あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「ロング・ショット」 (2019年)

f:id:akirin2274:20201026172726j:plain

2019年 アメリカ 125分
監督:ジョナサン・レビン
出演:シャーリーズ・セロン、 セス・ローゲン

逆シンデレラ・ストーリー。 ★★☆

 

人は皆平等だというけれども、それは建前だということは誰でも知っている。
だからこそ、身分の釣り合わない恋愛もの、というジャンルがあって、それなりに人気もあるわけだ。
その手のシンデレラ・ストーリーの傑作といえば、やはり「プリティ・ウーマン」だろう。

 

そして男女の立場が逆だったのが「ノッティングヒルの恋人」だった。
あの映画では、女性はハリウッドの大スター、男性は市井の本屋さん、という設定だった。
この映画は、女性は次期大統領候補というセレブ、男性は新聞社を首になったダサい記者という組み合わせ。

 

正義感は強いのだが頑固なフレッド(セス・ローガン)は、その性格がアダとなって新聞社を首になってしまう。
そして彼は慈善パーティの会場で、幼い頃にベビーシッターをしてくれた近所のお姉さんシャーロット(シャーリーズ・セロン)に再会する。
彼女は華やかな美貌の国務大臣になっていて、しかも次期大統領候補だった。

 

フレッドの初恋の人であるシャーロットだったが、今や、高嶺の花。
ところがフレッドの文才を見込んだシャーロットからスピーチライターになってほしいとの申し出が来る。
やった! 夢のような話だぜ。

 

タイトルの「ロング・ショット」とは、”望みの薄い、困難な企て”とか”勝つ見込みの低い戦い”とかの意味のようだ。
そりゃ誰が見たって、超美貌の政界大物と、ダサい(いつも野球帽をかぶって安物っぽいスタジャンを着ている)小太り男では、釣り合わないよなあと思う。

 

しかし、なぜか二人は恋に落ちるのだ。
映画だからと言われてしまえば仕方がないのだが、どうしてシャーロットは恋に落ちるのだ?
どうしてあんなにすぐに燃え上がってしまったのだ?

 

当然のことながら二人の恋には障害がいっぱい。
大統領選に勝つためには政治的な駆け引きもやむなしと考えるシャーロット。
いや、そんなことをすれば本来の君ではなくなってしまうと反対するフレッド。
悪徳実業家が邪魔をしたり、プレイボーイのカナダ首相がちょっかいを出してきたり。

 

制作にも関わったシャーリーズ・セロンだが、彼女がが絶対にしたくなかったのは、フレッドとの恋のためにシャーロットがすべてをあきらめることだったそう。
そうか、それであんな(あり得ないような)ハッピーな結末になったのか・・・。

 

それにしても、フレッドはいつまでもダサいので、やはり恋愛ものの相手としては夢がなさ過ぎた。
それに、あまりにも自分の正義感ばかりを振りまわして、他人の立場を思いやる優しさに欠けていたのが、致命的だった。
なんでシャーロットはこんなフレッドを愛し続けているんだろ?と思うほど。

 

ということで、セロンお姐様の美しさは堪能できたのだが、映画の評価はそれほど高くならなかった。
もちろん、姐様がでていなかったら観ていないですよ。

 

「ナイト・ストーム」 (2019年)

f:id:akirin2274:20201023203405j:plain

2019年 アメリカ 97分
監督:スティーブン・S・カンパネッリ
出演:ニコラス・ケイジ

サイコ・サスペンス。 ★☆

 

ニコケイがまたやってしまった!
ポスター写真のニコケイは、映画の内容からは地球の反対側ぐらい離れているぞ(笑)。

 

ウォルター(ニコラス・ケイジ)とファンシー夫妻の家の柵が壊れてしまった。
ハリケーンが近づいてくる日だったが、臨時収入が欲しくてその修理を請け負ったバディ。
しかし、修理が終わる前にハリケーンが襲ってきて、帰れなくなったバディはウォルター家に泊まる事に。
これが悪夢のような怖ろしい一夜の始まりだった・・・。

 

とこう書くと、なにやら面白そうに思えるが、実際はぐだぐだ、だらだら。
髭もじゃで退役軍人のウォルターはすぐにキレまくりそうな雰囲気の人物。
しょちゅう葉巻を吹かし酒を飲んでいる。
奥さんのファンシーもまたエキセントリックな女性。バディを執拗に誘惑してくる。
そんな誘いに乗ったらどんなことになってしまうのか、危険な匂いがぷんぷん。

 

夫婦仲は冷え切っていて、互いに罵りあっているのかと思えば、実は・・・と、物語の展開もつじつまの合わないことばかり。
屋根裏や、地下室など、秘密っぽい雰囲気も漂わせているのだが、薄っぺらいものに終わっている。
(筋弛緩剤の点滴なんかしたら呼吸ができなくなって死んでしまうだろうに・・・)

 

最後の最後にポスターの衣装でのニコケイが登場するが、とってつけたよう。
なんだ、これ?

 

ニコケイについ吊られて観てしまったのだが、レンタルする必要はありません(劇場公開はスルー作品)。
違うニコケイ映画を観ましょう。
えっ、そちらも同じじゃないかって? いや、観るまでは判りませんよ(苦笑)。

 

「グランド・ブダペスト・ホテル」 (2013年)

f:id:akirin2274:20201021212558j:plain

2013年  イギリス 100分
監督:ウェス・アンダーソン
出演:レイフ・ファインズ、 エドワード・ノートン、 マチュー・アマルリック、 シアーシャ・ローナン

サスペンス・コメディ。 ★★★☆

 

殺人事件がからむサスペンスものなのだが、どこかネジが1本外れている。
全体に夢物語のような非現実感がつきまとう。
それがウェス・アンダーソン監督の持ち味。その妙な愉快さを楽しむ映画。

 

グランド・ブダペスト・ホテルの伝説のコンシェルジュ、グスタヴ(レイフ・ファインズ)。
彼の完璧なおもてなしを目当ての上流な客でホテルは大繁盛している。
そのグスタヴのもとで働くことになったベルボーイのゼロ・ムスタファ。
映画は、後年のムスタファの回顧話として展開する。

 

ホテルはピンク色を基調として少女漫画のような雰囲気、調度品や衣装もお洒落でちょっとわざとらしくしている。
登場人物たちはしばしば正面を向いているといった構図。
そんなアンダーソン監督がくり広げる世界に入り込んでしまうと、遊園地で遊んでいるような楽しさにもなってくる。

 

ある日、グスタヴと懇意だった大富豪のマダムDが殺されてしまう。
そして彼女の遺言で名画「少年と林檎」がグスタヴに贈られることになったのだが、そのためにかえってグスタヴは殺人犯の嫌疑がかけられてしまう。
マダムDの息子は、名画を取り返そうとしてグスタヴに刺客を送ってくる。
こりゃ大変だ。逃げなくては。

 

こうしてグスタヴはゼロを釣れてヨーロッパ中を逃げまわる。
真犯人も突き止めなくては・・・。
物語はめまぐるしく展開して、謎の組織もグスタヴたちを助けて活躍する。

 

ただお洒落な画面と風変わりなコミカルさだけの映画ではない。
民族間の戦争問題を提起する場面もあり、ゼロの恋人の頬にはメキシコの国の形をした痣があったりもする。
これはトランプ大統領が登場する前の映画だが、アメリカの排他政策を批判しているようにもとれる。

 

とにかく脇役が豪華。
ちょっとしか出てこないメイドがレア・セドゥだったのを見つけたときはうれしかった。
ビル・マーレイもちょい役だし、エドワード・ノートンも脇役。
ジュード・ロウは始めと終わりしか出てこない。なんて豪華な俳優の使い方なんだ。
エイドリアン・ブロディウィレム・デフォーは判ったが、マチュー・アマルリックやハーベイ・カイテルは、言われてみれば、ああ、そうだ、という感じだった。
殺された富豪夫人Dがティダ・ウィルストンだったなんて、まったく気がつかなかった(汗)。

 

画面を観れば、すぐにアンダーソン監督の映画だと判ってしまう、それだけの個性があります。
夢物語のような突拍子さと、現実離れした絵柄は、さすがでした。
ベルリン映画祭で銀熊賞を、ゴールデングローブ賞で作品賞を、アカデミー賞では美術賞など4部門を受賞しています。

 

「ニキータ」 (1990年)

f:id:akirin2274:20201018205032j:plain

1990年 フランス
監督:リュック・ベッソン
出演:アンヌ・パリロー、 ジャンヌ・モロー、 ジャン・レノ

育てられた女諜報員。 ★★★☆

 

アラン・ドロンの「危険なささやき」で観たアンヌ・パリローが魅力的だったので、これを再見。
リュック・ベッソン監督が「グラン・ブルー」のあとに撮った作品で、エンタメ型の出発点となっている。

 

警官殺しの罪で死刑宣告を受けた不良少女のニキータアンヌ・パリロー)。
そんな彼女は死刑になる代わりに、彼女は政府の諜報員として訓練を受けることになる。
お前に選択の余地はないぞ。
反抗的なニキータだが、次第に技術を身につけていく。

 

拳銃の射撃訓練で最初からすご腕をみせるニキータ
本当に初めてか?と驚く係員に、(的の)紙を撃つのはね、と答えるニキータがふてぶてしくて好かった。
おいおい、人はたくさん撃ってきたのかよ。

 

それにメイク技術を教える係員にジャンヌ・モローが出ていて驚いた。
女は限りなく美しくなれるのよ、との言葉通りに、ニキータが蓮っ葉な不良少女からレディに変身していくところも好かった。

指導教官ボブとの淡い恋心のような交流も、歯がゆいような、ほっとするような感じだった。
最初で最後のキスよ、も印象的だった。

 

こんな風に、なにか暗い過去を持つ一般人が訓練を受けて諜報員や暗殺者に仕立てられる、という筋立てはときおり見かける。
この映画がそんな筋立ての先鞭をつけたのではないだろうか。
その意味では大した功績を持っている映画だということになる。

 

優雅な食事会かと思って出かけたら、それも非情な任務の一環だったとは。
いきなり命じられた暗殺指令だが、テストでもあるかのように教えられた脱出ルートはふさがれている。
なんとか逃亡しようとして、タイトなミニスカート姿のニキータが激しい銃撃戦を展開する。

敵の銃弾を避けるために物陰に座りこむニキータ
ポスターにも使われている有名な構図だが、これは冒頭で不良少女だったニキータが隠れていたポーズでもあった。

 

ニキータはマルコという優しい男と知り合って一緒に暮らすようになる。
しかし、そんな日々にも暗殺指令はいきなり割り込んでくる。
マルコに裏家業のことを知られないようにしながら指令をこなしていくニキータ

 

リュック・ベッソンといえば、長身のブロンド美女好きと思っていたが、パリローはちょっと違う。
彼女とは結婚もしているし、この頃はベッソンの女性の好みが違っていたのかな?
彼は「レオン」に出た女優とも再婚しているし、後には「フィフス・エレメント」でのヒロインだったミラ・ジョボビッチとも結婚している。
監督とヒロイン女優は恋に陥りやすいのだろうか?(苦笑)

 

(以下、ちょっとネタバレ気味)

 

最後、ボブと話し込むマルコ。
実はマルコは、組織がニキータの監視役としてつけた男ではないのかと疑ってみていたのだが、違った。
彼は本当にニキータを愛していたんだね。

 

ニキータがどこまでも弱さを残しているところが作品に陰影を与えていた。
必死に頑張るニキータは決して女無双でない。そこがこの作品の要となっていた。
そしてこのあと、掃除屋として印象的だったジャン・レノは殺し屋として「レオン」になるわけだ。

 

「危険なささやき」 (1981年)

f:id:akirin2274:20201016174431j:plain

1981年 フランス 105分
監督:アラン・ドロン
出演:アラン・ドロン、 アンヌ・パリロー

私立探偵もの。 ★★★

 

あのアラン・ドロンの初監督作品。もちろん主演。
(なんとドロンの61作目の出演作品になるとのこと)
この映画で演じるのはギャングではなく、刑事でもなく、刑事上がりの私立探偵シュカス。
行方不明になった娘の捜索を母親から依頼されたことから始まる事件だが、意外に根が深かったのだ。

 

何回となく画面に重なるブルース調の歌が、ちょっと哀愁がこもっていてなかなかに好い雰囲気である。
中年になったドロンは少し貫禄のある体型になっていて、映画に出ずっぱり。
まあ、それが目的の映画だからなあ(苦笑)。

 

物語は、麻薬も絡んだ汚職事件に警察も関与していたという複雑さ。
銃撃戦もあれば(冒頭でドロンはものすごい抜き撃ちを見せてくれる)、高速道路を逆走してのカー・チェイスもある。
サスペンスものとしてはかなり本格的な筋書きを持っている。

 

重要人物はどんどん死んで行ってしまって、次々に新しい人物が登場してくる。
今はどんな状況になっているんだっけ?(苦笑)

 

しかし、この映画の魅力は、それらのサスペンス、アクションをつなぐ軽妙な主人公たちのやりとり。
洒落たユーモラスな冗談を言い合う。う~ん、さすがフランス映画(笑)。

 

秘書シャルロット役のアンヌ・パリローは、この映画のあと、リュック・ベッソン監督の「ニキータ」でヒロインとなる。
角度によってはあの「太陽がいっぱい」のマリー・ラフォレを思わせる。
大きな眼鏡をかけた彼女が無邪気でとてもチャーミング。
亭主持ちでありながら、シュカスとはしっかりと好い関係になっている。
あっけらかんとしていて、それでいて物語の要所を締める役割だった。

 

シュカスの銃創をシャルロットが消毒したとき、彼が思わず苦痛の声を漏らす。
すると、彼女は「ベルモンドなら弱音を吐かないわよ」と言い放つ。愉快。
シュカスは、「俺はベルモンドじゃないぜ」と言い返していた。これも愉快。

 

事件が解決した最後、全身打撲・骨折で病院のベッドに横たわるシュカス。
病室から帰ろうとした仲間の刑事に、シュカスはギブスの先端にわずかに見えている手足の指先を全部振る。
なんとドロンのユーモラスで、可愛いことか。

 

少し古い雰囲気のハードボイルドものといったところで、充分に観るに値する作品だった。
しかし、謎解きサスペンスというよりは、雰囲気を楽しんで、ドロンやパリローの掛け合いを楽しむ、そんな映画。
ニキータ」のときとは違うチャーミングなアンナ・パリローを楽しみましょう。
彼女の存在で★半分がおまけされた?

 

 

「17歳」 (2013年)

f:id:akirin2274:20201013222902j:plain

2013年 フランス 94分
監督:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・バクト、 シャーロット・ランプリング

17歳の危うい性。 ★★☆

 

女性心理のミステリアスな部分を描くのが得意なフランソワ・オゾン監督。
今作は自分でも理由が判らないままに身体を売っていく17歳の少女を描く。

 

名門高校に通う17歳のイザベル(マリーヌ・バクト)。
家族と一緒に避暑に来たリゾート地で、たまたま知り合った青年と初体験をおこなう。
恋心とかがあったわけではなく、ただ好奇心というか、雰囲気に流されたというか、そんな感じ。
ふ~んという感じで経験してしまう。

 

何歳か年下の弟とはあけすけな性についての冗談も言い合っている。
いまどきの少女は日本でもそうなのだろうか。
それともやはりこれは遠いフランスの物語?

 

パリに戻ったイザベルは年齢を偽って、SNSで知り合った男たちに身体を売るようになる。
お金のためではなく、また快楽を求めているわけでもない。
必要としているわけでもないお金は無造作に溜めているだけ。
男たちの要求にも淡々と応えて身体を重ねていく。

 

イザベルは何のために身体を売っていたのだろうか。
ところどころで流れる気怠い歌声がフランソワーズ・アルディに似ているなあと思いながら観ていた。
あとで調べたら、やはりアルディだった。
彼女の歌では、青春の儚さを歌った「もう森へは行かない」が特にお気に入りである。

 

そんなある日、馴染みとなっていた初老の男が性行為中に死んでしまう。
急いでホテルから逃げ出したイザベルだったが、警察につきとめられ、売春の事実は家族に発覚してしまう。
母親は動揺し、周りのイザベルを見る眼も変わる。

 

そりゃそうだろうな。
もし自分の娘がこんなことになったらどう対応していいのか、わからない。
当のイザベルだって自分がなぜ売春をくり返したのか、判ってはいないのではないだろうか。

 

精神科を受診させられたイザベル。
している間も特に楽しくはなかったわ。でも、少しするとまたしたくなるの。知らない男の人とね。

 

セックス依存症とは違っている。単なる好奇心でもないのだろう。
イザベルが求めていたのは、性行為そのものではなく、性行為に向かう自分だったのかもしれない。
そのように行動することで自分を確かめていたのかもしれない。

 

最後近くにシャーロット・ランプリングが登場する。
ものすごい存在感である。圧倒されるオーラがある。
彼女が言う、私もあなたぐらいのときに勇気があったら男からお金をもらってセックスをしてみたかったわ。

 

特に救いが示されるわけでもなく、映画は終わっていく。
「スイミングプール」を観てからオゾン監督は気になる監督の一人となっているのだが、どの映画を観てもなにか落ち着かない気持ちにさせられる。
どうも居心地が悪くなる。
そこがオゾン監督らしさなのだろう。

 

「マニカルニカ」 (2019年)

f:id:akirin2274:20201011092745j:plain

2019年 インド 148分
監督:ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ
出演:カンガナー・ラーナーウト

インドの史実もの。 ★★★

 

先日観た「パドマーワト」と同じように、インドの歴史上に実在した女性を描いた映画。
方法は異なるが、どちらの女性も強い意志で暴虐な相手に抗していた。
苛酷な運命と闘った強い女性である。

 

時代は1800年代。
インドの植民地支配を目論んだイギリスは、東インド会社を設立して圧政を敷こうとしていた。
大軍勢も駐留させ、力に物を言わせようとしている。

 

そんな時代に生まれたマニカルニカ(カンガナー・ラーナーウト)は、幼い時から男子同様に剣や弓、乗馬を習って成長した。
その勇猛ぶりを見初められ、彼女はジャーンシー王国の王妃となり、ラクシュミーという名を与えられる。

 

国王が病死し、幼い養子を迎えたラクシュミーは王妃として国をイギリスの侵略から守ろうとする。
このあたり、権威を嵩にきたイギリスの横暴ぶりがこれでもかと描かれる。
ま、こういう内容の映画だから仕方ない。

 

圧倒的な武力のイギリス軍には太刀打ちできずに、ラクシュミーは城を追われてしまう。
このときのイギリス軍の大将が嫌な奴。
彼への屈辱的な服従を拒否して、彼女は王宮を退去したのだ。
覚えてらっしゃい、私はいつかこの城に戻ってくるわ。その時は倍返しよっ!(とは、まさか言わなかったのだが 笑)

 

さあ、忠実な部下たちと野に下ったラクシュミーの反乱戦がここから始まるぞ。
1857年、史実にもあるインド大反乱が勃発する。
一時は城を奪還したラグシュミーたち。
しかし新たな司令官ロ-ズ卿が押し寄せてくる。

 

そして、こういうヒロインが大活躍する映画では、陰湿老獪な悪役も必要。
東インド会社と結託して国を乗っ取ろうとする王様の弟サダーシヴがその人物。
憎たらしい奴なんだよなあ。
ラクシュミーたちが立てこもる城の弱点箇所をイギリス軍に教えたりして。

 

この後もイギリス軍との攻防がつづく。
落城して隣国に逃げのびたラクシュミーはそこで新たな王国を建設して、さらにイギリスに対抗する。
さすが、インドのジャンヌ・ダルクと讃えられただけのことはある。

 

最後の戦いの時が来る。
敗戦を悟ったラクシュミーは自ら炎に身を包む。
こうしてインド大反乱は鎮圧されてしまったのだ。
イギリス軍司令官のローズ卿は、後に執筆した自叙伝でラクシュミーの武勇を讃えたとのこと。

 

インド映画は人海戦術はお手の物なのだろう。戦闘場面は迫力のあるものだった。
ヒロインも美しく、格好いい。
しかし、史実だから仕方がないことではあるのだが、見終わったあとの爽快感には乏しい。

 

悲劇のヒロインを応援して、悼む映画でした。