーは落選する。
実は一夜を共にした宗教学者パーマー(マシュー・マコノヒー)の考えと対立したのだった。

 

この問題はこの映画の根幹にもかかわっている。
科学は、現時点での人間が考えた範囲のものに過ぎない。
人間の存在など取るに足らないものであるような全宇宙のことを考えれば、人間を越えた何者かの存在を感じることもありうるだろう。
そういったものも受け入れられるか、どうか。

 

宇宙には人智を越えたものが存在すると認められるか、どうか。
原作者のセーガンは科学者であったが、科学も突き詰めれば宗教だ、という考えも持っていたようだ。

 

さて、輸送ポッドのプロジェクトは、テロリストの妨害爆破工作があって失敗する。
しかし、予備のポッドがなんと日本の北海道で作られていたのだ。えっ?
そしてエリーがそれに乗り込むことになる。

 

(以下、ネタバレ)

 

エリーと地球外知的生命体との接触は、なるほど、こんな風にあらわしたか、と感心した。
彼女の記憶にあった亡父(デヴィッド・モース)の姿を現出させる。
思いうかべたのは「惑星ソラリス」(1972年に映画化されている)だった。
惑星ソラリスも、主人公たちの記憶にある人物を現出させてきていた。

 

輸送ポッドに乗り込んだエリーは、17時間も異世界に行っていたのに、見守っていた人々の目の前では1秒後にあらわれる。
エリーが身につけていた記録用の機械にも何も記録されておらず、ノイズしか入っていなかった。
だから誰もがエリーの体験を妄想、夢と考える。誰もエリーの体験を実際のことだとは捉えなかった。
しかし、機械に記録されていたノイズは17時間分だったのである。

 

2時間半の長尺だが、長さを感じさせることはなかった。
原作が学者が書いた真面目なSF小説なので、エンタメ性にはやや乏しいところがあった。
しかし、それこその真面目で骨太なSF映画だった。

 

「戦争と平和」全4部 (1965年)

f:id:akirin2274:20200526170618j:plain

1965年 ソ連 全4部427分
監督:セルゲイ・ボンダルチェク
出演:セルゲイ・ボンダルチェク、 リュドミラ・サベリーエワ

文芸超大作。 ★★★☆

 

誰でもその名は知っているトルストイの長編「戦争と平和」。
それを旧ソ連が国家を上げて映画化したもの。全4部作で6時間半を超す超大作である。

この映画の10年前の1956年には、ヘンリー・フォンダオードリー・ヘップバーン主演でアメリカ版「戦争と平和」が撮られている。
こちらは208分で、やはりその長さでは物語のダイジェスト版という印象の映画だった。

 

さて。
第1部「アンドレイ・ボルコンスキー」(147分)は、1805年が舞台。貴族たちのペテルブルクでの華やかな社交界があり、ナポレオンの侵攻によるアウステルリッツの戦いが描かれる。
第2部「ナターシャ・ロストワ」(100分)は、1810年となり、ヒロインのナターシャ(リュドミラ・サベリーエワ)の恋が描かれる。
第3部「 1812年」(84分)は、この作品の最大の見せ場であるボロジノの戦い。
とにかく、これでもかというような人海戦術の圧倒的な迫力で描かれる。
第4部「ピエール・ベズーホフ」(96分)では、この作品を通しての主役であるピエール(セルゲイ・ボンダルチェク)とナターシャのその後である。

 

有名な物語なのだがその長さに恐れをなして、原作は未読。
ただ、その物語の概要はいろいろな折にふれて知ってはいた。
3人の主な登場人物についても、その人間関係も知っていた。

 

あらためて映画で鑑賞すると、登場人物についてはどうも納得できない部分もあった。
だいたいが、ヒロインのナターシャがその若さ故か、考えなしでわがまま。ジコチュウもいいところ。
アンドレイと相思相愛で婚約をするナターシャ。ああ、なんてわたしは幸せなのでしょう。
しかしナターシャがまだ若すぎるというので、結婚は2年先になる。ああ、この恋心はとてもそんなに待てないわ。
と言いながら、奥さんのいるプレイボーイの甘言に簡単に落ちてしまう。
彼(プレイボーイ、ね)と一緒になれないのだったら、わたしはもう死ぬわ。
おいおい、もう勝手にしてくれよ。

 

もう一人の主役であるピエールも、どうももう一つ感情移入できなかった。
だいたいが、戦場をこの目で確認したい、といった興味本位(!)でわざわざ出かけるか。
それも白い上等そうな上着ズボンに山高帽といった、とんと危機意識のない服装で。
周りの兵隊は泥だらけで傷ついてどんどん死んでいっているというのに。

 

このピエールは、妾腹ながら公爵位を継いだものだからお金には困らない貴族の生活をしている。
そんな貴族の平和な生活が脅かされるといっても、それは庶民の戦争の上に成り立っているのだ。
一番まともだったのは、ちゃんと悩んで死んでいったアンドレイだったかな。

 

しかし、これらは原作を書いたトルストイの責任だから、出来上がった映画の責任ではない(苦笑)。

 

ピエール役はボンダルチェク監督自身が演じていた。
そのボンダルチェクが誰かに似ているなと思っていたのだが、顔つきといい、雰囲気といい、三谷幸喜だった(笑)。
そのピエールの妻エレン(お金目当てでピエールと結婚して、浮気もする悪妻)を演じたイリーナ・スコブツェワは、ボンダルチュクの奥さんだった。

 

ナターシャ役のリュドミラ・サベーリエワは大勢の候補者から選ばれ、17歳から21歳までの4年間撮影に入っていたとのこと。
たしかに映画でも、最初に登場する場面では少女っぽい。
それが第4部の頃になると、もう美しい一人の女性に成長していた。
リュドミラといえば、その語の映画では「ひまわり」でマストロヤンニのソ連での奥さん役が印象的だった。

 

この映画の売りである戦闘シーンにはソ連が国を挙げて協力したとのこと。
馬を約1,500頭、合計12万4,533人に及んだエキストラやスタントはソ連軍の兵士を動員している。
制作費も「クレオパトラ」に次いで史上2番目らしいのだが、ソ連の国を挙げての協力を考えれば実際には途方もない制作費だろう。
CGも何もない時代に、この人海戦術は圧倒的である。
それに舞踏会の豪華絢爛さも、この場面を撮るだけでいくらかかったのだろうと思ってしまうほどだった。

 

文芸超大作の名に恥じない映画です。一度は観ておいてよいでしょう。
アカデミー賞ゴールデングローブ賞でそれぞれ外国語映画賞を取っています。

 

「サクリファイス」 (1986年)

f:id:akirin2274:20200523171245j:plain

1986年 スゥーデン 149分
監督:アンドレイ・タルコフスキー
出演:エルランド・ヨセフソン

世界が終わる1日か、世界が始まる1日か。 ★★★★

 

美しくも眠くなるような、脳の中に静かな波が打ち寄せてくるような、そんなタルコフスキーの映画。
これまでには「ノスタルジア」「ソラリスの海」「ストーカー」を観ている。本作は彼の遺作である。

 

冒頭で、主人公のアレクサンデルは海岸で樹を植えている。
傍らでは言葉を発することができない幼児が大きな帽子をかぶってその手伝いをしている。
この場面からして美しい。静止画像にすれば絵葉書のような光景で、それを眺めているだけで自分だけの物語が浮かんでくるようである。

 

この日はアレクサンドルの誕生日で、それを祝うために何人かの友人も訪れてくる。
郵便配達夫のオットー、医師のヴィクトル、娘のマルタ、小間使のジュリア。
しかし祝い事なのにもかかわらず人々は静かで、どこか沈鬱でさえある。
乏しい家の中の光で、色調は淡く、東欧の絵画を思わせる絵柄である。

 

アレクサンドルは高名な舞台俳優だったようなのだが、ある理由で引退している。
そのことが不満な妻は、今も夫を詰りつづけている。
どうも彼女は精神的に病んでいるような雰囲気もある。
そして召使のマリアは、もう帰ってもよろしいですかと、屋敷から退出していく。
彼女は魔女だといううわさもあるようなのだ。

 

オットーは不思議なできごと話を集めているのだと語り、突然失神して倒れる。
意識を取り戻した彼は、悪い天使が傍らを通り、その翼が触れたために倒れたのだ、と説明する。
ふ~む、そうなのか。

 

居間に集まっていた皆は、テレビで核戦争が勃発したことを知らされる。
そしてテレビは途絶え、電話も電気も通じなくなる。
世間から、いや、そこにいる人々以外のすべてから隔離されてしまったのだ。
廃墟と塵だらけになって世界が荒廃した光景が、断片的に挟み込まれる。
それは、誰かの脳内に広がっている光景のようにもとれる。

 

時間はどのように経過したのか。
もう夜なのか、それとも長い夜が明けたところなのか。
アレクサンドルは、滅ぼうとしている世界から愛する人々を救うために自らを犠牲に捧げようとする。

 

タルコフスキーの映画といえば、象徴的に水と炎が描かれるのが常だ。
今作でも、ぽつんと植樹した樹の背後には海がひろがり、地を濡らす水が描かれる。
そして炎。
俗世での日常生活を焼き払うような火が燃えるのだ。

 

とても宗教的なことも描かれているようなのだが、宗教心に疎い私にはその点についてはまったく判らなかった。
何が語られていたのかを言葉で説明することは難しい、そんな映画である。
ただ圧倒的な美しさ、静けさには今作でも魅せられた。

 

カンヌ映画祭で4賞を受賞しています。これは史上初だったとのことです。

 

「上海ルージュ」 (1995年)

f:id:akirin2274:20200521182409j:plain

1995年 中国 109分
監督:チャン・イーモウ
出演:コン・リー

裏社会の華の女性。 ★★☆

 

今作も1930年の上海が舞台の映画。
魔都といわれた上海の裏社会を仕切るマフィアの親分タンのもとへ、田舎から出てきた少年シュイションがやってくる。
そしてシュイションは、タンの愛人で上海一の歌姫チンパオ(コン・リー)の召使として働くことになる。

 

チャン・イーモウ監督、コン・リー主演という組み合わせに惹かれて鑑賞。
まったく世間を知らなかった少年の目で、チンパオの生き様を捉えていく。
世俗にまみれて欲得も働かせるような大人社会の有り様を、無垢の目で見ているわけだ。
だからどちらかといえば、否定的な感情が交じっているところが上手い演出である。

 

上海マフィアのドンの情婦であるチンパオは、その庇護をいいことに傲慢な女性。
華やかな舞台で歌い、皆にもてはやされている。
そして田舎者のシュイションを小馬鹿にした態度をとり続ける。
この前半での色調は赤だった。
さすがにイーモウ監督らしい色彩美である。

 

後半になって映画はがらりと趣を変える。
マフィアの内部紛争から、タオは少数の手勢をつれて寂れた島に身を隠す。
画面の色調は、前半と対比されるような沈んでいく青である。

 

そして島に渡ってからのチンパオが次第に本来の彼女の素顔を見せ始める。
彼女もまた田舎者だったのだ。辛い過去を乗り越えての、今の虚飾の華やかな生活だったのだ。
気が強く自尊心が高く、高飛車な態度の裏には、彼女の寂しさもあったわけだ。
嫌な女の顔から垣間見せる本性を演じて、コン・リーはやはり好い。

 

コン・リーチャン・イーモウ監督の秘蔵っ子だった。
紅いコーリャン」から始まるイーモウ監督の初期の名作はすべてコン・リーの映画だった。
公私にわたる二人の関係だったが、この映画の後に別れたらしい。
そして20年後にイーモウ監督は「妻への旅路」を撮る。老け役のコン・リーを映して、これは見事な作品だった。

 

邦題がなんとも好い雰囲気を出している。原題は「上海の三人組」?
この映画に関しては邦題の圧倒的な勝ち。
チンパオが舞台化粧で真っ赤な口紅を塗る場面があるが、そこから取ったのだろうな。

 

(以下、ネタバレ)

 

映画は、哀れな女性として終わっていくチンパオを映す。
生前の彼女が、早く田舎へ帰った方がいいよ、と言ってシュイションに数枚の銀貨を分け与える場面があった。
その銀貨は、最後にシュイションのポケットからこぼれて水に沈んでいくのである。
余韻を残す終わり方だった。

 

「危険な関係」 (2012年)

f:id:akirin2274:20200519210037j:plain

2012年 中国 110分
監督:ホ・ジノ
出演:チャン・ドンゴン、 チャン・ツィイー、 セシリア・チャン

ドンファン物語。 ★★★

 

これまでに何度も映画になってきた古典ともいうべき物語。
一番有名なのは1959年のロジェ・ヴァディム監督、ジャンヌ・モロージェラール・フィリップのものだろうか。

 

今作は舞台を1930年代の上海に移している。
日中戦争の足音が聞こえてきている時代の魔都・上海である。
そこでは連夜、金持ちたちの享楽的な、刹那的で華やかな社交会が繰り広げられていた。

 

女性実業家のモー(セシリア・チャン)は、名うてのプレイボーイであるイーファン(チャン・ドンゴン)と背徳的な賭けをする。
二人に目をつけられたのは、慈善活動に尽力する清楚な未亡人フェンユー(チャン・ツィイー)。
貞淑な彼女がイーファンの誘惑に負けるかどうか、賭けましょ。
もし彼女が恋に落ちたら貴方の勝ち、そのときは私は貴方のものよ。

 

真面目な人からすればとんでもない話。
当然のことながら3人の関係が拗れていくどろどろになっていく愛憎劇。
しかし、演じているのが絶世の美男美女ぞろいなので、醜くはない。
楽しめてしまう。やはり美男美女は得だなあ。

 

プレイボーイの手練手管は洋の問わず普遍的なもの。
歯の浮くようなことを臆面も無く堂々とやってのけるところが、プレイボーイのプレイボーイたるところ。
そして頑なに心を閉ざしていた女性も、くり返される甘言に少しずつ柔らかくなっていってしまう。
映画ではそんな恋の駆け引きを楽しむ。

 

なんといってもチャン・ツィイーが清楚で可憐。
ついには愛してしまったイーファンのために餃子を作る場面がある。
あの名作「初恋が来た道」で、恋した人のために饅頭をもって必死に走る姿を思い浮かべてしまったぞ。

 

さあ、どうだ、俺は彼女を落としてみせたぜ。賭けは俺の勝ちだ。
まだよ、次に彼女をきちんと棄ててみせてよ、そうしたら貴方の勝ちよ、私は貴方のものよ。
モーはなんて性悪な女なんだ。
でも演じているのが妖艶なセシリア・チャンだから、その悪女ぶりも魅力的だぜ。

 

そこでイーファンはフェンユーに別れを告げる。おまえをもう嫌いになった。
一途に男の愛を信じていたのに、棄てられてしまうなんて、ああ、可哀想なチャン・ツィイー
しかし、このあたりで判るように、イーファンは本気になってしまっていたのだよ。
自棄になって忍び込んだモーの寝室で、彼はフェンユーの名前を口ずさんでしまうのだ。

 

さあ、この三角関係(?)はどうなるのか。

 

(以下、ネタバレ)

 

その後のフェンユーが、亡き夫の意志を継いで教育活動をおこなう、これは予定調和的に好い感じだった。
しかし、さらに印象的だったのはモー夫人。
イーファンが死んでしまった後に、彼が選んでくれた真っ白なドレスが届く。
そのドレスを手にしたときのモーの哀しみの姿が良かった。
心底悪女であったはずのモーだったはずなのに・・・。

 

題材は不純な恋の駆け引きですが、なかなかに深い人間の心が描かれていた。
さすがに何度も映画化されるだけのことはある物語だった。
配役が好かったね。

 

「マンハッタン無宿」 (1968年)

f:id:akirin2274:20200517210857j:plain

1968年 アメリカ 94分
監督:ドン・シーゲル
出演:クリント・イーストウッド

はみ出し保安官もの。 ★★☆

 

マカロニ・ウェスタンという分野で人気者になったイーストウッドが、そこからダーティ刑事ものへ変わっていく移行期の作品。
カウボーイハットを被りウエスタンブーツを履いた型破りデカ、というところがそのあたりを如実にうかがわせる。
ダーティハリー」の3年前の作品で、ドン・シーゲル監督と組んだ最初の作品。

 

物語は、アリゾナの保安官代理のクーガン(クリント・イーストウッド)がニューヨークへ犯人の身柄引取りにやって来る、というもの。
この時代にアリゾナというのがどれぐらいの田舎だったのかは判らないのだが、本当にあんな格好をしていたのだろうか。
とにかく、都会に出てきた田舎者がそのギャップをあまり意に介せずにやりたい放題してしまう、というところがミソ。

 

犯人を受けとってちゃちゃとアリゾナへ帰ろうと思っていたクーガン。
それなのに、都会ではなにやかやと手続きが必要ということで全く話が進まない。

連絡があるまでホテルで待つように。
そんなのんきなことを言っておられるかい。こちとらアリゾナっこだい!

 

てなわけで、業を煮やしたクーガンは勝手に犯人を留置所から出してしまうから、大騒動。
おいおい。
クーガンは犯人の仲間に襲われて、犯人は逃亡してしまう。おいおい。

 

NYの街にはまだ大きな煙突が立っていて、黒煙が出ている。こんな時代だったのだな。
乗り合いヘリコプターには驚いた。超高層ビルの屋上から発着するのだが、ピルにはパンナムの文字があった。
パンナムも飛行機だけではなかったのだな。

 

それにしても、イーストウッドは、どの映画でも苦み走ったいい男であることを武器にして女に手が早い。
どうも、実生活もそうらしい(汗)。
クーガンは精神科の女医(スーザンクラーク)と好い仲になったり、犯人の情婦とも何やかや。
スーザン・クラークの睫毛もすごい。この時代の睫毛はバサバサなのである(笑)。

 

しかしこのク-ガン、NY市警にしてみたら大迷惑な人物そのもの。
勝手にかき回して、結局は始めからやり直しだったじゃないか。
あんなに上手いタイミングで警察が駆けつけるものかという場面が2回あった(苦笑)。

 

映画全体にどこか時代を感じさせるのんびりさがある。
こういう映画を観ると、今がどれほど刺激を求めて突き進んできてしまったか、その結果として神経がぎすぎすしてしまったか、といったことを感じる。
時折り、こうした雰囲気の映画が懐かしくなって観たくなるな。

 

「孤高のスナイパー」 (2013年)

f:id:akirin2274:20200515174020j:plain

2013年 デンマーク 94分
監督:アネット・K・オルセン

社会派ドラマ。 ★★☆

 

スナイパーものというと、冷酷非情なプロが請け負った仕事を淡々とこなしていく、というイメージがある。
漫画「ゴルゴ13」ですり込まれて、小説「極大射程」(映画化されたときのタイトルは「ザ・シューター」だった)で魅せられた。
しかし、今作のスナイパーはやや趣を異にする。

 

さてこれはデンマーク映画
といえば、ラース・フォントリア監督や、スザンネ・ピア監督がいた。
しかしこれは狙撃をクライマックスに持って来た肩の凝らないサスペンスがらみの社会ドラマ。

 

原油採掘に関する選挙公約を反故にした政府。
おこなわないといっていたのに、選挙に勝ったとたんにグリーンランド原油採掘計画を発表する。
話が違うではないか、新聞社の看板記者ミアは政府の姿勢を烈しく追求していく。

 

そんな彼女に、匿名電話で採掘計画の裏情報がもたらされる。貴方は何者?
その男は、政府が計画を中止しなければ要人を殺すと言いはじめる。
そして、人を傷つけないような予告の狙撃が開始される。

 

ミアの行動と平行して、初老の男の行動も映されていく。
その男ラスムスは、堅物の地球物理学者。それでいてライフル協会の会員で射撃の腕は一流だったのだ。
地球がこれ以上温暖化したらどうなると思っているんだ、石油発掘など絶対にさせないぞ。
義憤に駆られたラスムスは孤独な一人きりの戦いをおこなっていく。
しかし、ラスムスの動きは監視カメラで捉えられ、次第に網が絞られていくぞ。

 

ついに石油発掘事業の要となる人物を狙撃するときが来た。
狙撃に向かうラスムスが理髪屋により、長かった髪を整え、あごひげをきれいに剃る。
そして、それまて監視カメラに映っていたフード付きのジャージー姿から、ネクタイを締めたスーツ姿となる。
なるほど、これは警察のめもごまかしやすいぞ。

 

ラスムスの動きを察知したミアも、狙撃現場であるビルの屋上に駆けつける。
周りのビルには護衛の狙撃手が待機している。
さあ、どうなるのだ?

 

要人狙撃の映画と言えば、最高作は「ジャッカルの日」だと思っている。
あちらは警備の厳しい狙撃ポイントにどうやって入るか、武器の持ち込みをどうするか、など、はらはらのし通しだった。
それに比べると、こちらでの警備はゆるかったなあ(苦笑)。

 

扱っている問題はかなり深刻なものなのですが、映画自体はそれほど重くありません。
単純に娯楽作品としてみることができました。