あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。約2000本の映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「アイガー・サンクション」 (1975年) 殺し屋イーストウッド雪山物語

1975年 アメリカ 128分
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、 ジョージ・ケネディ

山岳アクションもの。 ★★★

 

イーストウッドの監督第4作(だったはず)。
アイガー北壁を舞台にしたサスペンス・アクションもので、主役はもちろん自身で、格好良くて、もちろん女性にもモテモテといった人物像にしているところはご愛敬。

 

かつては登山家だったヘムロック(クリント・イーストウッド)は、今は絵の教師として暮している。
しかし彼にはCIAに依頼される一流のプロの殺し屋だったという過去があったのだ。
なに、登山家で絵画コレクターで、しかも殺し屋? 
なんか滅茶苦茶な設定だが、まあ、物語のためには目をつぶろう。

 

今回の依頼の制裁(サンクション)は、標的人物の名前も人相も一切不明というもの。
唯一の情報は、その標的がアイガー登頂を目ざす国際登山チームの一員であり、片足が不自由だということだけ。
仕方がない、俺もアイガー登頂のパーティに加わるよ。その途中で事故に見せかけて始末するよ。
おお、さすがは一流の殺し屋だ。

 

この映画の特筆点は、実写の山登り場面。
アイガーに登るために、ヘムロックは旧友のベン(ジョージ・ケネディ)とともに訓練を始める。
この練習風景からしてすごい。岩だけがそそり立っているようなとんがり山(?)に登るのだ。

 

CGなど使えない時代だから、これらの映像はみんな本物。すごい。
演じている俳優もすごいが、それをどうやってこのカメラ位置で撮ったのだろうと、それにも感心してしまう。
もちろん、ドローンもないわけだし。

 

そしてアイガーの麓にメンバーが集まってくる。
登頂隊パーティのメンバーはヘムロックの他に3人。そして麓には登頂隊を支援する隊長のベンが控える。
この隊の中に標的がいるわけだが、はて、誰なのだ?
メンバーは自信満々の鼻持ちならない奴や、美人の奥さんが浮気をしないかと心配している少し情けない奴などなど。

 

ついにアイガー登攀が始まる。
4人の男たちは助け合いながら垂直にそそり立つ岩壁をよじ登る。
私のような高所恐怖症の者には、もう映像を見ているだけで尿失禁してしまいそう(苦笑)。

 

そして山の天候は急に変化する。あっという間に猛烈な吹雪になってくる。
パーティは無事に下山することができるのか?
この山岳アクションの迫力はたいしたもの。これは見る価値あり。

 

そこにサスペンスを絡めているわけだが、こちらの部分はそれなりどまり。
ヘムロックと共に登攀した3人の容疑者はそれぞれの運命をたどり、で結局、標的は誰だったかというわけだが・・・。
まあ、ちょっと甘いかな・・・。

 

(言わずもがなのツッコミをひとつ)
ちゃんとした諜報機関が暗殺計画をしたのであれば、なんでわざわざ山でことを起こすのかが判らない。
山に登る前にでも仕事をしてしまえばいいのに(汗)。
でもそれじゃ映画にならないものねえ。

 

「サイバー・トラップ」 (2021年) 引きこもり?の音声分析エンジニアが頑張る

2021年 アメリカ 89分
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ゾーイ・クラビッツ

サスペンス・アクションもの。 ★★☆

 

ヒロインのアンジェラ(ゾーイ・クラビッツ)は、”KIMI”という、アレクサのような、SiriのようなAIの音声認識を検証するのが仕事。
ある日、彼女は女性の悲鳴、殴られる音、そして、銃声の記録を聞く。
あれ、これは殺人事件ではないの? 警察に通報しなくては・・・。


 
しかし、アンジェラは家の外に出ることができない広場恐怖症だったのだ。
この病名は聞いたことがあるがどんなものかはよく知らなかった。
意を決して警察に行こうとするアンジェラは、フードをすっぽりとかぶる。
おそらく視界を狭くするためなのだろう。周りが見えすぎてはいけないのだな。
そして移動するときも、常に建物に身を寄せて広い空間には出ないようにする。
なるほど、こういう病気だったのか・・・。

 

そしてやっとたどり着いた役所で通報しようとすると、あれ?私、狙われている?
事件を隠蔽しようとする組織が彼女の口を封じようとするのだ。
さあ、闘わなくては・・・。

 

蒼い髪のゾーイ・クラビッツは、少し腺病質な雰囲気を醸し出していて、魅力的な人物像となっていた。
人付き合いが上手くはなく、自分に閉じこもっていた感じがよく出ていた。

 

監督がソダーバーグというので観たようなものだったが、有り体に言ってそれほどの出来ではなかった。
なんか当たり外れがあるよね、ソダーバーグ作品は(苦笑)。
しかし一定のレベルではあるので退屈するようなことはなかった。

 

後半になるとサスペンス映画からアクション映画へと変わってくる。
KIMIを利用したりしてアンジェラは頑張るのだ。
電動釘打ち機(エアタッカーと言うらしい)で痛快に敵をやっつけてもくれるのだ。

 

勇気を振り絞って頑張った事件が終わって、アンジェラも新しい自分に変わっていく。
なかなかにすっきりとした結末だった。
KIMIに語りかけたときの返事、「いますよ」が以外に残るなあ。

 

それにしても、本当にAIの音声分析を人がするの?
スマホで検索したら、もしかして、ああ、この人はこれから焼き肉屋に行こうとしているな、なんて判ってしまっている? 
そう考えると、便利な反面、怖ろしい世の中だ。

 

「サイゴン・クチュール」 (2017年) タイムスリップして落ちぶれた未来の私に会ったら、どうする?

2017年 ベトナム 100分
監督:グエン・ケイ
出演:ニン・ズーン・ラン・ゴック

女子向けタイムスリップ映画。 ★★☆

 

ベトナムを舞台にしたり、ベトナム戦争を絡ませた映画は枚挙にいとまがない。
しかし、ベトナム映画そのものというと、トラン・アン・ユイ監督の「夏至」ぐらいしか観たことがなかった。
ベトナムの映画事情はどうなのだろうか?

 

さて、この映画のキャッチ・コピーは、「プラダを来た悪魔+バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
なに、ヒット映画の好いとこ取りか。
はたして上手くいっているのだろうか?

 

舞台は1969年のサイゴン。ヒロインはミス・サイゴンに選ばれ続けているニュイ。
彼女は9代も続くアオザイの名門仕立屋の娘だった。
しかし彼女は、家業であるアオザイを古くさいと貶し、モダンな服のデザインに夢中だった。当然のことながら、伝統的なアオザイに誇りを持っている母親とは喧嘩ばかり。

 

アオザイはきっちりと採寸し、その人の身体のラインにぴったりと合わせて仕立てるようだ。
そんなところはチャイナ・ドレスに似ている(男性目線では、つい胸のラインに注目してしまう 汗)。
アオザイでは腰からは深いスリットが入っているが、下にスラックスをはいている。

 

さて、モダンな服のデザイン・ショップを夢見て母親といがみ合っていたニュイだったが、ある日突然、現代(2017年)にタイムスリップしてしまう。
えっ!
そこで出会った未来の自分は、なんと酒浸りで自堕落な人生負け女だった。
えっ、なんでこんなことになっている? こんな無様な未来の自分は、イヤっ!

 

実はニュイの母が急逝した後に店は上手く行かなくなり、一番弟子が引き継いでアオザイ作りの伝統を守っていたのだった。
落ちぶれてやさぐれた47年後の自分の姿を見たニュイ。
何とかしなければ! 彼女はベトナムのトップデザイナーのもとで働くことになる。

 

ここから、時代の違いによるファッション感覚のずれもあって恐いもの知らずのヒロインのがんばりが始まる。
上司は皆が一目置くトップデザイナー。サイゴンのセレブ御用達のデザイナー。
(実は、亡き母の一番弟子の娘だったりする)。
ニュイは次第のその上司にも注目されるようになっていく。

 

このあたりが「プラダを着た悪魔」風味になっているといえるのだろう。
そしてついにニュイはその上司からの無理難題を突きつけられる。
その難題とは、なんとニュイが嫌っていたアオザイの現代風の新しい感覚のデザインである。
えっ、私、アオザイの作り方なんて知らない! 母にも教わることをしなかった・・・。

 

この映画の面白いところは、過去からやって来たニュイと、47年後の今のニュイが同時に存在しているところ。
このあたりは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」風なのだろう。
過去からやって来たニュイは、だらしない自分に、どうしてもっときちんとアオザイの作り方をお母さんに聞いておかなかったのよ、と文句を言ったりする。
でも、それって自分がしたことなんだよね。

 

この映画の始めの舞台は1969年のサイゴンである。
それはちょうどベトナム戦争の真っ最中の時期なのだが、その雰囲気はまったく感じられないような作りになっていた。
エンタメ映画だと割り切って、意図的にそうしたのだろうな。

 

2017年の世界でアオザイの魅力を再発見したニュイは、またひょんなことで1969年の世界に戻っていく。
そしてまだ存命の母に会うのだ。もう自分勝手な私ではないわ。

 

どこか垢抜けない雰囲気はあるのですが、素直に楽しめる内容でした。
一昔前の邦画を見ているような気分にもなれます。

 

「ブレット・トレイン」 (2022年) ほら、スカイツリーだよ、ほら、五重塔だよ

2022年 日本 126分
監督:デビッド・リーチ
出演:ブラッド・ピット、 アーロン・テイラー=ジョンソン、 真田広之

ぶっ飛び列車内アクションもの。 ★★★☆

 

原作は伊坂幸太郎の殺し屋シリーズのひとつ、「マリアビートル」。
登場人物がみんな殺し屋というところがユニークで、人を食ったユーモア感覚があるところが伊坂らしいシリーズ。
さてこれをどんな風に映画化したのだろう?

 

設定としては東京から京都へ向かう超高速弾丸列車(新幹線ではない! 念のため)内でくり広げられる殺し屋たちの乱闘劇
主人公はちょっと気のよさそうな殺し屋レディバグ(ブラッド・ピット)。
ブラピの魅力満載の映画となっていた。

 

その彼がマリアから請けおったミッションは、弾丸列車内でブリーフケースを盗んで次の駅で降りる、というもの。
単純明快ね、簡単な仕事だなあ。ほいほいと片付けてしまいましょ。
のはずだったのに、なぜか次々にあらわれる殺し屋たちと戦う羽目に。
どうしてこんなことに?

 

黒人と白人の双子(?)の殺し屋や、ぶりっ子のような少女殺し屋、などなど。
狭い列車内での乱闘は迫力満点。
おまけに、ちらほらと乗っている一般乗客には気づかれないように戦うというコミカルな側面もみせてくれる。

 

それにこの映画のもうひとつの見どころは、これ、日本?というずれ具合。
冒頭の東京駅からして、おお、おお、と嬉しくなるような異界の風景がひろがる。
外人が考える日本て、どこかチャイニーズ風味? 日本らしさが微妙にずれているところが観ていて楽しい。

 

それに、この弾丸列車(再度断っておくが、形が似ていても新幹線じゃないよ 笑)は夜中も走り続ける。
夜が明けてもまだ終点の京都へ着かない。東京~京都間って遠かったんだ!

 

入り乱れる殺し屋たちの中ではブラピに次ぐ位置を占めていた双子(?)の果物殺し屋に肩入れしてしまっていた。
特に黒人のレモンは愛すべきキャラクターだった。
最後においしい所を見事にかっさらって行ったし、ね。

 

サンドラ・ブロックが友情出演していると聞いていたのだが(サンドラの映画「ザ・ロストシティ」にブラピが出たお礼らしい)、はて、どこに?
と思っていたら、ああ、そんなところにいたのか。
格好いい車で颯爽と画面に登場してきたのに、笑わせてくれるねえ。

 

伊坂幸太郎らしく、最後まできっちりと物語の帳尻を合わせてきていた。
そして同じ殺し屋シリーズの映画化作品「グラスホッパー」に比べると、格段にハリウッド製らしい派手なものになっていた。

 

もちろん、そのぶっ飛びアクションを楽しむ映画なのだが、伊坂の作品の底に流れているどこか切ない情緒といったものは皆無だった。
まあ、それは無い物ねだりというものだろう。

 

(おせっかい)
私は字幕版で観たのだが、始めのあたりは状況を理解するために割と多めの会話(字幕)に気を取られる。
せっかく面白い東京の街や駅の映像が出ているので、そちらを堪能するためには吹き替え版の方がよいかもしれません。

 

「闇のあとの光」 (2012年) 不思議な、高く評価されている作品

2012年 メキシコ 115分
監督:カルロス・レイガダス

理解不能だった映画。 ★★

 

カルロス・レイガダス監督についてはまったく知らなかった。
なんでも各地の映画祭等で高い評価を受けてきており、長編4作目となる今作もカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しているとのこと。
そうか、傑作という評価なのだな。

 

映画の舞台はメキシコの自然豊かな村。
そこで暮らす夫婦と2人の幼児たちを、何の説明もなく、ただ淡々と描く。
画面は、四方が歪んでいるというか、焦点をずらせているというか、妙な撮り方のものとなっている。
物語がどこか現実を離れたものであることを暗示しているかのよう。

 

幼子は牛を追い、犬と戯れ、驟雨がやってきたりする。
掘っ立て小屋のようなところでの依存症患者の集会風景、学生たちのラグビーの練習風景、そして中年男女のサウナ施設での乱交風景。
物語性には乏しく、脈絡もなくそれらが映し出されていく。

 

そしてある夜、主人公一家の家に赤く発光する”悪魔のようなもの”があらわれる。
それは家の中をめぐり、立ち去っていく。
この映画の一番の眼目がこの赤い発光体である。
それは何だったのか、それは何のためにあらわれたのか、そしてそれの出現によって人々の何が変わったのか・・・。

 

映される出来事も時間軸を前後させているようだ。
主人公たちの家に知り合いの男が盗みに入り、見つかった男は発砲して主人公が大怪我をしたり。
しかし、音楽も排した映像は淡々としており、何の感情の昂ぶりも見せずに映画は進んでいく。

 

ある解説によれば、「自然の中における人間の生と性を、神もしくは悪魔の視点を介在させつつ、レイガダス監督独自の美しい映像で描く」、ということらしい。

 

う~ん、そうなのか。
しかし、私にはまったくその目論見は判らなかった。
監督の目論見などは別にしたとしても、映画に惹かれるものが何も無かった。残念。

 

(後日談)
あまりに理解不能だったので、これは私の鑑賞眼が足りないのかもしれないと思い、再見した。
やはり、つまらなかったのだが、何かが記憶には残る作品。
これ、どういうことなのだろう。
理解云々というよりも、映画との相性がなかったということなのかな。

 

「女と男のいる舗道」 (1962年) 哀悼:J・L・ゴダール監督

1962年 フランス 84分
監督:ジャン・リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ

パリの街の一人の女。 ★★★☆

 

ゴダール監督が亡くなった。
彼の「気狂いピエロ」は私のベスト3の1本である。そして、1978年の商業映画決別までのゴダール作品は好きだった。
哀悼の意を込めて、長編第4作目の本作を鑑賞。

 

モノクロ。12章からなり、各章には短いキャプションがつけられている。
冒頭で、ナナ(アンナ・カリーナ)は夫と人生を語り合った末に別れることになる。
並んでかみ合わない会話をする二人の姿は背後から撮られ、ときおり向かいの鏡にナナの顔が映る。
そう、ゴダールの映画の会話は往々にしてかみ合わない。
人生での意思疎通なんて滅多にできることではないのだ、とでも言いたげ。

 

レコード店で働くナナは女優志望だったが、生活は苦しくなる一方。
つい男に誘われ体を許したナナは金を受け取ってしまう。やがてポン引きの彼ができ、ナナは次第に完全な娼婦になっていく。

 

物語の流れをわざと分断するように、各場面の映像は断片的に描かれる。
ゴダールはこうした章立ての組み立てをときおりおこなっていた。
長編映画を観るというよりも、アルバムに貼られた写真を次々に見ていくような感じで、各場面の隙間は観客が自由に想像してつなげていくわけだ。

 

印象的だったのはナナが映画館で「裁かるるジャンヌ」を観ながら涙を流す場面。
そしてビリヤード場でジュークボックスから流れる音楽に合わせて一人で踊る場面。
ここで流れるのがミシェル・ルグランの軽快な曲。コケティッシュで刹那的なナナによく合っていた。

 

カフェに居合わせた老人と哲学的な会話を交わす少し長目の章もあった。
含蓄の多いこの会話の相手は本当の哲学者だったとのこと。
すると、この会話は台本なしでおこなわれたのかもしれない。 ゴダールなら充分にあり得るな。

 

ラストで、ポン引きの彼からギャング組織に売られることになってしまったナナは、争いに巻き込まれて銃で撃たれてしまう。
勝手にしやがれ」でも「気狂いピエロ」でも、現の世界から飛びたつ手段は自らの死だった。
あっけなく、この世界の約束事をご破算にしていくのだ。

 

初期のゴダールらしい作品。さすがに好い。
前髪ぱっつんのアンナ・カリーナも、もちろん美しい。

 

「私が、生きる肌」 (2011年) 貴方はどこまでついて行ける?

2011年 スペイン 120分
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:アントニオ・バンデラス、 エレナ・アナヤ、 マリサ・パレデス

ド変態、それとも狂気? ★★★

 

これぞアルモドバル監督の本領発揮!という映画になっていた。
並の神経ではこんな物語を映画にはできないだろう・・・。

 

主人公のロベル(アントニオ・バンデラス)は人工皮膚の権威であるような形成外科医。
彼の大邸宅の一室には特殊なボディ・ストッキングをまとった美女ベラ(エレナ・アナヤ)が幽閉されていた。
はて、彼女は何者? なぜこんな状況になっている?
しかも、ロベルがベラに再現しようとしているのは、亡くなった妻の顔なのだ。

 

始めのうちは、ただのド変態マッド・サイエンティストの話かと思っていた。
目を付けた女性をさらってきて、自分好みの顔かたちに整形して、自分の玩具にする・・・(汗)。
ところが、物語はそんな単純なものではなかった。
いや、いや、アルモドバル監督、さすがに一筋縄ではいかなかった。

 

主演はアントニオ・バンデラス
彼は初期のアルモドバル作品「アタメ」でも奇怪な人物像だった。
ヒロイン役のエレナ・アヤナはとても華やかで美しい女優さん。
身体の線をそのままあらわす特殊ボディ・ストッキング姿はなんともエロティックである。
(もちろんアルモドバル監督のことなので、惜しげもなく見せてくれる場面もあります)
そして訳ありの家政婦役にマリサ・パレデス。
彼女は「オール・アバウト・マイ・マザー」の名演を始めとして、もうアルモドバル監督作の常連。渋い俳優さん。

 

実は、交通事故に遭って一命を取り留めたはずの妻は、火傷のせいで醜く変貌した自分の顔に絶望して窓から身を投げたのだ。
俺が妻に元のような美しい顔を与えることができたなら、妻を失わなくてもすんだのだ・・・。
ロベルは激しく後悔する。

 

そして残された一人娘。
その娘も母を失ったトラウマからやっと立ち直りかけたのに、ある事件が原因で窓から身を投げる。
ロベルは激しく怒る、そして復讐を誓う。

 

さてこの映画、これ以上はストーリーの予備知識はなしに観る方が絶対に楽しめる。
なに、ベラの正体はそういうことだったのか!
えっ、それじゃロベルはそんな彼女と・・・!

 

ド変態なのか、それとも狂気なのか。
突き詰めると、この両者は同じ地点に向かってしまうのか。

 

アルモドバル作品の根底にはいつも母性への畏敬がある。
「オール・アバウト・マイ・マザー」はタイトルもそのままだし、ペネロペ・クルスがたくましく美しかった「ボルベール」もそうだった。
この作品でも、ロベルを支えたのは母親だったし、逃げ出したベラが一番に会いに行ったのは母親のところだった。

 

淡々としたオシャレな変態映画。
決して嫌いじゃないけど、あまりの変態ぶりに圧倒されてしまって、複雑…。