あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

乱歩地獄 (2005年)

イメージ 1

2005年 日本 135分
監督:竹内スグル、 実相寺昭雄、 佐藤寿保、 カネコアツシ
出演:浅野忠信、 成宮寛貴、 松田龍平

江戸川乱歩原作のオムニバス。 ★

乱歩の「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」の4話を、4人の監督が映像化した。
4作のすべてに浅野忠信がさまざまな役どころで登場してくる。

さて、結論から言って、私には全く駄目だった。
どれも乱歩が描こうとした悪夢に負けている。乱歩の世界をなんとか描こうとしすぎて、とても窮屈な世界しか展開できていないのだ。
乱歩の悪夢に触発された監督自身の悪夢の世界を描かなくてはわざわざ映像化する意味はないだろう。

夏目漱石を原作にしたオムニバス「ユメ十夜」では、あれほど素晴らしい夢世界を創りあげていた実相時昭雄でさえ、とても貧弱な物語に終わっていた。どうしてだ?

映像はけばけばしく、グロい。
本当ならそれは私の好みであるはずなのだが、途中で眠くなってしまった。
もう観るのを止めようかと思ったのだが、オムニバスなので、もしかすれば次の作品は傑作かも知れないと思って4話まで観た。
しかし、最後は早送りをしてしまった。