あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。約2000本の映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ブラックボックス」 (2021年) 残された音から陰謀をあばけ

2021年 フランス 129分
監督:ヤン・ゴズラン
出演:ピエール・ニネ、 ルー・ドゥ・ラージュ

音声分析捜査官の活躍を描く。 ★★★☆

 

飛行機墜落事故をめぐるサスペンスものである。
主人公のマチュー(ピエール・ニネ)は航空事故調査局で働く音声分析官。
300人を乗せた旅客機がアルプス山中に墜落し、彼はブラックボックスの分析を担当することとなる。

 

タイトルにもなっているブラックボックスは、正式にはフライト・レコーダーといわれているもの。
飛行データや操縦室の音声を記録しており、飛行機が事故にあっても壊れたり燃えてしまわないようになっている。
事故や事件が起きたときの真相解明のための記録が残されているわけだ。

 

映画ではそのブラックボックスを慎重に外側容器から取り出す場面もあった。
すごい。そりゃものすごい衝撃や高熱にも耐えられるようになっているのだから、その防御は鉄壁なのだが、それにしても想像以上に厳重なものだった。
(車のドライブ・レコーダーも事故の衝撃や火災で破損しては困るわけだが、あんなに頑丈ではないよね。)

 

さて、その墜落機のブラックボックスに残されていた物音、音声をマチューは分析していく。
機長と管制官との通話などの音声データから、ノイズ除去などの処理を施していく。
通常はあまり知らないこういったプロフェッショナルの仕事というのは格好好い。
音だけの変化では単調になってしまうので、ディスプレイ上の波形を見せたりして視覚的に動きを持たせていた。

 

マチューは非常に優秀な音声分析官なのだが、自分の信念が強すぎて周りともよく衝突する。
プロフェッショナルの優れた才能が、その人を狭い場所にしか適応できない変人にもしてしまうわけだ。
こういう人物って、いそうだよなあ。

 

しばらく前に観た映画「ウルフズ・コール」では潜水艦の特殊分析官を描いていた。
あの映画の主人公も、とにかくソナー音の分析には優れているのだが、人間的には欠陥を持ち合わせていた。

 

記録されていたかすかな声などから、当初はイスラム過激派によるテロが疑われる。
しかし、さらに情報を探っていくと、この飛行機事故には大がかりに隠された秘密があることが判ってくる。
だいたいが、始めは担当だったマチューの上司が謎の失踪を遂げているんだよ。
これ、怪しくね?

 

マチューの美人の奥さん(ルー・ドゥラーシュ)は、政府機関で新型航空機の認証をおこなっていた。
この奥さんが飛行機事故を起こした航空会社に引き抜かれていたぞ。
・・・偶然、てあるんだね・・・。

 

(以下、ネタバレ)

 

飛行機や自動車の自動操縦技術は日ごとに改良されているのだろう。
しかし、それと平行して、その技術をどこまで信頼していいのかも正しく検証されなくては怖い。
自動操縦のプログラムがハッキングされてしまえば、飛行機も自動車もそのハッカーの思い通りに操縦されてしまうぞ。
そんなことを意図するハッカーがいれば、これは怖ろしい。
そしてさらに、偶然に生じる事態(!)にも安全性が確保されていなければならないのだが・・・。

 

マチューは航空機業界の闇に迫っていくことになる。
そしてラストに向かって事態は大きく動いていく。
マチューの美人の奥さん、あなたは・・・。

 

事件そのものにはそれほどのひねりはありませんでしたが、構成が見事で、サスペンス映画としての緊張感が好く出ていました。
お勧めの映画です。

 

 

 

 

「Mr.ノーバディ」 (2020年) しょぼいおじさんが、実はハードボイルドだぜ

2020年 アメリカ 92分
監督:イリヤ・ナイシュラー
出演:ボブ・オーデンカーク、 クリストファー・ロイド

単純明快な痛快アクション。 ★★★

 

路線バスで工場へ通う単調な毎日を送っているハッチ(ボブ・オーデンカーク)。
職場でも地味な存在で、家庭でも妻や息子から軽んじられている。
平凡な、どちらかと言えばさえないおじさんのハッチ。
しかし実はこの男は・・・、というのがこの映画の眼目。
単純明快、何も考えることもなく痛快アクションを楽しめる作品だった。

 

冒頭でハッチの家に強盗が入る事件が起きる。
暴力を恐れたハッチは反撃することもできず、そのことで家族からは今さらに失望されてしまう。
くそっ、面白くないぞっ。

 

で、路線バスで乗り合わせたチンピラたちの挑発に、ついにハッチの堪忍袋の緒が切れる。
これまで抑えていた暴力衝動が解き放されて、まあ、無茶をするわするわ。
そしてこの映画の特異な点は、ハッチがまったくの無敵ではないところ。
結構ハッチもやられるのである。しかし、どんなにやられてもへこたれずに、相手をそれ以上にやっつけてしまうのである。
この根性のすわり具合は、こりゃ、ただ者じゃないね。

 

この手の映画は、それまで世間に見せていた姿と、実は・・・という隠されていた実体がかけ離れている方が面白い。
その点、今作は余分なものを一切そぎ落として、そのことだけを描いている。潔かった。

 

さて。
こてんぱんにやっつけて殺してしまったチンピラの中にマフィアの息子がいたものだから、事態は大がかりなものになっていく。
さあ、マフィアが襲ってくるぞ。どうする。
なあに、かまうもんか。俺様は俺様だぜ!

 

主人公のハッチなヤバいところは、すごい戦闘スキルを発揮する理由が正義感でも何でもないところ。
単に我慢して押さえつけていた自分の暴力衝動に負けただけ。
そのあたりが、知性的な雰囲気も出していたイコライザーおじさんとはまったく違うところ。
そんなヤバい男とも知らずにちょっかいを出したマフィアも運が悪かった。
まあ、ハッチも相手が悪人集団だから思い切り暴れることが出来たのだけれどね。

 

おっと、施設に預けている年老いた父親(クリストファー・ロイド)の存在をマフィアにかぎつけられてしまったぞ。
マフィアが襲いにいったぞ。大丈夫か?
しかし、この爺さんがやるのである。
どこかで見たような顔だなと思っていたのだが、ああ、そうだ、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクじゃないか。変人ぶりは相変わらずだったな。
どうやらこの爺さんは元FBIらしく、暴力沙汰大好きじいさんだったのだ(笑)。

 

クライマックスは大金で買い取った勤め先の工場での決戦。
いろいろな仕掛けをしておいてマフィアをおびき寄せる。おお、この戦い方は「ランボー・ラストブラッド」ではないか。
アクションには「ジョン・ウィック」や「アトミック・ブロンド」の製作チームが加わっているとのこと。
うん、見応えがあるよ。

 

というわけで何も考える必要のない1時間半でした。
最後、ハッチの過去をこれまで知らなかった奥さんが、新居を見に行ったときの一言、「地下室も必要ね」は好かったよ。

奥さんに隠し事もなくなって、さあ、続編を待っているよ。

 

「アンチャーテッド」 (2022年) 楽しい宝探しアドベンチャー

2022年 アメリカ 116分
監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ホランド、 マーク・ウォルバーグ、 ソフィア・アリ
    タティ・ガブリエル、 アントニオ・バンデラス

宝探しのアドベンチャー。 ★★★

 

原作は同名のゲームらしいのだが、そんなことも知らずに鑑賞した。
雰囲気としては、「インディ・ジョーンズ」や「ハムナプトラ」、「ナショナル・トレジャー」、それに「パイレーツ・オブ・カリビアン」も混じるといったエンタメ映画だった。
深刻さがまったくないアドベンチャーもので、こういうのも楽しくて好いね。

 

冒頭からいきなり大空でのアクションといったクライマックスのような映像となり、問答無用で物語に引き込まれる。
それから物語の時間軸が遡って、主人公のネイト(トム・ホランド)がこのアドベンチャーを始めるまでとなる。
これは上手いやり方で、ああ、そのうちにあの場面になるのだな、どういう経過でああなるのだろう、思わせてくれる。

 

手先が器用な(手癖が悪いともいう 笑)バーテンダーのネイトに、トレジャーハンターのサリー(マーク・ウォールバーグ) が近づいてくる。
一緒に50億ドルの金銀財宝を探さないか、世界一周を試みたマゼランが残したお宝だぜ。
実はネイトが大好きだった兄は、そのマゼランのお宝を探しにいったまま行方不明になっていたのだ。

 

こうしてコンビとなったネイトとサリーだが、お互いに相手を出し抜こうとしたりして、油断ができない仲となっていく。
そこにサリーのトレジャーハンター仲間であるクロエ(ソフィア・アリ)も加わる。
しかし彼女は敵なのか味方なのかよく判らない女の子。
こいつにも油断はできないぞ。

 

もちろんお宝を狙う敵も登場する。
大富豪のモンカーダ(アントニオ・バンデラス)は、かってマゼランに航海資金を提供した伝説の一族の末裔。
そして彼に雇われた殺し屋のブラドッグ(タティ・ガブリエル)。
彼女の存在感がすごい。湾曲したナイフを使って、薄ら笑いを浮かべながら情け容赦なく相手の首をかっ切る。
やはり悪役はこれぐらいのどぎつさがないとね。

 

宝の隠し場所で使う二つの黄金の鍵の奪い合い。
宝の隠し場所を示した古地図。
そしてたどり着いたと思ったら、そこには次の場所を示す謎が・・・。
こうしてアドベンチャー・ゲームよろしく謎を解きながらお宝を追い求めるのだ。

 

アクション場面も楽しませてくれる。
冒頭で映されていた飛空艇から落ちかかっての空中での戦い、ついにはヘリコプターで吊り下げられた古代船での戦い。
難しいことを考える暇もなく、次から次への展開は、単純といえば単純なのだが、この映画はこれで好いのだろう。

 

エンドタイトルの途中と最後に2回、映像が入る。
それは死んだと伝えられた兄の姿だったり、新たなお宝のことだったりで、明らかに次回作に繋げようとしていたぞ。
シリーズ作としても成功するのではないだろうか。

 

「ザ・バットマン」 (2022年) 今度のバットマンは根暗だぞ

2022年 アメリカ 176分
監督:マット・リーブス
出演:ロバート・パティンソン、 ゾーイ・クラビッツ、 ジェフリー・ライト、 ポール・ダノ

新・バットマン。 ★★★★

 

ティム・バートン版「バットマン」はそれほど熱心には観ていなかったのだが、ノーラン版にはすっかりやられてしまった。
なので、またバットマンがリブートされると聞いたときは、今さらどうして?という気持ちだった。
しかし観てみると、これはこれでありか、という出来であった。

 

今作はブルース(ロバート・パティンソン)がバットマンとなって夜の街で悪人を懲らし始めた頃の物語。
まだ若く、未熟な故の危うさを残している。
バットマンは決して超人ではなく、完全なヒーローでもない。苦悩の人でもあった。

 

青白い印象のパティンソンは、眼の周りに隈のようなメイクをしている。
そのために病的ともいえる繊細な感じをよくあらわしていた。

 

ゴッサム・シティも荒廃した町として描かれている。
街の景観も荒廃しているし、何よりもそこで生活している人々の気持ちが荒廃している。
こんな街に希望はあるのか、明るい明日はあるのか、と問いかけたくなるよう。

 

ということで、映画全体の雰囲気はとても暗い。
ほとんどの場面が夜だったのではないだろうかと思えてしまう。おまけに天候も好くなかったような・・・。
しかしそれは今回の狙いであるだろうし、その雰囲気はリブートをする意味を充分に付け加えていたのではないだろうか。

 

今作の敵役リドラーポール・ダノ)は連続殺人犯で、犯行現場になぞなぞを残していく。
警察やバットマンを挑発しているのだ。
そして彼はブルースにまつわる過去や、ブルースの亡き父が犯した罪を暴露していく。
ますます苦悩するバットマン。俺の使命は何なのだ?

 

バットマン映画に華を添えるのがキャットウーマン
今作でも要所であらわれて小気味のよい活躍をしてくれた。彼女も超人ではなくて普通の女の子っぽい感じを出していたのが好かった。
演じたのはゾーイ・クラビッツ。
初めて観た女優さんかと思ったのだが、調べてみると「幸せのレシピ」や「Xメン」、「ダイバージェント」などにも顔を出していたようだった。
存在感はアン・ハサウェイハル・ベリーには劣るかもしれないが、好いよ。続投を希望。
目のあたりが水原希子に似ている気がしたのは私だけ?

 

陰鬱なバットマン映画。腺病質なヒーロー像。
これまでのバットマン映画の中でもとびぬけて暗かった。
しかし3時間の長さを感じさせることはなかった。続編期待。

 

映画の終わりで、どこまでも善人として闘う決意をするバットマン
(空にバットマンの影を投影しなくても連絡は直ぐに取れると思うのだけれど、これがバットマン召還の儀式だから、ね。苦笑)

 

「ファイナル・プラン」 (2020年) 老いらくの恋で爆破させるぜ

2020年 アメリカ 98分
監督:マーク・ウィリアムズ
出演:リーアム・ニーソン、 ケイト・ウォルシュ

鉄板のアクションもの。 ★★☆

 

このところ、飛行機や列車など、あらゆる場所でのアクションを続けているリーアム・ニーソン
氷の上の大型トラックだって運転するし、雪上車だって操るぞ。
そんな彼は今度は爆発物取り扱いのプロだ。その技を活かして孤高の銀行襲撃犯だ(笑)。

 

凄腕の爆破銀行強盗のカーター(リーアム・ニーソン)は、これまでに盗んだ大金を保管するための貸し倉庫を探しにいき、運命の女性アニー(ケイト・ウォルシュ)と出会う。
たちまち恋に落ちるカーター。
ああ、もう俺は銀行強盗なんか止めるぞ。これからは彼女と穏やかな日を送るんだ。

 

リーアム・ニーソンはもう古希に近いはず。
しかし、さすがにダンディ。恋に落ちる設定も不自然な感じがしない。
たいしたものだな。見習いたいぞ。

 

愛する彼女に隠し事はしておけない。よし、大金を返して自首しよう!とするカーター。
アニーよ、(銃はとらずに)刑期を終えるまで待っていてくれ。
ちなみに原題は「正直な泥棒」。
まあ、カーターはその通りなのだが、この題ではなんだかコメディ映画のような雰囲気になってしまうなあ。

 

カーターから自首の電話をもらったFBIだが、その担当になった2人のFBI捜査官が悪だった。
アニーが管理している貸倉庫で大金を見た途端に、この金をネコババしてしまおうと企むのだ。
大金のために同僚まで殺してしまうこの悪FBI。
発端は、つい魔が差してしまった、ということなのだろうが、次第に憎々しさがふくれあがってくる。
もうここまで来たら、止められるものか。毒を食らわば皿までだ。

 

ついに悪FBIはアニーをも危険な目に遇わせたので、ついにカーターの怒りが爆発する。
愛する人を守るためだったら、96時間といわず何時間でもカーターは戦い続けるのだよ。
こちらは爆発物のプロだぜ。甘く見るなよ。

 

ということで、今作のリーアム・ニーソンの戦いはとても小規模。
人身売買の秘密組織が相手というわけでもなく、街中での大銃撃戦があったりすることもない。
自分が(不正に)貯め込んだ大金を奪い取ろうとする奴が相手。とても個人的な物語。

 

その相手も、大金を目にしてつい欲が働いてしまった、という輩。
小市民的な悪役である。
彼らだって、こんな大事になるとは思わなかったぞとぼやいているにちがいない、というようなちょっと気の毒な展開でもある。

 

スケールは小さいのだが、その分はより身近に感じられるサスペンスものとなっている。
カーターは海軍時代に爆発物のエキスパートとなったわけだが、そのスキルを活かして敵を懲らしめていく様はやはり痛快である。

特に最後近く、敵が乗った車の座席下に爆発物を仕掛けて、席から立ったら爆発するぞ、と警告する展開は好かった。

 

リーアム・ニーソンのアクションものに外れなし。
どれも同じではないかと言うなかれ。退屈させられることはない。
しかしこの映画、ヒロインがもう少し魅力的であって欲しかったぞ(汗)。

 

「ザ・オペラティブ」 (2019年) リアルなモサド諜報員映画

2019年 フランス 116分
監督:ユバル・アドラー
出演:ダイアン・クルーガー、 マーティン・フリーマン

リアルなモサドの諜報員映画。 ★★☆

 

地味な女性スパイもの映画。
しかし本当の諜報員の活動というのはきっとこんなのだろうなというリアル感がある。

 

いろいろな国で育ってきたレイチェル(ダイアン・クルーガー)は言語能力に優れていた。
それもあって、彼女はドイツで活動するモサド工作員にスカウトされる。
そして要人殺害などをの任務に荷担していく。おお、結構やるねえ。

 

このあたりの国家的対立構図に疎いので、いささか混乱するのだが、モサドというのはイスラエル諜報特務庁のこと。
そしてアラブ国家などを敵としており、本作での敵はイランである。
やはり根には宗教問題があるのだろうな。

 

さて、次にレイチェルに与えられた任務は、イラン軍に電子機器を提供している会社社長のファラドに接触すること。
そして彼から機密情報を引き出すこと。
彼女は英語教師としてテヘランに潜入し、ファラドとも親しくなる。
親しくなりすぎて恋人の関係にもなってしまう。おやおや、そんなことになってしまっていいのかい。

 

ダイアン・クルーガーにはクール・ビューティというイメージがある。
ポスターでは彼女は銃を手にしているが、映画では彼女は一切銃を使わない。そんな派手なことはしない。ひたすら地味である。
そして、レイチェルは諜報員にしてはどこか頼りなげで、非情にはなりきれない人物像として描かれている。
一人の弱さを持っ女性として描かれている。とてもリアルに感じられる描き方である。

 

判らなかったのは、そんなレイチェルが疑問を抱きながらにせよ、どうしてモサドの一員になることを決心したのだろうかということ。
普通の人はいくらスカウトされたからといって、そんなに簡単には諜報員になろうとは思わないよねえ。
それとも、一度声をかけられたら、諜報員になることを断ると消されてしまうのだろうか。
確かに諜報員たちの顔を知ってしまうからなあ。どうなんだろ?

 

モサドの活動を見ていると、もうテロリスト・グループと変わらないじゃないかとさえ思える非情さがある。
諜報員さえも、用済みとなればあっさりと見捨ててしまうような感じ。
(FBIとかMI6はどうなのだろう?) 

 

深夜のファラドの会社に忍びこみ、機密情報を盗み出レイチェル。
不自然な行為を目撃されてしまった警備員を、(少しずつ親しくなるように仕向けていた警備員だったが)、毒殺してしまうレイチェル。
このあたりはかなりのサスペンス・タッチで、緊張感が続く。

 

さあ、ファラドを愛してしまったレイチェルの任務はこのあとどうなる?
モサドは彼女をどうしようとしている?
最後、レイチェルは我が身を守るために、モサドを相手に危険な交渉をおこなう。
果たして彼女はどうなるのか?

 

決して悪くはない映画でした。ダイアン・クルーガーの魅力も発揮されていました。
ただ、どこまでも画面は暗めで、物語も地味めだったので、爽快感にはつながらない映画でした。

 

リアル諜報員ものをお求めの方に。

 

「Miss.デンジャラス」 (2020年) ポスターに騙されてはいけません!

2020年 中国 88分
監督:ジェシー
出演:シュー・トントン

女性アクションもの。 ★☆

 

ポスターに騙されてレンタルしてしまったんだろ、って・・・はい、その通りです。
悲しい男の性です。もう二度としません(嘘つけ)。

 

というのはおふざけにしても、この映画は実際に酷かった。
一応筋立てとしては、特殊部隊の女性エージェントが臓器売買組織を壊滅させる、ということになっている。
しかし、そんなストーリーは直ぐに忘れてしまいそうな代物。

 

えーと、設定としては、もと凄腕エージェントだったヒロインは引退して平和な家庭生活をおくっていた。
ところが何も知らない夫が捕らえられてしまい、その身との交換条件で再び争いの場に・・・、というもの
似たような設定で「ロング・キス・グッドバイ」というのがあったなあ。

 

ヒロインは確かにチャイニーズ・ビューティである。
彼女が空を舞ってアクションすれば敵はバタバタと倒れてくれる。
まったくに嘘っぽい爆発シーンも描かれる。
合成CGであることがこんなにも見え見えの映像も、かえって貴重かもしれない。

 

ということで、あまり感想を書くこともないような映画。
ラスボスが登場してもあまり感慨もない。
一つだけ面白かったのは、日本人をイメージしたような双子の殺し屋。
始めは味方だったのが最後は敵として登場する。あんたたち、何考えてんの?

 

あまり低評価の作品の感想は書かないことにしているのだが、これは同じ目に遇う人がいなくなるようにとの思いから。
ジャケットに惹かれても、けっして観ようとは思わないこと!