あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「イコライザー2」 (2018年)

f:id:akirin2274:20190613220432j:plain

2018年 アメリカ 121分
監督:アントワーン・フークワ
出演:デンザエル・ワシントン

必殺仕置き人の続編。 ★★☆

 

前作ではホームセンターでひっそりと働いている主人公だったが、今作ではタクシー・ドライバーとなっている。
お年寄りには優しく、少年には頼りになる後見者のよう。
どこまでも善い人。模範的な市井の人。

 

もちろん主人公のマッコール(デンゼル・ワシントン)は元CIAエージェントだから、本当はめちゃくちゃ強い。
どれぐらい強いかというと、ドラッグを使って女性を弄んだ4人組を30秒でのしてしまう。
ちょっとやりすぎじゃね?というぐらいに叩きのめす(苦笑)。
で、不正な奴らは見逃さないぞ。

 

善人の市井の人が、実はめちゃ強い仕置き人だった、というのがこのシリーズのミソ。
で、今回の敵は、マッコールの元上司で好き理解者だったスーザンを殺した奴。
いろいろと経過はあるのだが、ポスターの惹き文句にもあるように、実は敵はマッコールと同業のイコライザーだった、というわけ。
だから、敵もその辺のチンピラとは違って本格的に強い訳なのだよ。

 

最後の対決場所は、暴風雨が襲ってきている街。
住人は皆避難していて、無人となっている。
この雰囲気は、無人の宿場町に強い風が吹きぬけていた黒沢の「用心棒」を思わせる。
暴風雨の中で1人対4人の戦いが始まる。
この戦い場面は、大荒れの天候が気分を盛り上げてくれて、迫力満点だった。

 

今作の不満は、敵の設定がちょっと無理矢理なのじゃないかなあ、というところ。
しかし、なんといってもデンゼルですから、安心して観ていられる作品でした。
”沈黙の***”のオヤジにも負けない強さだぞ。

 

希望を言えば、マッコールには夜更けのダイナーに立ち寄って欲しかった。
そこで夢をかなえたクロエちゃんと出会う、なんて場面があったら最高だったのですが・・・。