あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「エンゼル・ハート」 (1987年)

f:id:akirin2274:20200802103126j:plain

1987年 アメリカ 113分
監督:アラン・パーカー
出演:ミッキー・ローク、 ロバート・デ・ニーロ

私立探偵サスペンス? ★★☆

 

昨日、アラン・パーカー監督が亡くなられた。
76歳だったとのこと。ご冥福をお祈りします。

 

1950年代のブルックリンが舞台。

私立探偵のハリー・エンゼル(ミッキー・ローク)は、サイファーという人物(ロバート・デ・ニーロ)から、かっての人気歌手ジョニーの消息確認を依頼される。

 

冒頭からいかにもその年代の探偵ものという雰囲気が好い。
あのフィリップ・マーロウものを思わせたりもするのだが、アラン・パーカー監督だから、画面には独得の暗い基調の美しさもある。

 

ハリーは、ジョニーが入院していたという病院を調べる。
主治医はどうも怪しい。ジョニーは退院したのか、それとも誰かに拉致されたのか。
何か隠しているようだ。

 

と思っていたら、もう一度会いに行ったその主治医が何ものかに殺されてしまった。あれ?
さらに、ジョニーの友だちも、ジョニーの愛人の娘も、何ものかに殺されてしまう。あれ?
俺が調査のために会った人がみんな殺されていくぞ。
どうしてだ?

 

どうも、ジョニーの関係者は悪魔崇拝の信者らしいぞ。
ということは、行方不明のジョニーも、殺された人たちもみんな悪魔崇拝に関係している?
このあたりから物語は私立探偵ものサスペンスから、オカルト風味になってくる。

 

シャーロット・ランプリングが出ているというので期待していたのだが、あまりに出番が少なかった。
あれだけ?

 

(以下、完全ネタバレ)

 

実は、ジョニー探しの依頼をしてきたサイファーは、大魔王ノルしファーだったのだ。
そしてハリーこそがジョニーその人で、連続殺人をしていたのも別人格のハリーだったのだ。
おお、なんと、まったくのオカルト映画だったのか。
う~ん、私の苦手分野の映画だったのかあ・・・(汗)。

 

それにしても、ルシファは何故わざわざハリーに調査を依頼したのだろ?
自分がはジョニーであることを、自分で気づかせるため?
あ、悪魔と契約したことをあらためて思い出させるためだったのか。

 

映像は光と影の対比が巧みに使われていて、美しいものだった。
何度も映る古いエレベーターのドアの影とか。
回廊のようなところに並んで座る二人のシスターの映像も絵画のようだった。

 

「エンド・オブ・ステイツ」 (2019年)

f:id:akirin2274:20200731174906j:plain

2019年 アメリカ 121分
監督:リック・ローマン・ウォー
出演:ジェラルド・バトラー、 モーガン・フリーマン、 ニック・ノルティ

シリーズ第3作。 ★★★

 

このシリーズがヒットしたせいか、やたらに「エンド・オブ・・・・」と題した(まがい物)作品が出ている気がする。
紛らわしいが、ジェラルド・バトラーの本家としてはこれが第3作。

 

シークレット・サービスのマイク・バニングジェラルド・バトラー)は、これまでアメリカ合衆国大統領と世界を救ってきた。
しかし酷使してきた肉体は限界寸前で、引退を考えていた。
主人公が無敵の超人ではなく、こうした生身の人間であることで、かえってその頑張りぶりが強調されることになる。
上手い持っていきかただ。

 

冒頭から、大統領を狙って爆薬を積んだ沢山のドローンが襲ってくる場面となる。
なるほど、ドローンにはこういった使い方もあるのか。参考になるなあ(笑)。
映像もダイナミックに動き、いきなり惹き込まれる。

 

間一髪のところで大統領を守ったマイク。
しかし、あろうことか、生き残った彼は大統領襲撃の犯人としてFBIに逮捕されてしまう。
この俺がそんなことをするものか。それは間違いだよ。
彼を信頼して、彼の無実を証明してくれるはずの大統領(モーガン・フリーマン)は意識不明のまま。

 

ということで、今回はマイクの逃亡劇となる。
追っ手から逃げながら、それと平行して、なおも大統領暗殺を目論んでいる犯人たちとも闘わなくてはならない。

 

これまでの、某北の国が侵攻してきたり、ロンドン全土が戦いの場となる前2作に比べると、事件のスケールは小さくなっている。
しかし、その分だけ物語が濃厚になっているといってもよい。
アクション場面の迫力は決して負けていない。

 

そんな孤立無援のマイクは誰に助けを求める?
世捨て人のような生活をしているその人物は、なんと初登場のマイクの父クレイ(ニック・ノルティ)だった。
ベトナム戦争で心身を病み、家族を捨てて去って行った父だったのだ。

 

しかし、さすがにマイクの父親だけのことはある。
ぶっ飛んでいる。ゲリラ戦で培った戦闘能力は並ではなかった。
それにこの父親、爆破大好き人間。さすがにそれ、もう、やり過ぎだろ(笑)。

 

クライマックスは大頭領が入院している病院の爆破場面。
犯人の目的が結局は金儲けだったというあたりが、ちょっとせこいが、まあ、ストーリーは二の次で楽しんでしまった者の勝ち。
銃撃戦もあり、因縁の犯人とマイクの対決まで、王道のアクション映画として楽しめた。

 

「スローターハウス5」 (1972年)

f:id:akirin2274:20200729205724j:plain

1972年 アメリカ 103分
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:マイケル・サックス

タイムトラベル? ★★☆

 

ジョージ・ロイ・ヒル監督と言えば、「明日に向かって撃て」であり、「スティング」である。
そしてこの超有名な2作の間に撮られたのがこの「スローターハウス5」である。
なんだ、こりゃ? こんな映画も撮っていたのか・・・(汗)。

 

タイトルを直訳すると「第5屠殺場」ということになる。
これは、第二次大戦時に主人公のビルグリムらアメリカ人捕虜の収容場所がドレスデンの屠殺場跡だったことからきているとのこと。
実際に原作者のヴォネガットの捕虜経験からきている。

 

冒頭、雪原を歩く主人公が現れる。これはどんな風に物語につながるんだ?
ところがつながらないのである。物語は突拍子もなく飛ぶのである。

 

主人公のビルグリム(マイケル・サックス)は自分の意志とは関係なしに時間を超越してタイムトラベルをすることができた。
ある日ビルグリムは、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線で捕虜となりドレスデンの捕虜収容所に送られる。

 

物語は時空を飛んであらわれる。
ビルグリムは幸せな家庭生活を営んでいるかと思えば、また捕虜収容所にいたりと、過去と現在を行ったり来たりする。
生まれて成長した息子がこっそりと読んでいたポルノ雑誌で女優モンタナの写真を見たりもする。

 

ドレスデンではスロターハウス5に収容されたビルグリムは、そこで大空襲に遭う。
かと思えば、家族で訪れた湖で謎の円盤を目撃したり、飛行機事故にあったりもする。
事あるごとに減量するわと言っていた妻は交通事故死してしまう。

 

というように、ビルグラムの人生が断片化されて差し出されてくる。
それも荒唐無稽の出来事の連続のような人生である。

 

終盤には、ビルグラムは湖で見かけた円盤の宇宙人にさらわれてしまう。
そして異星の透明ドームの中で、これも地球からさらわれてきたポルノ女優モンタナとの生活を始める。
結合したか?としつこく尋ねてくる異星人。
ぶじに二人の間には子供も産まれる。異星でのおだやかで幸せな生活?

 

少しまともに解析すれば、第二次大戦中のドレスデンの大空襲に遭遇したアメリカ軍捕虜が、その余りの惨状に記憶障害と幻覚に悩まされる映画。
こう書いてしまうと、身も蓋もない(汗)。

 

そんなピルグリムの発作的な意識の流れを時間旅行のようにして見せている。
試みとしてはユニークで面白い作品。
呆気にとられながら奇想天外な人生物語を楽しむ作品。
しかし、ジョージ・ロイ・ヒル監督の前後の作品があまりに有名すぎて、残念なことに埋もれてしまった作品といえる。

 

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している。
へえ、賞を獲っていたんだ!

 

「ネブラスカ」 (2013年)

f:id:akirin2274:20200726203808j:plain

2013年 アメリカ 115分
監督:アレクサンダー・ペイン
出演:ブルース・ダーン、 ウィル・フォルテ

ほのぼのロード・ムーヴィー。 ★★★

 

アレクサンダー・ペイン監督といえば、人の善意というか、心の奥底にある優しさというか、そういったものをじんわりと描くことが多い。
この映画も観ていて気持ちがじんわりと温かくなる。
全編モノクロ画像。

 

モンタナに暮らす老人ウディ(ブルース・ダーン)は、ある日、100万ドルの賞金が当たったという手紙を受け取る。
普通に考えれば、それ、詐欺の類か、何か怪しげな勧誘の類。
居丈高で亭主を怒ってばかりいる奥さんも、同居している次男のデイビッドも、騙されているんだよ、といってもウディは納得しない。

 

ちょっと認知症になりかかっているんじゃないかと思えるほどに頑固なウディ。
誰がなんと言おうと彼は手紙を信じ込んでいる。

わしはひとりでネブラスカまで賞金をもらいに行ってくるよ。
なんと無茶な。それも、一人で歩いて、だぜ。

地図で確かめると、モンタナはアメリカの東北部、ネブラスカは中西部。

約1600km離れているようだ。こりゃ、遠い。

 

ということで、ウディに根負けしたデイビッドは、老父を納得させるために車でネブラスカまで連れて行くことにする。
この映画はそんな父息子のロード・ムービー。
(ちなみに息子の車はスバルだった。あれは古いレガシー・ツーリングワゴン?)

 

いつも口を半開きにしている頑固ウディをブルース・ダーンが好演。
ウディのその一途さが次第に愛しくなってきて、少し哀愁さえ感じるようになってくる。
はた迷惑でしかない頑固さが、少しずつ憎めなくなってくる。
見事に彼はカンヌ映画祭で最優秀男優賞を獲っている。

 

そして彼ら二人の周りにあらわれる人たちも、人間味に溢れている。
というか、どこか極端な部分を持った人間造形になっていて、おかしい。
ウディの奥さんは口汚い愚痴ばかり言っていて、シモネタも連発する。
もし、お母さんがあんなだったら、とてもじゃないがやっておれんな。デイビッド、気の毒。

 

道中で二人はウディの生まれ故郷に立ち寄るのだが、そこで再開する親戚一同がまたひどい連中。
ウディがもうじき大金を手に入れるそうだということで、みんな我先にと群がってくる。
親戚のおばさんは、昔、貸したお金をまだ返してもらっていなかったわよねえ。
ウディの兄も自分勝手で高飛車な嫌な奴なのだが、その息子たちもいじめっ子タイプの嫌な奴ら。

 

侮辱された父親のために人を殴ったデイビッド、よくやった!
さて、ついにネブラスカについて、手紙の住所の事務所を訪ねる二人。
案の定、その手紙は・・・。

 

ここから、老父のためにデイビッドがする親孝行がやさしい。
そしてその親孝行を使ってウディが(嫌な)兄にぎゃふんと言わせるところも好かった。

 

地味な映画ですが、ゆるやかなコメディ・タッチもあって好い映画です。
派手なアクションものや、血なまぐさいサスペンスもの、目を奪う映像のSFに疲れたら、たまにはこんな映画が好いなあ。

 

「シティーハンター」 (2018年)

f:id:akirin2274:20200723003401j:plain

2018年 フランス 93分
監督:フィリップ・ラショー
出演:フィリップ・ラショー、 エロディ・フォンタン

お馬鹿コメディ。 ★★☆

 

もちろん原作は北条司の同名コミックス。
フランスでも人気があり、「ニッキー・ラルソン」というタイトルでアニメ化されているそうだ。
そしてこの映画はシティーハンターの大ファンだというフィリップ・ラショーが監督/主演した実写版。

 

私立探偵の冴羽リョウ(フィリップ・ラショー)は結構凄腕なのだが、無類の女たらし。
相棒のカオリ(エロディ・フォンタン)とは丁々発止のやりとりをする仲。
そんな二人に奇妙な依頼が舞い込む。

 

冒頭から、”もっこり”だの、なんだのとのシモネタ満載で始まる。
リョウが宿敵とやり合う手術室では、全裸で手術台の上にいる中年男の股間に乗った拳銃の奪い合いをしたりする。
漫画ネタなら面白く読んでいたような場面だが、実写でもやってしまうんだねえ(汗)。

 

さて、リョウとカオリに来た依頼とは、何者かに奪われた“キューピッドの香水”の奪還。
その香水の匂いはとてつもなく強力な惚れ薬の効能を持っていた。
相手のその香りを一度かいでしまうと、48時間以内に解毒しなければ一生その相手に惚れたままになってしまう。
どれぐらい強力かというと、匂いをかいだリョウが、こともあろうに小太りおじさんに惚れてしまうぐらい(笑)。

 

和製コミックをフランス人が演じてどうなのかと思ったが、これは意外に違和感がなかった。
映画自体がどれぐらいお馬鹿かというと・・・。
追っていた車が追突されて、その勢いで窓から飛び出した敵の男はスーパーマンよろしくリョウたちの車の窓の外を飛んでいく。
そんな馬鹿な。

 

重要な証人が心肺停止になってしまったので、いそいで二人がかりで心マッサージと人工呼吸を施している。
カメラが引いていくと、その死体は首と胴体が離れていた。
あんたたち、何やっているんだい。

 

フランス人はこういったギャグを喜ぶのだろうね。
正直なところ、少し薄ら寒い感じもする(汗)。

 

そういえば、「シティーハンター」はかってジャッキー・チェン後藤久美子主演で映画化されたことがあった。
あちらは観ていないのだが、どうだったのだろう?

 

観ていて腹が立つわけではないが、取り立てて観るべきところがあるとも言い難い映画。
ま、時間つぶしぐらいのところかな・・・。

 

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 (2019年)

f:id:akirin2274:20200720235509j:plain

2019年 アメリカ 92分
監督:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、 エル・ファニング、 セレーナ・ゴメス
    ジュード・ロウ、 ディエゴ・ルナ

恋愛コメディ。 ★★★

 

もう80歳を過ぎたウディ・アレンは、それでも次々に新作を撮っている。
すごい創作力が持続している。
こんな監督はウディとクリント・イーストウッドぐらいのものだろう。
しかし、私はウディ・アレンはちょっと苦手。この映画はどうだろう?

 

地方の同じ大学似通うギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)。
彼女が有名な映画監督にインタビューできることになる。もう、すごいわ、夢みたいっ。
彼女がマンハッタンへ出かけるということで、(ちょっとお調子者の)ギャツビーも大張り切りで同行することに。
よし、僕の古巣のニューヨークを案内してやるよ、2人で週末のニューヨークを楽しもうぜ。

 

ギャッピーはアシュレーと過ごす週末のためにこれぞ満点!というデートプランを練り上げる。
ところが、有名監督にインタビューに出かけたアシュレーは、いつまでも帰ってこない。
雨の街で一人取り残されたギャツビーは旧友に会い、元カノの妹チャン(セレーナ・ゴメス)と再会する。

 

雨模様のニューヨークの景色はお洒落だった。
ウディ・アレンの映画だから、どこか気取っていて、お洒落感はある。
気障な感じすらあるのだが、そこが好いという人もいれば、それが気になってと言う人もいる。

 

ヒロインのエル・ファニングはそれほど好みではない人(汗)。
しかし、無邪気で天真爛漫といったいいとこお嬢さんの雰囲気をよく出していた。
どれぐらい爛漫かというと、有名監督やプロデューサー(ジュード・ロウ)、イケメン・スターに出会って舞い上がって、すっかり彼氏をほったらかしにしてしまうぐらい(笑)
 

それにしても、どうして彼女はあんなに中年男を虜にしてしまうのだ? 
同じおじさんだが、好くわからんぞ。

 

アシュレーが出会って、うっそぉ~!と興奮する人気俳優役にディエゴ・ルナ
彼の出ているメキシコ映画はつい最近、「ナイン・シガレッツ」「夜のバッファロー」と2本を観たところだった。
確かにイケメンだよねえ。
アシュレーも覚悟を決めて下着姿にまではなるのだが・・・(苦笑)。

 

かたや、ギャッピーにキスの上手さはまだまだと辛口批評をするチャンは、ずけずけと物を言う本音の女。
彼女の家でギャッピーがピアノを弾きながら歌う「Everything happens to me」は好かった。
この歌は、個人的にはチェット・ベイカーのものが最高だと思っている。

 

最後、若さゆえの苦みを味わいながらも、どこか新しい地点に旅立つ二人。
ちょっと苦手意識のあるウディ・アレンだったが、今回は素直に楽しむことができた。

 

しかし、最近のウディはセクハラ問題でかなり揉めている様子。
この映画でも、複数の主要出演者が本作に出たとことを後悔していると発言したり、ギャラをセクハラ抗議の団体に寄付したりしている。

 

歳を取っても、あくまでも男と女の恋の駆け引き、それもちょっと苦い味わいの恋模様しか描かないウディ。
もうアメリカは離れて、これからはまたヨーロッパで撮るとか。
まだ、頑張るのか。すごいな。

 

「美女と野獣」 (2017年)

f:id:akirin2274:20200717212839j:plain

2017年 アメリカ 130分
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、 ダン・スティーブンス

ディズニー版ミュージカル編。 ★★★

 

ディズニーの名作アニメ「美女と野獣」の実写版。
物語のあらすじもよく知られている。
だから、いかに楽しく、アニメの雰囲気もそこなわずに、実写で魅せるか、ということになる。

 

主人公は魔女の呪いによって醜い野獣に変えられてしまった王子。
その呪いを解くためには、魔女が残したバラの花びらが散る前に、心から愛し合える人と出会うこと。
しかし、この怖ろしい野獣の姿ではそんな相手が現れるはずもない。ああ、もう絶望だぁ!

 

さてかたや、美しい田舎娘のベル(エマ・ワトソン)は、周囲からは変わり者とされていた。
そんなベルは、森で遭難して野獣に捕らえられてしまった父を救うために身代わりとなる。
野獣と喧嘩をするベルを、しゃべったり自由に動いたりする家具が助けてくれる。

 

そうなのだ、この映画で要となるのが、魔術で家具に変えられてしまった王子の家来たち。
コミカルに動き、王子とベルが好い仲になるように奮闘する。
この家具たちの明るく楽しい演技(?)が映画を支えている。

 

お城はお伽噺そのものの豪華さで、その調度品は上品で華麗。
動く家具たちも素晴らしいのだが、待てよ、当たり前のことだけれど、これ、全部CGだよなあ。
実写版といっても、今ではCG技術がすごいので、3D風アニメとどれだけ違うのか判らないぐらいになっている?

 

まあ、そんな野暮なことはいいっこなし。
ちゃんとベルに横恋慕して二人を邪魔する悪役もでてくるし、その悪役と王子の対決場面もある。
家族で楽しめるファンタジーとなっていた。

 

2014年のフランス映画版のヒロインはレア・セドゥだった。
エマ・ワトソンが理知的な印象なのに比して、レア・セドゥはもっと感情的に思える。
そんなレア・セドゥの美女はどうだったのだろう? 
機会があれば見較べてみたい。