あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

007/慰めの報酬

イメージ 1

2008年 イギリス 106分
監督:マーク・フォスター
出演:ダニエル・クレイグ、 オルガ・キュリレンコ

6代目ボンド、ダニエル・クレイグの2作目。シリーズ第22作。 ★★★★

いきなりカー・チェイスで見せてくれる。小型飛行機でのアクションもあるし、最後には敵のアジトの大爆発シーンもある。
前作「カジノロワイヤル」に続くストーリーで、今回も肉体派、リアル派ボンドでせまる。
ただ、007に付き物だったガジェットもなく、ひたすらに真面目にここまでくると、マッド・デイモンの「ボーン」シリーズに似すぎてきたきらいがある。

今回のボンドガール、オルガ・キュリレンコは「ヒットマン」にも出ていたが、色気というよりは、こちらもしっかりと体育会系。
敵役はちょっとひ弱そうで、残酷さもあまりなさそうで、迫力に欠けたな。

007シリーズの本道に戻っていると考えて間違いのない作品。