あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。約2000本の映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「オッペンハイマー」 (2023年) 

2023年 180分 アメリカ 我々は(世界を)滅ぼしてしまった・・・
監督:クリストファー・ノーラン
出演:キリアン・マーフィ、 エミリー・ブラント、 ロバート・ダウニー・Jr.、 マット・デイモン

実録伝記もの。 ★★★☆

 

原爆の父と言われたオッペンハイマーの人生を描く実録もの。
日本人にとっては否応なしに広島、長崎と結びついている人物である。どんな立場で鑑賞すればよいのか? いささかの迷いはあった。
あらかじめNHK映像の世紀オッペンハイマー」で予習をしたうえでの鑑賞だった。

 

ノーラン監督と言えば「ダークナイト」、「インターステラー」、「インセプション」、「TENET テネット」といった映像美にも凝った作品を撮ってきている。
そんな中で本作は「ダンケルク」でみせた史実に基づく骨太なものに通じる作品だった。

 

映画はオッペンハイマーキリアン・マーフィ)が共産主義国のスパイではないかとの疑いで開かれている聴聞会の場面から始まる。
そこから回想のようなかたちで時間軸がさかのぼり、過去と現在が交互に映し出されていく。
このあたりはノーラン監督の持ち味といった感じだった。

 

オッペンハイマーはとにかく傑出した才能の持ち主だったようだ。
第2次世界大戦中に彼はその才能をみこまれて、核開発を急ぐ米政府のマンハッタン計画の責任者に任命される。
ナチスが原爆を完成させそうなのだ、それより早く作ってドイツを攻撃しなければ・・・。

 

学者というのは、自分の才能が発揮できる場を与えられると、その研究自体の是非を問うことを忘れて研究してしまうという話がある。
それと同じように、軍人は新しい武器を与えられると、とにかくそれを使いたくなるのだとか。
どちらも恐ろしい話である。人間の悲しい性なのか。

 

映画はカラーとモノクロが混在してあらわれる。
どうやらオッペンハイマーによる視点がカラー映像で、本人以外の、たとえば彼と敵対するルイス・ストローズ(ロバート・ダウニー・Jr)などの視点がモノクロ映像だったようだ。

 

研究が着々と進み、いよいよ核爆発の実験の日となる。
爆破シーンはほぼ無音で、それが逆に恐怖を感じさせていた。
実験の成功に関係者たちは大喜びする。そりゃ、当事者としてはそうなのだろうけれど、自分たちが作ってしまったものが持つ意味を想像することはしなかったのだね。

 

やがてすでに敗戦は既定事実だったような日本に2発の原爆が落とされる。
原爆が落とされた広島の惨状をまったく語っていないという批判もあった。
しかしオッペンハイマー自身は広島の惨状を見ていないわけだから、それを映像で映さなかったことは理解できた。
彼が幻覚として見る映像は挟み込まれており、そこにはノーラン監督の反核思想があるように感じた。

 

オッペンハイマーは実際に使用された原爆の威力にあらためて衝撃を受けている。
被害国の人間としては、そんなことぐらい、核爆発実験のデータから判っていたことじゃないか、と言いたくはなる。
戦後、さらに激しい威力をもった水素爆弾の開発に反対するようになったのが、彼の人間性だったのか。
アインシュタインと会った彼は、我々は(世界を)滅ぼしてしまった・・・といった意のことを言っている。

 

戦後のアメリカでは反共運動が大きな波となる。アカ狩りがおこなわれる。
彼の弟が共産党員であり、妻(エミリー・ブラント)も元党員であったりしたことから、オッペンハイマー自身も共産国のスパイではないかと疑われるわけだ。
(彼を蹴落とそうとしたストローズ(ロバート・ダウニー・Jr.)は本当に腹が立つ奴だったな。)

 

映画自体は彼の人間性を鋭く描いていて、確かにすごい映画であった。
オッペンハイマーという人物に対する思いと、ノーラン監督が撮った映画そのものの評価は切りはなして考えるべきだ、という正論が当然ある。
しかし同時に、日本人なら当然抱くであろう複雑な感情もついてこざるを得ない映画、でもあった。

 

アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞編集賞、撮影賞、作曲賞の7部門で受賞しています。

 

「ウィ、シェフ!」 (2022年) 厨房ではシェフが絶対なのよ

2022年 97分 フランス 
監督:ルイ=ジュリアン・プティ
出演:オドレイ・ラミー、 フランソワ・クリュゼ

料理人ドラマ。 ★★☆

 

料理人や厨房を舞台にした映画は好みである。
食が人間の根源的な欲望に結びついているせいか、登場人物が生き生きと描かれていることが多い。
幸せのレシピ」「シェフ 三つ星フードトラック始めました」などはほのぼの系だったし、「ディナーラッシュ」などは普段はうかがい知れないレストランの裏側ものだった。

 

この映画のヒロインは腕はいいのだが人間関係が下手な女性シェフのカティ(オドレイ・ラミー)。
一流レストランのスーシェフ(副料理長のようなものらしい)だったカティは、シェフと味付けのことで大喧嘩をして辞めてしまう。
さあ、これからどうしようか。でも私の腕なら働き口に困るはずはないわ。

 

このヒロインは確かに腕はよくて、それゆえのプライドも高い。
自分の料理には妥協しないし、他人に文句も言わせない。
料理を食べた人は高評価をするのだけれども、人間関係を築くのがとてもへた。だから人生損ばかりしているような人。

 

さて。カティがやっと見つけた職場は、あれ?こんな職場? それにこんな厨房?
そこは大勢の移民少年たちが暮らす支援施設だったのだ。

 

移民大国のフランスにはこういう施設があるのだね。
成人になるまでにちゃんと修学できないと強制送還をされてしまうようなのだ。
少年たちも不安な毎日を送ってる。少年たちの行く末を心底心配している施設長のロレンゾ(フランソワ・クリュゼ)も一生懸命がんばっている。

 

しかし案内された厨房は荒れた感じの場所。
ロレンゾも言う、若者たちの食事なんて時間通りにおなかがいっぱいになればいいのさ。
冷蔵庫の中はレトルト食品の缶詰ばかり。
なによ、これ! 私がちゃんとした食事を作ってあげるわ!

 

当然のことながら少年たちはさまざまな事情を抱えている。
そんな彼らがおずおずとカティの料理作りを手伝うようになる。料理の面白さにみんな夢中になっていく。
カティの作る料理が美味しかったことはもちろん魅力だったのだろうが、その人柄も彼らに受け容れられたのだろう。
実はカティ自身も天涯孤独で施設で育った過去があったのだ。

 

料理を教えながらカティが少年たちに言う、厨房で返事をするときは、ウィ、シェフ!よ。

 

気になったのは食費も随分と限られていたのではないだろうかということ。
おそらく公共施設か、あるいはボランティア施設であるだろうし、運営資金がそれほど潤沢とは思えない。
材料費などどうしていたのだろうな。

 

まあ、それはさておき。
クライマックスは、TVの料理番組「クック」へのカティの出演。
応募した料理人たちが技を競って勝ち抜いていくという、日本でも時に観る料理番組の形式。
勝戦に残ったカティはTV番組の影響力に目を付け、移民少年たちの実情を訴え、彼らのための料理学校開設を訴える。

 

実際にモデルになった人がいたようだ。
その後、見事に料理学校を開設して少年たちに修学の実績を作って強制送還から救い、生きていくためのスキルも身につけさせた。

 

立派な事をなしたわけだが、人付き合いの苦手だった彼女もまた子ども達のおかげで生きる意味を見つけた面もあるのだろうな。
やはり美味しい料理は人を幸せにするのだよ。ウィ、シェフ!

 

「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」 (2003年) グッドモーニング、チャーリー!

2003年 アメリカ 106分 
監督:マックG
出演:キャメロン・ディアス、 ドリュー・バリモア、 ルーシー・リュー、 デミ・ムーア

健全お色気アクションもの第2弾。 ★★☆

 

美女3人のお気楽アクション映画の続編。
例によって3人のエンジェル、ナタリー(キャメロン・ディアス)、ディラン(ドリュー・バリモア)、アレックス(ルーシー・リュー)に新たな指令が下る。

それは、テロリスト集団に拉致された要人をモンゴル奥地のアジトから救出せよ、というもの。
そこでいつものように得意の変装でアジトに潜入し、華麗な(?)武術を駆使して任務を遂行する。

 

証人保護プログラムで匿う重要証人リスト。そして、そのリストにアクセスするための指輪など、それなりの物語はある。
それにディランの元彼なんかも絡んでくる。
と書いたが、まあ、ストーリーなんてどっちでもいい映画(汗)。

 

無駄なコスプレいっぱい、まったく強そうに見えないアクションもいっぱい。
それがこのシリーズの持ち味。
お馬鹿な3人のちょっと間の抜けたアクションを何も考えずに楽しむ、それが正しい鑑賞方法なのだよ。

 

前作もそうだが、彼女たちのアクションは銃をはじめとした武器を使わない。必ず肉弾戦なのだ。
もちろん彼女たちの(格好いい?)アクションを充分に見せるためであるのだが、この殺伐としたご時世に一切血を見せないというところが好い。

 

愉快だったのはアレックスのパパが娘の仕事を勘違いする件。
アレックスは仕事の内容を真面目に説明しているのだが、それはまるでポルノ女優のように思えるものになっているのだ。
娘にはっきりとは問いただせないで焦りまくるパパが可愛いかった。

 

余談。
17歳ぐらいのシャイア・ラブーフが出ている。
それに教会のシスター役でキャリー・フィッシャーも出ていた。こちらはスターウォーズレイア姫で人気者になった後だった。

 

クライマックスでは伝説のエンジェル(デミ・ムーア)が悪役だったことが判り、3人と対決する。
憎々しげなデミ・ムーア、本当に悪人風だった。よくこの役を引き受けたなあ。

 

お気楽映画として楽しめばよいのだが、正直なところ、前作よりはテンションは下がっていたかな。
ゴールデンラズベリー賞で最低続編賞を受けています(苦笑)。

 

「デューン砂の惑星 Part2」 (2024年) 見事なSF映像世界

2024年 166分 アメリカ 
監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ
出演:ティモシー・シャラメ、 ゼンデイヤ、 レベッカ・ファーガソン、 ハビエル・バルデム

SF大作第2章。 ★★★★

 

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作を初めて観たのは「灼熱の魂」だった。
想像を完全に上回ったどろどろとした人間ドラマに驚嘆し、すっかりやられてしまった。
それ以来の注目監督だったのだが、その後の映画は私が期待していたのとはまったく異なる方向へ向かったものだった。
特に「メッセージ」以後のSFものでは、あれ、こんな路線に行くんだ?と思ったものだった。

 

しかし本作は素晴らしかった。
ブレードランナー2049」で築いたSF映画路線を、本作でほぼ完璧なものにしたのではないだろうか。

 

F・ハーバートの原作小説は長い(私も途中で挫折した 苦笑)。
その大河小説の映画化なので、前作のPart1ではどうしても物語世界の説明にある程度の時間を割いていた。
本作はPart1で示されていたそれらを引き継いだところから始まるので完全に物語にのめり込める (本作を楽しむためにはPart1の事前鑑賞は絶対に必要ですよ!)。

 

スパイスを算出する砂の惑星アラキス、そのスパイスの発掘権をめぐる貴族の争い、砂漠に生息する巨大生物サンドワーム、アラキスの先住民族フレメン・・・。
さらにベネ・ゲセリットという(超能力宗教的な?)謎の組織・・・。
さあ、どう展開するんだ?

 

前作で生き延びたポール(ティモシー・シャラメ)と母親ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)。
フレメンからはじめは拒絶されていた二人だったが、部族長のスティルガー(ハビエル・バルデム)が受け入れてくれる。
彼らこそが我々を救ってくれる言い伝えの救世主だっ!

 

ポールとチャニ(ゼンデイヤ)の恋心、アトレイデス家とハルコンネン家の覇権争い。
クライマックスの敵役フェイド=ラウサとの一騎打ちも迫力があった。

 

本作の魅力は、雄大な物語もさることながら、その映像美にもあった。
どこまでもゆるやかにうねりがつづく砂漠。そこからあらわれるサンドワーム。そのサンドワームに乗り進撃するポールたち。
オーソドックスな展開ながら、わくわくするではないか。
こういった物語をきちんと見せるのが監督の力量というものだよ。

 

レア・セドゥが出ているなと嬉しく思ったのだが、あれ、これだけ? 
いくらなんでも彼女の無駄使いじゃね?
なに、アニヤ・テイラー=ジョイも出ていたって? どこにいた? 気がつかなかったぞ。

 

まだはっきりとは告知されていないようだが、これ、Part3、あるよねえ。
期待して待っているぞ。

 

 

「ロビンとマリアン」 (1976年) 二大名優の顔合わせ

1976年 イギリス 107分 
監督:リチャード・レスター
出演:ショーン・コネリー、 オードリー・ヘップバーン、 ロバート・ショー

ロビン・フッド物語。 ★★☆

 

シャーウッドの森に立てこもって悪代官と戦ったロビン・フッド
誰でも少年少女時代に読んだ物語で、もともとは中世の叙事詩から生まれたらしい。
その物語をショーン・コネリー、 オードリー・ヘップバーンという顔合わせで描いている。

 

18年ぶりに十字軍遠征から故郷に戻ってきたロビン・フッドと親友のリトル・ジョン。
シャーウッドの森の仲間たちは昔ながらだったが、民衆はあいかわらずジョン王の悪政に苦しんでいた。
そのあたりの代官は、ロビン・フッドの宿敵のノッチンガム(R・ショウ)だった。

 

なに、ロビン・フッドが戻ってきたって。
あの野郎、俺様に逆らったらただじゃ済まないことを思い知らせてやるぞ。

 

そしてかつてのロビン・フッドの恋人マリアンは尼となって近くの修道院長になっていた。
私を置いて勝手に十字軍で言ってしまって、今さら帰ってきたって、何よ。
と言いながらもマリアンは今でもロビンを愛していたのである。
ロビンの奴め、幸せ者だな。

 

この映画の時、ショーン・コネリーは46歳。
そしてヘップバーンは47歳。彼女の前作は「暗くなるまで待って」で、ほぼ10年ぶりの映画出演だった。
さすがに2人に若々しさは望むべくもないのだが、齢を重ねた重々しさ、臈長けた上品な美しさがあった。

 

ロビンとその仲間は、マリアンと一緒に修道院からやって来た尼僧たちと、シャーウッドの森で暮らし始める。
美しい森林の木もれ陽、小川の澄んだ流れ、色とりどりに咲く花の群れ。
幸せそのものの暮らしだったのだが、悪代官の農民苛めは激しくなっていく。
彼らはロビンを頼って森へやってくる。一緒に悪代官と闘ってくれ。

 

そうか、代官たちが攻めてくるぞ。我々もそれに備えなければ。
ロビンやリトル・ジョンは人々に戦いの訓練をおこなう
そして代官率いる兵隊が森の入り口にまでやってくる。さあ、決戦の時は近いぞ。

 

ここからの展開が意外な方向に向かって行く。
なんと農民たちと兵たちの戦いを避けるために、ロビンは代官との一騎打ちを申し込むのだ。
代官も代官で、その申し出を受けて、皆の見守る中での決闘が始まるのだ。

 

ここからのアクション場面は、派手な映像になれてしまった今の目でみると何ともぬるい。
共に初老となっているロビンと代官なので、その一騎打ちは観ている者も疲れてしまうぞ(汗)。
なんとか代官を倒したロビンだったが、彼もまた深手を負ってしまう。

 

(以下、映画の最後に触れます)

 

自分も瀕死の重傷を負い痛みに苦しむロビン。修道院で必死に彼の介護をするマリアン。
すると、マリアンは、なんと毒入りのワインをロビンに飲ませて安楽死をさせようとするのだ。ええっ!
マリアンは自分も一気にその毒ワインを飲みほすのだ。ええっ!

 

ロビンは、この矢が落ちたところに我々を埋葬してくれとリトル・ジョンに頼んで、最後の力を振り絞って矢を放つ。
矢が大空のなかを飛んでいく画面で映画は終わっていく。
う~ん、こういう結末かあ。

 

王道といえば王道、冗長といえば冗長。そんな映画。
まあ、二人の名優の共演を楽しむ映画でした。

 

 

「KNOCK 終末の訪問者」 (2023年) 世界を救うために誰かひとりが死んでください

2023年 100分 アメリカ 
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:デイブ・バウティスタ

不条理ドラマ。 ★★★

 

ナイト・シャラマン監督である。
ということでそれなりの心構えで(どんな心構えや?)で観る。世評は芳しくなかったようだが、私は面白く観た。

 

ゲイのカップルであるエリックとアンドリュー、そして養女のウェンは山小屋で休日を過ごしていた。
すると見知らぬ4人の男女が訪れ、エリックたち3人は訳がわからないままに彼らに拘束されてしまう。
手にそれぞれの武器を持った男女は、3人に「お前たちの中の誰かひとりが犠牲になる必要がある。誰を殺すかを選択しろ」と迫る。
ええっ、なんだそれ? そんな理不尽な選択なんてできるものか!

 

さらに、「誰かが犠牲にならなければこの世は終焉を迎える。犠牲が必要なのだ」といわれても、なんだ、それ、新興宗教か、それともカルトか?と思ってしまうわけだ。
しかし、TVニュースでは世界各地で起こっている災害を伝えてくるぞ。
これフェイクだろ? それとも本当?
という具合に、観ている者も疑問符だらけの展開となっていく。

 

実際、この映画の世評が悪かったのもシャラマン監督が何も説明しないところに大きな理由があるようだ。
この映画はヨハネの黙示録をモチーフにしているとのこと。そして最後の審判という終末感。
だから(私のように)キリスト教に疎い者には何がなにやらということになるわけだ。

 

4人の訪問者もヨハネの黙示録に出てくる四騎士をあらわしているとのこと。
この四騎士はそれぞれが地上の四分の一を支配していて、剣、飢饉、病、獣により地上の人間を殺す力を持っているのだとか。
冒頭に訪問者はノックを7回するのだが、これも世界の終焉の際に天使がラッパを7回鳴らすところからきているようだ。

 

そんな理屈づけを知らなければ、不条理感いっぱいの映画ということになるのだが、私はそういうのは嫌いではないので、訳などわからないままに楽しんだ。

 

エリックたち3人は当然だが誰が死ぬべきかなんて考えられない。
そりゃそうだ。でも、そうしているあいだにも世界の終焉はどんどん迫ってくるのだよ。
すると、驚くことに、4人の訪問者たちは1人ずつ自らの死を選択するのだ。

 

彼ら4人も特別な者ではなく、普通の人だったのに未来予知能力を授けられてこの任務に就いたのだ。
そしてエリックたちが犠牲者を決めることができなければ、犠牲者が決まるまでその代わりに自分たちが死んでいく運命なのだ。
なんだ、これ。不条理だな。神様ってそんなことを人類に求めてくるの?

 

これ、いったいどうなるのだ?と思いながら観ていたのだが、おお、そういう展開になるのか、という事態となって映画は終わっていく。
そして、エンドロールの最後にまた7回のノック音が響く。

えっ、これって・・・? 
世界の終末はいつまでも人類に突きつけられるのか?

 

納得出来るような説明は一切ないままに物語は終わっていった。
それを不満と思う人もいるだろうが、私はそういう設定での究極ドラマだと思って観た。
かなり楽しめた。

 

「ナイチンゲール」 (2018年) 復讐の果てに希望はあるのか

2018年 オーストラリア 136分 
監督:ジェニファー・ケント
出演:アシュリン・フランチオージ

復讐劇。 ★★★

 

映画祭では気分を害しての退席者が多数いたと言われる問題作。
レイプ場面と暴力場面が容赦ない描写だったために、非難する人も少なからずいたとのこと。
そんな噂を聞いていたので、気の小さい私としてはおそるおそる鑑賞。

 

舞台は19世紀のオーストラリア、タスマニア島
当時、この地域を支配していたのはイギリスで、先住民のアポリジアはもちろんのこと、アイルランド人も被支配者だった。
おまけに当時のオーストラリアは流刑地だったのだ。

 

些細な罪でここに流刑されているアイルランド人のクレア(アシュリン・フランチオージ)には、ともに暮らす夫と幼子もいた。
しかし彼女を気に入ったイギリス軍将校のホーキンスは、クレアを愛人として扱っていたのだ。
差別をされるアイルランド人で、しかも罪人であるクレア達には抗する術もなかったのだ。

 

やがて彼女の夫が刑期を終えても釈放されないことにたまりかねて、クレアはホーキンスに抗議する。
すると逆上したホーキンスは夫の目の前でクレアをレイプし、さらに彼女の目の前で夫と幼子を殺してしまう。
おお、なんという惨いことを! この胸くその悪い展開で鑑賞を断念した人がいたわけだ。
(念のために書いておくと、監督は女性ですよ。すごいね。)

 

クレアは復讐を誓う。必ず夫と我が子の仇を取るわ。
ホーキンスは昇進直訴のために険しい森を越えた遠い町へ二人の部下を連れて旅立つ。
そのことを知ったクレアの復讐の旅が始まる。
もちろん道もないような深い森を横切っての旅路なので、案内人がいなくては進めない。
クレアはなけなしのお金で先住民アボリジニの若者ビリーを道案内として雇うのだ。

 

ここでは人種差別が明確に描かれている。
クレアはイギリス人から差別される側だが、それでも白人である。
先住民のアポリジニはさらに差別されており、見かけられただけで白人に殺されかねない状況なのだ。
逆に言えば、アポリジニにとってはクレアもまた侵略者であるわけだ。

 

クレアとビリーは、はじめは互いを探り合うような関係を持つ。
道案内のため、お金のため。互いに利用するための関係で、どこかに敵対心がある。そんな関係。
しかし野宿をして野生の動植物を食料とした旅を続けていくうちに、二人の間に信頼関係も生まれてくる。
この共に悲惨な立場の二人の気持ちの交流が、復讐劇という物語りを支えていく。

 

映画タイトルの「ナイチンゲール」は歌の上手いクレアのあだ名。
鳴き声の美しいナイチンゲールは夜も鳴くのだが、それは襲ってくるヘビを恐れて夜の間中、棘に胸を押し付けて目を覚ましており、その痛みのために夜通し鳴くのだという中世の言い伝えもある。
なにか悲惨なイメージもともなっている鳥である。

 

旅の途中でホーキンス達は遭遇したアポリジニの男は殺し、女性はレイプする。
もう鬼畜としか言いようのない酷い奴らなのである。
そんな奴らが追ってくるクレアに気づく。
生意気な。なに、反対に彼女をまた慰み者にしてやるだけだ。

 

困難な復讐を誓ったクレアだったが、その勇ましい気持ちとは裏腹に無力感にも襲われる。
亡くなった夫と我が子の夢を見て生きる気力も失いそうになる。
そんなクレアをアポリジニのビリーが励ます。

 

やがて町に近づいたとき、ビリーはクレアに言う、その銃を私に突きつけてください、あなたが奴隷を連れていくふりをしないと私は白人に撃ち殺されてしまいます。
なんという社会なのだ、こういう時代を人間は歩んできたのだな。

 

物語としては、クレアの決意が最後に鈍るところは不満だった。
もう少し果敢に行ってしまって欲しかったとも思うのだが、それでも重い内容の見応えある作品だった。
ベネチア映画祭で審査員特別賞を獲っています。