あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「街の恋」 (1953年)

f:id:akirin2274:20201201214057j:plain

1953年 イタリア 103分
(オムニバス)

実験的な内容のオムニバス。 ★★☆

 

戦後すぐのイタリアでは”ネオリアリズモ”という芸術運動があったらしい。
映画と文学がその運動の中心だったらしい。
その精神で作られた6編からなるオムニバス映画。

 

この映画のプロデューサーの言葉は次のようなもの。
「我々が求めていたのは身近にある現実のみ、かつて無い映画表現を徹底的に追及したのだ」
ということで、ドキュメンタリーあり、独白ものあり、と、物語性を排したところで作られている。
ミケランジェロ・アントニオーニフェデリコ・フェリーニという二大巨匠の未公開作品が入っているということでも有名。

 

1.「支払われた愛」監督カルロ・リッツァーニ
実際の娼婦へのインタビューから成り立っている。
なぜ、彼女らは街の夜に立つのか、という生の声が聞こえてくる。

 

2.「自殺の試み」監督ミケンランジェロ・アントニオーニ。
こちらは実際に自殺を試みた女性へのインタビュー。
生々しい感情の吐露があるのだが、カメラは冷ややかにそれを記録している。

 

3.「三時間のパラダイス」監督ディーノ・リージ
50年代の男女の社交場はダンスホールだったようだ。
音楽に合わせて踊りまくる男女がいて、その喧噪のなかでの恋の駆け引きが繰り広げられる。

 

4.「結婚紹介所」監督フェデリコ・フェリーニ
ローマの結婚紹介所を訪れて、その実体を探ってみた、という内容。
これは完全なフィクションもので、フェリーニらしい皮肉さも入っている。傍目にはちょっと滑稽に見えてしまうところは、結婚相談所が持っている宿命か。

 

5.「実録カテリーナ物語」監督フランチェスコ・マセッリ。
男に捨てられ、貧窮している若い母親を描いたシリアスな実話もの。

 

6.「イタリア人は振り返る」監督アルベルトラットゥアーダ
最後は、街のきれいな女性を盗み撮りっぽくして集めたもの。
そこに効果音をつけて、女性を振り返って観てしまう男たちをとらえる。
まあ、たわいもないと言ってしまえばそれまでだが、実は一番楽しめた(苦笑)。