あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「ワイルドスピード MAX」 (2009年)

f:id:akirin2274:20200629104158j:plain

2009年 アメリカ 107分
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、 ポール・ウォーカー、 ミシェル・ロドリゲス、 ガル・ガドット

シリーズ第4作。 ★★★

 

このシリーズが面白くなったのは、この第4作からだと思っている。
でも、ここまでシリーズが作られたということは、前の3作もそれなりにヒットしたということだな。
個人的にはここまではスルーなのだが・・・(汗)。

 

冒頭からドミニク(ヴィン・ディーゼル)ご一行のガソリン輸送車強奪がはじまる。
もうここからしてすごい。
トムの「ミッション・インポッシブル」に対抗しているのか、と思わせるような迫力で魅せてくれる。
燃えさかりながら転がってくるタンクローリーの下をかいくぐるのは、そんなの、ありか。

 

しかし、ドミニクは、なんと、恋人のレティ(ミシェル・ロドリゲス)が殺されたとの知らせを受ける。
まさか、贔屓のミシェル・ロドリゲスがここで退場してしまうとは、こちらも思っていなかった。寂しいなあ。
恋人のドミニクならなおさらのこと。
なにっ、レティが? おのれ、どいつだ、彼女を殺したのは?

ということで、麻薬組織のボスのブラガに復讐を果たすために、組織へもぐり込もうとする。

 

このシリーズのもう一人の主人公といえば、ブライアン(ポール・ウォーカー)。
やはりこの二人の顔合わせがないと、ワイスピとは言えないのだよ。
FBI捜査官の彼も麻薬組織に潜入しようとする。

 

そして組織の運び屋を選ぶための公道カーレースが始まる。
久しぶりに再会したドミニクとブライアンが、過去の因縁も背負って対決する。
ここはワイスピの本領発揮の場面。
改造車なのだか、ニトロを使うとエンジン出力がどうなるのだか、そんなことは疎いのでさっぱり判らないのだが、とにかくすごいスピードレースである。
迫力も半端ではない。

 

ということがあって、2人はぶじに麻薬組織にもぐり込む。
そして秘密トンネルを使ってのメキシコからアメリカへの麻薬密輸をおこなったりする。
トランプ大統領が知ったら脳溢血を起こして倒れてしまいそう(笑)。

 

この組織でいろいろな段取りを仕切っていたのがジゼルという謎の美女。
このジゼル役に、おお、ガル・ガドットだぜい。
彼女はこの後のシリーズにも続けて出ており、そして「ワンダーウーマン」で一躍スターの座についた。
ミス・イスラエルで兵役経験もあるとのこと。長身だし、華がある。

 

ジゼルはなぜか組織を裏切ってドミニクの味方になってくれたりもする。
そして、しきりにドミニクに秋波を送ってくる。
こんな美女が言い寄ってきているのに、ドミニクはレティの面影を引きずっているのだね。
でも、勿体ないなあ(苦笑)。

 

で、この後もカーレース場面があって悪玉ブラガをついにやっつける。
で、そのあと、ドミニクはどうなる? ブライアンはどうする?
死んでしまったレティの思い出をどうすればいい?

 

ということで、ついに「MEGA MAX」へ続いていく。
ここからはこのシリーズは本当にすごくなったなあ。