あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「トリプルX 再起動」 (2017年)

イメージ 1

2017年 アメリカ 107分
監督;D,J,カルーソー
出演:ヴィン・ディーゼル、 ドニー・イェン、 ディーピカー・パードゥコーン

単純明快アクション。 ★★☆

ヴィン・ディーゼルが「ワイルド・スピード」と同じようなノリで暴れる「トリプルX」シリーズの第3弾。

人工衛星を自由に操作できる“パンドラの箱”と呼ばれる秘密装置が、謎の組織”チーム・ゴースト”に奪われてしまった。
さあ、政府の極秘エージェントのザンダー(ヴィン・ディーゼル)よ、あれを取り返してくれ。
と、CIAのお偉いさんに頼まれて、彼は仲間を集めてチームXXXを結成する。

スケボーで走り回るわ、水上スクーターで走り回るわ、楽しませてくれる。
チームXXXには美女スナイパーのアデル(ルビー・ローズ)もいるし。
彼女は高い木の上に潜み、ザンダーらが乗りこんだパーティ会場での大暴れを支援する。
望遠スコープで狙いをつけ、ザンダーが拡げた二本の指の間を縫って敵を狙撃したりする。
う~ん、格好いい。
(彼女のコードネームが”クリ勃起”て・・・(呆)。なんという和訳だ。)

敵のチーム・ゴーストも只者ではない。
なにしろリーダーのジャンは、宇宙では座頭市のように華々しく戦っていたドニー・イェンなのだ(笑)。
それに東南アジアの暴れ不良少年のトニー・ジャーもいる。

それに、それにチーム・ゴーストにも美女スナイパーのセレナがいるのだよ。
彼女こそ誰あろう、あのインド映画の絶世の美女(と私が思っている 笑)ディーピカー・パードゥコーン。きれいなはずだ。

しかし、本当の悪はべつにいたのだ。
こういったときのお約束の真の悪役、それは・・・。
ということで、ヴィン・ディーゼルドニー・イェンは一致して真の敵に立ち向かう。

終盤、チームXXXのアデルとチーム・ゴーストのセレナが、二人で協力しながらバンバンと二丁拳銃で頑張るところがある。
中合わせ両腕伸し乱れ撃ちや、向かい合わせ両腕交差乱れ撃ちなど、絵柄も楽しませてくれた。

派手なアクションに、ちょっと下ネタも入れて・・・。
なにも考える必要はありません。
スカッとしたいときに1時間半を過ごす映画です。