あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「ダークナイト・ライジング」 (2012年)

イメージ 1

2012年 アメリカ 165分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、 トム・ハーディ、 アン・ハサウェイ、 マイケル・ケインゲイリー・オールドマン
   マリオン・コッティヤール、 ジョセフ・ゴードン=レヴィットモーガン・フリーマン

ノーラン版バットマン第3作。 ★★★★

楽しみにとってあった「ダークナイトライジング」をついに観た。
ノーラン版以前のバットマンは観たことがないので、他と比べることはできないのだが、このシリーズのアメコミ原作とは思えないその重厚感には呻っている。
前作「ダークナイト」に比べると世評は落ちるようだが、それでも今作も充分にすごいものだった。

前作から8年後。世間から身を潜めていたバットマンクリスチャン・ベイル)は、テロリストのベイン(トム・ハーディ)からゴッサム・シティを守るために、ふたたび起ちあがる。
音楽はお馴染みのハンス・ジマー。重低音がガンガンと響く。

小悪魔的に登場したキャットウーマンアン・ハサウェイ
いつものちょっとコミカルでキュートなイメージではなく、セクシーな衣装での悪女役。
悪の手先となってバットマンを苦しめた彼女も、後半では新型バットマン・バイクにまたがり、大活躍をしてくれる。
う~ん、セクシー美女は怖ろしいね(苦笑)。

バットマンが監獄に閉じ込められたり、そこから必死の脱出をしたり。
奇怪なマスク姿のベインには、実はもっと上の悪役がいたり。
中性子爆弾の起動スイッチが作動してしまったり、それを止める手段がもう無かったり。
物語はぐるぐると展開する。

終盤にさしかかっての、たたみかけるような大アクションは素晴らしかった。
それもただの派手なアクションではなく、バットマンが背負っている重苦しいような使命感を感じさせる雰囲気がある。さすがノーラン監督、
終わってみればなんと2時間半越えの長さだったが、まったくそれを感じさせない内容だった。

(ネタバレ)

本当のラストは取って付けたようなハッピーエンドだったが、でも、ブルースがやっと幸せそうになったのだから、いいよね。
ルフレッド(マイケル・ケイン)もやっと安心できただろうし。

楽しみにとっておいたノーラン版バットマンをついに見終わってしまった。
ああ・・・。