あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ダークナイト」 (2008年)

イメージ 1

2008年 アメリカ 152分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、 ヒース・レジャー、 アーロン・エッカート、 
    マギー・ギレンホール、 マイケル・ケイン、 モーガン・フリーマン

ノーラン監督のシリーズ第2作。 ★★★★★

観るのを楽しみにとっておいたノーラン監督の「バットマン・シリーズ」第2弾。
期待にたがわない出来で、映画を観る楽しみはこういうことだと実感する。

ゴッサムシティでは、バットマンクリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)が日々の犯罪と戦っていた。
ゴッサム・シティに新しく赴任したデント地方検事にアーロン・エッカート
彼もまた正義の人で、犯罪の一掃を強力に進めていく。おお、心強いぜ。

マフィアを一掃する兆しが見えたときに現れたのが”ジョーカー”(ヒース・レジャー)。
白塗りの顔に口が裂けた正体不明の“ジョーカー”はマフィアからバットマン殺害を請け負うと、マフィアをも嘲笑うかのような凶悪事件を次々に起こしていく。

このジョーカーの怖ろしいところは、目的がお金や利益ではないところ。
人間の本性の奥に眠っている悪を露呈させるという、歪んだ欲望を持っている。どこまで狂った奴なんだ!
この作品の後に亡くなったヒース・レジャーも、最後に凄い役を演じたものだ、

ノーラン監督の演出で一番感心したのが、アメコミ原作ものなのに、重々しい暗さの味付けをしたところ。
荒唐無稽なバットマン・カーが疾駆し、超人的に空を飛ぶバットマンだが、映画全体には浮ついたところがこれっぽっちもない。
しっかりとした作りで、バットマン人間性にまで迫っていく。

ジョーカーはバットマンに素顔をあらわさなければ無実の市民を殺すと宣言する。
実際に殺人が行われ、パニックに陥った市民達はバットマンを責めるようになる。
おお、なんて狡猾なジョーカーなのだ。
なんて狭量な心の一般市民なのだ。
なんて可哀想なバットマンなのだ。

狡猾なジョーカーは時限爆弾をデント検事とレイチェルの体に巻きつける。
そして二人の居場所をバットマンに告げる。助けられるのはどちらか一人だけだ、と言って。
バットマンは果たしてどちらに駆けつけるのか。
そしてジョーカーの真の狙いは?

ゴッサムシティの希望を失わせないために、デント検事を”光の騎士”としたバットマンは、自ら”闇の騎士(ダークナイト)”の役割を引き受ける。
ああ、なんて辛い選択だ。

今回も脇を固める執事のマイケル・ケインと、武器開発のモーガン・フリーマンが好かった。
ケインの台詞、「だから言ったでしょうに・・・」は優しさが込められていて、こちらの気持ちもほんのりとしてきた。

さて、いよいよ残るのは「ダークナイトライジング」となった。
観てしまうのがもったいないような・・・(汗)。