あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「パシフィック・リム」 (2013年)

イメージ 1

2013年 アメリカ 131分
監督:ギルレモ・デル・トロ
出演:チャーリー・ハナム 菊地凛子

巨大怪獣vs.機動戦士。 ★★☆

地球の底深くから巨大怪獣(映画の中ではKAIJU)が表れて、大都市を襲っているという事態のまっただ中で、映画が始まる。
地面が揺れたり、海水温度が異常に高くなって・・・などと不気味な前兆から始めるなんて、そんなまだるいことはなし。
いきなり地球は、すでにパニック状態なのだ!(笑)

ギレルモ・デル・トロ監督は、とにかく日本製アニメ、特撮作品が好きだということがよく判る。
巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いがこれでもかと繰り広げられる。
ヒロインにも菊地凛子が起用されている。

この怪獣、ゴジラや、ウルトラマンで現れた敵怪獣を彷彿とさせる造形となっている。
それと戦うために人類が開発した人型巨大兵器“イェーガー”は、おお、ガンダムだ! マジンガーZだ! パトレイバーだ!
その昔に目を輝かせていた元少年にはたまらんだろうなあ。

ツッコミどころも少なくはない。
大体が、海岸に壁を作っただけで怪獣が防げるなんて発想、だれがしたんだ?
地底に入り込む時には怪獣のDNAがないと関門が開かない、それはよく判った。では、帰還する時にあの関門は何故開いてくれたんだ?

ま、そんなことはどうでもいいのです。
怪獣と機動戦士の戦いを楽しめばよいのです。
大画面と大音響で楽しみましょう。
(でも、私のところでは2Dの吹き替え版しか上映がありませんでした 泣)