あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「恋人たちの予感」 (1989年)

イメージ 1

1989年 アメリカ 96分
監督:ロブ・ライナー
出演:ビリー・クリスタル、 メグ・ライアン

淡々としたラブ・ストーリー。 ★★★

もう20年以上も前の映画だが、当時はかなりのヒット作だったように記憶している。
だが、なにか理屈っぽい恋愛映画なのでは、という気がして、これまで観ていなかった。
今回何の気なしに観てみたら、やっぱりヒットしただけのことはあるなあ、という感想だった。

ストリーリーとしては、二人の男女の12年間のつき合いを、ときどきのエピソードを交えて追っていくというもの。
全体的には淡々と物語は進む。
女性が不治の病に罹ったりとか、男性が出生の秘密をかかえていたりとか記憶喪失になったりとか、そんな大事件は一つも起こらない(笑)。

初対面のときのお互いの反発。何年かしての再会でのぎごちなさ。それからの気の置けないつき合い・・・。
お互いに意識しながらも、自分のそれぞれのパートナーのことを報告し合ったりする。
男女の微妙な関係が、さらっとコメディ混じりに語られていく。
脚本も監督も上手いなあ。

二人で食事をしている最中に、ビリーに、君は本当に素晴らしいセックスを知らないんだ、と言われたメグが、いきなりエクスタシーの演技をはじめる。
これには笑えた。
その騒動のあとに、二人の隣で食事をしていた老婦人が、あれと同じものを、といってメグの料理を注文していたのは、好いなあ(笑)。

メグ・ライアンはこの作品でブレイクしたとのことだったが、確かに魅力的だった。
雰囲気が、髪型のせいもあって、若い頃のジェーン・フォンダに似ているようにも見える(嬉)。
この映画がメグのベストではないだろうか、と言ったら彼女に対して失礼か?(その後の映画はこれを超えていない?)

男と女の間にセックスを抜きにした友情は成立するか?ということだけれど、個人的な見解としては、成立しないと思う。
男と女では、異性に対する本能的なものが異なると思うから。

昔の独身時代にこの映画を観た人が、結婚して(子どもも何人かできて)時を経てからもう一度観たら、感想はかなり変わっているのだろうか?