あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。約2000本の映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ベロニカとの記憶」 (2017年)

f:id:akirin2274:20211021200118j:plain

2017年 イギリス 108分
監督:リテーシュ・バトラ
出演:ジム・ブロードベント、 シャーロット・ランプリング、 エミリー・モーティマー

青春の苦い記憶。 ★★★

 

中古カメラ店を営みながら独りで年金生活を送っているトニー(ジム・ブロードベント)。
ある日、初恋の女性ベロニカの母親セラ(エミリー・モーティマー)が亡くなり、彼女が一冊の日記を彼に遺したとの連絡を受ける。
その日記は、トニーの学生時代の友人エイドリアンのもので、今はベロニカがもっているとのことだった。
はて、どうしてセラが私にエイドリアンの日記などを遺したのだろう?

 

はじめのうちは、人間関係を理解するのにちょっと戸惑う。
実は、ベロニカはトニーと別れてエイドリアンと付き合うようになったのだった。
そしてその彼はやがて自死してしまっていた。
そんなエイドリアンの日記をがなぜセラが持っていたのか。しかもベロニカはその日記をトニーへ渡さないと言っているという。はて?

 

この映画は初老となった主人公のトニーが青春時代を振り返る物語。
エイドリアンと親しくなった高校時代のこと。
大学生となったトニーがベロニカと出会い、つき合った日々のこと。ベロニカの家族にも紹介された日のこと。
そして、つきあい始めたベロニカとエイドリアンの二人へ送った手紙のこと・・・。
甘い青春時代の思い出・・・のはずだった。

 

しかし、数十年ぶりに再会したベロニカ(シャーロット・ランプリング)が突きつけてきた過去は、トニーが思い込んでいたものとはまったく違っていた。
ああ、そうだった、本当は、自分はベロニカとエイドリアンに酷いことをしてしまっていたのだった・・・。
自分は、都合のいいようにしか覚えていなかったんだ・・・。

 

現在のトニーは妻とも別れ、身重な一人娘からも疎んじられ気味。
それもこれもトニーが偏屈で、他人に思いやりがないから。

 

主人公役が分別があり、人徳もありそうなジム・ブロードベンドが演じているので、つい、好い人のように思わされそうになる。
主人公は、結局はかっての自分の未熟さ、残酷さを吐露して甘えているだけのように思えてしまった。
若かった自分はこんなにも愚かだったんだ、許してくれ。
どうもそれだけでかつての過ちを払拭しようとしているように思える。

 

しかし、そんな簡単なことではないぞ。
シャーロット・ランプリングの冷ややかな視線を見れば、そんなことで許されていないことはひしひしと伝わってくる。
薄い唇をわずかに上げた皮肉っぽい彼女の表情は、主人公の謝罪を敢然と拒否している。
出番はそれほど多くはないのだが、ランプリングの存在感はやはりすごい。

 

映画は、過去と向き合おうとしたトニーが今の自分も省みるようになって、別れた妻、娘との関係修復をなしていく。
トニーが自分の過ちを認めたことで、これからの生き方は変わっていくのだろう。
いささかきれい事過ぎるきらいはあるようなのだが・・・。

 

誰でもが、若かった頃の行為にはなにがしかの忸怩たる思いがあるのではないだろうか。
記憶は自分の都合のよいように改変されるのが常である。
あの頃のことは、はたして自分が思い込んでいた通りだったのだろうか。
我が身を振り返れば、背筋が薄ら寒くなってくる事柄もあるのだ。

 

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」 (2020年)

f:id:akirin2274:20211018151956j:plain

2020年 イギリス 164分
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
出演:ダニエル・クレイグ、 レア・セドゥ、 ミラ・マレック、 

   ラシャーナ・リンチ、 アナ・デ・アルマス、 レイフ・ファインズ

最後のダニエル・クレイグ・ボンド。 ★★★★

 

前作でもうないのかと思っていたクレイグ・ボンド。作られたのだっ!

第5作目にして最終作。
007シリーズとしては第25作となる。

 

今作は「スペクター」での物語を引き継いではじまる。
MI6を引退したボンドはマドレーヌ(レア・セドゥ)と平穏な日々を過ごしていたのだ。
しかし、スペクターはボンドをほっておいてはくれなかった。

 

容赦なく襲ってくる敵、高い橋の上からのダイブ。
そしてボンドカーに乗ったボンドとマドレーヌに撃ち込まれる銃弾の雨。
防弾仕様になっている窓ガラスに次第にひびが入ってくる。
どうなるかと思ったときに、ヘッドライトに仕込まれた機銃が回転するボンドカーから発射される。すさまじい銃撃。
これまでの007シリーズに引けを取らないアクション場面の連続で魅せてくれる。

 

マドレーヌにも引きずっている過去の秘密があったのだ。
この作品の冒頭には、幼かったマドレーヌを死の淵まで追いやり、そして氷の湖から引き上げた能面の男、サフィン(ミラ・マレック)が登場していた。
そして思いの行き違いから別れてしまうボンドとマドレーヌ。

 

二人の駅での別れの場面は好かった。
まるでラブ・ロマンス映画のよう。
走り出す列車に寂しそうに乗ったマドレーヌは、そっと自分のお腹に触れる。これは・・・。

 

キューバでボンドと共に戦う現地諜報員のパロマ役にアナ・デ・アルマス。
黒のドレス姿でのアクションが美しい。
そういえば彼女は、「ナイブス・アウト」でも私立探偵のダニエル・クレイグと一緒に殺人事件の解明に当たっていた。

 

パロマは3週間しか訓練を受けていないのにその戦闘能力には云う事なし。
おまけにちょっと天然なところもああって、そのアンバランスさがなんとも好い。
魅力たっぷりに活躍してくれていたのに、「私はここまでよ。」
おいおい、退場してしまうのかよ。名残惜しいなあ。

 

別れたマドレーヌと5年後に再会するボンド。
おお、レア・セドゥは復活してくれたんだ。好かった好かった。
そしてマドレーヌには5歳になる娘がいた。青い眼の、この娘は・・・・?
1作ごとに相手をかえるプレイボーイのボンドなんて、もうどこにも居ないぜ。

 

今回の真の悪役サフィンに扮したレミ・マレックは、ちょっと迫力不足だった。
能面を被って登場したり、日本趣味のアジトを作ったりしていたが、何だかなあ、という感じだったのは残念。
(監督が日系人だったからか、ボンドに土下座をさせていたのも違和感ありだった 残念)

 

クライマックスで乗り込んだサフィンのアジトでの銃撃戦。
筒状の天井の通路で、ボンドがこちらを振り返って銃を撃つ。
おお、これは007シリーズのオープニングのお約束映像ではないか!

 

(以下、ネタバレ)

 

まさかクレイグ・ボンドがこのような結末となって終わるとは思っていなかった。
それだけに私の中での余韻はすごかった。
クレイグ・ボンド以前の007がこれほどに一人の女性に愛を捧げたことがあっただろうか。
これまでの007の中でもっとも人間味のある007だったのではないだろうか。
マドレーヌが娘にジェームズ・ボンドという名前を教える最後の場面も好かったなあ。

 

(ちょっとツッコミ)
今回のウイルスは、キューバでは皮膚に感染しただけで人は即死していた。
しかし体内にウイルスが入ったというボンドは静かに死の時を迎えていた。
この差はどこから? 何かわたしが勘違いしている?

 

今回はあの表示はもうないのかと思っていた。
しかし、エンドロールのあとにお約束の表示が出た・・・ジェームズ・ボンドは帰ってくる・・・。
そうか、007は別の人が受け継いでいくのか・・・。
安心したような、ちょっと残念なような・・・。

 

「タクシードライバー」 (1976年)

f:id:akirin2274:20211014201407j:plain

1976年 アメリカ 114分
監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、 ジョディ・フォスター

病める大都会の夜。 ★★★

 

ラヴィスロバート・デ・ニーロ)は、ベトナム戦争帰りの元海兵隊員。
戦争体験によっての不眠症に悩まされていた彼は、タクシードライバーとなって夜のマンハッタンを走り続ける。
そこは麻薬と性欲によって汚染された街だった。

 

ジャズの雰囲気たっぷりの音楽が好い。
トム・スコットのアルト・サックスが夜の大都会に染み込んでいく。
作曲はヒッチコック映画の音楽をいくつも手がけたバーナード・ハーマン
この映画のサントラCDは愛聴盤の一つである。

 

社交性にも欠けたトラヴィスは見そめた彼女に強引に、しかしぎごちなく近づいていく。
しかし、最初のデートで、彼女と一緒にポルノ映画を見に行くかよ(呆気)。
しかも彼女がそのことに怒り始める理由がトラヴィスには判らないのだ。
おいおい、どこまで病んでいるんだ・・・。

 

画面がざらついているように捉えられる夜の街が美しい。
降りしきる雨を間断なく払うワイパー。
どぎつい電飾に飾られた街の風景が雨に滲んで、猥雑な雰囲気を伝えてくる。

 

ロバート・デ・ニーロは代表作といえる映画を何本も持っている。
しかしこの映画はそれらのなかでも彼の存在感がひときわ光っている。
大統領候補を暗殺しようとして演説会場に現れたときの彼の出で立ちは、モヒカン刈り。
そりゃ警備員に制止されるほどに異様で、狂気ぶりが際立っていた。

 

そしてこの映画で刮目したのはジョディ・フォスター
14歳の彼女は、幼い娼婦という役をコケティッシュに演じていた。
すごい役者ぶりだった。

 

この、どこまでも暗く閉塞感に満ちた大都会の夜は、主人公の心の中にも広がっていたのだろう。
社会に対する怒り、そして大都会の中での孤独感。
重い余韻を残す作品だった。さすがスコセッシ監督。

 

アメリカン・ニューシネマの代表作のひとつとされる。
カンヌ映画祭パルムドール賞をとっています。

 

「素直な悪女」 (1956年)

f:id:akirin2274:20211011102005j:plain

1956年 フランス
監督:ロジェ・バディム
出演:ブリジッド・バルドー、 ジャン・ルイ・トランティニヤン、 クルト・ユンゲルス

健康なお色気映画。 ★★☆

 

舞台は陽光がまぶしい南フランスの田舎町。
孤児院から引き取られてきたジュリエット(ブリジッド・バルドー)は、干し物の陰で全裸で日光浴をする様な奔放な娘。
もちろん言い寄る男たちも多く、町の大人たちからは悪女とかあばずれとかふしだらとか噂されている。
でもそんなことはまったく気にしないジュリエット。

 

ロジェ・ヴァディム監督の最初の作品であり、当時の妻だったバルドーをこの映画で世に送り出した。
バルドーが一躍、「小悪魔」として脚光を浴びた記念的な作品である。
ヴァディム監督は、バルドーのあとの奥さんであるジェーン・フォンダにしても、とにかく自分の奥さんをこれでもかと魅力的に撮る。
奇想天外なSF映画「バーバレラ」では、ジェーン・フォンダがいきなり無重力状態で着替えをした。私のお気に入り映画。
一種の才能だな。

 

さて。
初老の紳士エリック(クルト・ユルゲンス)は、ジュリエットが気になって仕方がない。
孤児で継母からいじめを受けている彼女に親切にするが、理性があって、節度をもって接している。
ドックを経営している3兄弟の長男アントニーは、ジュリエットとは遊びと割り切ってつきあっている。
そのつもりだったが、実は本気で彼女に惚れていたりする。
一方、次男のミシェル(ジャン・ルイ・トランティニアン)は、生真面目で不器用。
ジュリエットにおずおずと告白をしたりするのだが、冴えないことこの上ない状態。
こうして3人の男性がそれぞれの思いでジュリエットと関わっていく。

 

とストーリーを紹介したが、この映画の見所は、いってみればバルドーのその自由奔放な魅力。ただそれのみ。
ストーリーなんてとってつけたようなもので、まあ、どうでもいいもの(汗)。
当時22歳、ただただ可愛いバルドーである。

 

「友達が欲しいの」、「明日死ぬような気がしてバカやっちゃうの」と呟きながら男性に凭れかかるジュリエット。
どこか危うくて、どこか幼ない感じもする。
そのアンバランスな魅力がなんともいえず男心をくすぐる。
最後のあたりで、何かが吹っ切れたようにバルドーがキューバ音楽で踊りまくるところは、もう彼女の魅力全開である。

 

バルドーはこの映画の完成後に、共演をしていたジャン=ルイ・トランティニャンと恋愛関係になり、ヴァディムとは別れている。
皮肉と言えば皮肉である。

 

さあ、男を誘い込むような唇と、つんと突きでた胸と、細くくびれた腰にうっとりしましょう。
やっぱり男のための映画だな。

 

 

「007/スペクター」 (2015年)

f:id:akirin2274:20211008184708j:plain

2015年 アメリカ 148分
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、 レア・セドゥ、 モニカ・ベルッチ、 レイフ・ファインス

クレイグ・ボンドの第4弾。 ★★★☆

 

スカイフォール」に続けての007復習。
いわずとしれたこのシリーズ、通算24作目となる。

 

ダニエル・クレイグ・ボンドとなって、すっかり本格派アクション映画となった。
かってのロジャー・ムーア・ボンドやピアース・ブロスナン・ボンドに比べるとユーモア感覚、お遊び感覚がなくなって、ガチになっている。
それを007らしくないと不満の人も、当然いたわけだが、私はクレイグ・ボンドの大ファンである。

 

今回の敵は、なんと宿敵“スペクター”。
たしか第1作の「ドクター・ノオ」のときも007の敵はスペクターだった。敵の主役だった。
いつからかスペクターは敵の主役組織から消えていたのだが、今回で復活したというわけだ。
映画タイトルを聞いた時から、なに?スペクターが復活!と感慨深かった。

 

さて、本編。
メキシコの死者の祭の雑踏での追跡劇から始まり、ロンドン市街や雪山、列車内でのアクションと、これまでの007シリーズを彷彿とさせる場面もあった。
お約束のアストン・マーチンも復活して、嬉しいかぎり。

 

前作から登場しているM(レイフ・ファインズ)、Q(ベン・ウィショー)、それにマネーペニー(ナオミ・ハリス)がしっくりとしてきている。
特にQがあまりに若くて、前作では違和感も感じたのだが、今作ではがっちりと活躍して好い感じになっていた。
前作では007を撃ち殺しそうになったマネーペニーだったが、小悪魔的で、好いよ。

 

前半のボンド・ガールにモニカ・ベルッチお姉さま。さすがに貫禄。
でも、出番は少なめだった。
こんな大女優を起用しておきながら、もったいないなあ。

 

そのあとに登場する今作のヒロインが、マドレーヌ役のレア・セドゥ。
彼女はどの映画ででもどこか不思議な魅力をたたえている。
どこからそういう雰囲気が来るのだろうと思っていたのだが、ああ、そうか、彼女はいつも不満げな表情、拗ねたような表情をしているんだ(苦笑)。

 

そして今作の敵が因縁のスペクター。
その首領が、ボンドの過去にも関わるブロフェルド(クリストフ・バルツ)。
実は、ボンドの養父はブロフェルドの実父だったのだ。
二人は幼なじみで、まだ少年だったボンドとブロフェルドが並んで写っている写真は、あのスカイフォールの焼け跡から回収されている。
なるほど、ボンドの過去をからめて敵にもドラマを持たせている。好い。

 

これまでの作品の敵も、実はすべてスペクターの一員だったのだ。
マッツ・ミケルセンや、ハピエル・バルデムなどが演じた敵も、スペクターだったのだ。なるほど、そうだったのか。

 

そしてボンドが乗り込んだスペクターのアジトには、ボンドに見せつけるように、これまでに死んでいった人たちの写真が掲げられていた。
敵もいるし、Mだったジュディ・デンチなどの死んでしまった仲間もいた。
おお、走馬燈のようなこれは、いわば007シリーズの総括ではないか・・・。
とすると、これは・・・。

 

最後、宿敵を倒して立ち上がったボンド。
少し離れたところで彼を見つめるM。そしてその反対側で彼を見つめるマドレーヌ。
ボンドは手にしていた銃を投げ捨てると、Mには背を向けてマドレーヌの方へ向かって歩いて行く。

 

ああ、そうか、ボンドはMI6ではなくて、マドレーヌを選んだということだね。
007はもう退職して、このシリーズもこれで終わりなのかと思わされたエンディングだった。

 

しかし、第25作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」でクレイグ・ボンドは戻ってきた。
さあ、いよいよ最後のクレイグ・ボンドを観に行くぞ。

 

 

 

「007/スカイフォール」 (2012年)

f:id:akirin2274:20211005230033j:plain

2012年 イギリス 142分
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、 ハビエル・バルデム、 レイフ・ファインズ、 
    ジュディ・デンチ、 ナオミ・ハリス、 ベン・ウィショー

007シリーズ23作目。 ★★★☆

 

ダニエル・クレイグ・ボンドの新作「ノー・タイム・トゥ。ダイ」が公開されたので、復習をかねて3回目の観賞。
これはクレイグ・ボンドの3作目。

 

私はショーン・コネリー・ボンドの第1作からすべてリアルタイムで観てきている。
お気楽な頃のボンドも好かったが、クレイグ・ボンドになってからのリアル・アクション路線は一番のお気に入りになった。

 

今作を初めて観る前は、監督がサム・メンデスと聞いて、へえ~と思った。
なにしろアカデミー監督賞を取った 「アメリカン・ビューティ」 にしろ、タイタニック・コンビが夫婦役を演じた 「レボリューショナリー・ロード」 にしても、一見幸せそうに見える家庭の崩壊を描いた作品だった。
まさかその彼が007を撮るとは・・・。

 

今回もリアル感に溢れた肉体勝負だった。
冒頭からトルコの屋根の上のバイクでの追跡劇、列車の屋根での格闘、と、もうこれでもかと魅せてくれる。
好いねえ。
しかし、同僚のイヴ(ナオミ・ハリス)の誤射によってボンドは水中に落ちていく・・・。

 

今回の悪役シルヴァは、ハビエル・バルデムが演じている。
これはすごい。なにしろ コーエン兄弟の 「ノーカントリー」 の、あの怖ろしい殺し屋である。迫力は満点 (でも、ペネロペ・クルスの旦那なんだよねえ。美女と野獣?) 。

 

全体の物語にも荒唐無稽さはない。
敵のシルヴァは全くの個人的な恨みからMI16を恨んでいる。
そして、”ママ”である M(ジュディ・デンチ)に対する憎悪と、歪んだ愛情がからみ合っている。
なるほど、とても人間くさい動機である。
そう考えると、監督はサム・メンデスでいいわけか・・・。

 

この映画のとき、007は50周年だった。
そこで新しい雰囲気にしようというところが随所に見られる。
映画の中でも、MI16といった諜報機関が今の時代に必要か?と政府から問いなおされている。
そうなのだ、映画としての「007」も、もう時代遅れなのではないか?と、自ら問いなおしているようなところがあった。

 

配役の交代として、新しく登場したQ(ベン・ウィショー)がまるでオタクの若者だったのはちょっと意外だった。
そのQが、ペン型の爆弾? あれはアンティークさ、と言う。
おお、リアリティ志向の007だ。もうロジャー・ムーアの時代じゃなくなったんだ(苦笑)。

 

それでいて、オマージュのように、ちゃんとアストン・マーチンを登場させてくる。憎い。
かってのボンド・カーを彷彿とさせて、車体は防弾仕様、フロントには機銃が仕込んである。
これがクライマックスでは大活躍をする。

 

(ちょっとした蘊蓄)
上海でシルヴァの部下が要人を狙撃する場面がある。
そこにこっそりと売買されようとしていた名画はモディリアーニの「扇子を持つ女」だった。
実際のあの絵はパリの美術館から盗まれ、今も行方不明になったままである。
そうか、あんなところにあったんだ(笑)。

 

シルヴァの本拠地として、長崎の軍艦島がロケ地になっていた。
007で日本がロケ地になったのは、浜美枝がボンド・ガールになって姫路城で撮った作品以来ではないだろうか。

 

シルヴァに狙われたMを守るために、ボンドは自分の生地”スカイフォール”へと戻ってくる。
その地の寒々しい荒野に建つ家での激しい攻防戦が始まる。
そしてついにMは・・・。
自己否定と自己肯定がない交ぜになっているようで、少し暗くて、どこか寂しさの漂う本作だった。

 

さてエンディング。
新しいマニーペニーが登場するし (まさか彼女とは! 好いねえ)、新しい M が登場する。
この次の「スペクター」では、第1作からの仇敵が復活するわけだ。

 

「ヒトラー ~最期の12日間~」 (2004年)

f:id:akirin2274:20211003203200j:plain

2004年 ドイツ 155分
監督:オリバー・ヒルシュゲーブル
出演:ブルーノ・ガンツ、 アレクサンドラ・マリア・ララ

実録ドラマ。 ★★★☆

 

同名の研究書があるようだ。それに、この映画の語り手ともいうべき、ヒトラーの秘書を務めたユンゲの回想録「私はヒトラーの秘書だった」を基に作られている。
かなり史実に近い描かれ方なのだろう。

 

最期の12日間ということなので、すでに各地での戦闘でドイツ軍は敗走をつづけている。
いつベルリンに連合軍が侵攻してくるか判らない情勢となっている。
それなのに、既に正気を失っているように癇癪を爆発させるヒトラーは、援軍がくるんだっ!とわめき散らす。
そんなヒトラーの言葉にはもはや真実がないことを知りながら、高官たちは反論もできない、忠告もできない。

 

こんな情勢に陥っても、まだ、ヒトラーの言葉は絶対的なのだ。
ものすごい狂信ぶりである。
まるでオカルト的なある種の新興宗教の教祖のようである。

 

ブルーノ・ガンツ扮するヒトラーが実にそれらしい(と言って、もちろん本人を知っているわけではないが 笑)。
我々が思い描くヒトラー像を生々しく見せてくれる。
ヒトラーパーキンソン病だったとの噂もあるが、映画では片手の指が不随意に激しく動いていた。
リアリティがあるなあ。

 

映画の中盤、ああ、この場面は・・・。
そうなのだ、You tubeで抱腹絶倒だった「総統閣下はお怒りのようです」シリーズの元映像が出る。
そうか、「スターリン」の名前が出て、「アンポンタン」とか「ば~か!」と総統閣下が言っていたのは、こういう場面での当て振りだったのか。

 

呆気にとられるのは、ベルリンはすでに陥落寸前なのにいまだに赤狩りを続けている共産主義者がいたりすること。
それに半ば廃墟と化した市街でユダヤ人の静粛を続ける軍人もいる。
どこまで洗脳されてしまっているのだ。

 

あのゲッベルスは公然と言う、「こんな事態になったのもベルリン市民自身が選んだ運命だ。我々は国民に強制はしていない。彼等が我々に委ねたのだ。自業自得なのだ。」
第一次大戦で敗戦国となったドイツ国民はナチスを、ヒトラーをどんな気持ちで必要としたのだろうか。
その狂信ぶりを私たちは他人事として映画を観ているわけだが、一歩間違えれば私たちもヒトラーを生んでしまうかもしれない。
そんな熱に浮かされるような危うさはいつの時代にも、どこの国にもあるに違いない。

 

ついにドイツ軍司令部近くにまで連合軍の砲撃がおよんでくる。
その極限状態の中で、ヒトラーは長年の愛人だったエヴァと結婚をする。
エヴァもまた狂気にとらわれていたのだろうか、それとも究極の愛があったのだろうか。
そして、絶対に私の屍体を敵に渡すな、と言い残してヒトラーエヴァと二人で自決する。

 

側近の中ではゲッペルスが印象的だった。
宣伝担当大臣としてナチスプロパガンダを広めた一番の人物。
ヒトラーには重用されており、最期まで(陰湿に)支えていく。
演じた俳優も骨張って眼がぎょろっとしていて、なんだか嫌~な感じの人物像になっていた。

 

そんなゲッペルスにも6人もの子供がいた。
敗戦を覚悟したゲッペルスは、奥さんが子どもたちを毒殺したあとに、夫妻で自決していく。
他にも、ヒトラーの死後もなお忠誠を誓って自決するものが少なからずいた。

 

ことさらにヒトラーを糾弾したりとか、反戦を唱えたりとか、そんなことは一切ない作品だった。
ただドラマを映している。
それだけに実録映画の持つ重さが確かに感じられるものとなっていた。