あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

2015年 分野別マイ・ベスト3

今年劇場で観た映画は39本でした。
それに自宅屋根裏のマイ・映画館でのDVD鑑賞(80インチスクリーン、5.1サラウンド)を合わせると、全部で165本の映画を観ていました。
例によって、旧作も混じえての、今年観た映画の各分野でのマイベスト3です。

・ドラマ系
 「セッション」(2014年) 狂気の2人。最後の9分あまりの演奏は止揚でした。
 「百円の恋」(2014年) ”死んだ目”の安藤サクラ恐るべし、でした。
 「あの日、欲望の大地で」(2008年) 3代にわたる女性のドラマ。下手な邦題で損をしています。

・アクション系
 「007/スペクター」(2015年)クレイグ・ボンドの総まとめのような作品。
 「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015年)シリーズ最高作。
 「ワイルド・スピード スカイ・ミッション」(2015年)ワイスピを初めて観ましたが、いやあ、すごい。

・サスペンス系
 「嘆きのピエタ」(2012年) 例によって重くどろどろの韓国映画ですが、魅せます。
 「ザ・インタープリター」(2008年) 国連会議場での暗殺計画は。
 「アメリカン・ギャングスター」(2007年) デンゼルとラッセルの2大スターの熱演。さすが。

・SF系
 「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」(2015年)ヒャッハーな狂気。改造車の創造力がすばらしい。
 「プリデスティネーション」(2014年)タイム・パラドックスものの傑作。どこまでついていける?
 「キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー」(2014年)アメコミものも頑張っているなあ。

・恋愛系
 「とらわれて夏」(2014年)切ない恋。それだけにエピローグが好かったです。
 「アバウト・タイム 愛おしい時間」(2014年)甘~いタイムトラベルもの。
 「ポンヌフの恋人」(1991年) 2人がお互いに求めたものは・・・。

・文芸系
 「雪の轍」(2014年) 3時間越えのトルコ映画。迫力の会話劇。
 「サード・パーソン」(2013年) あれは誰? どうしてあの人がここに?
 「ビフォア・ザ・レイン」(1994年) 3つの死と愛の物語。

・名作
 「秋津温泉」(1962年)
 「博士の異常な愛情」(1964年)
 「華麗なる賭け」(1968年)

おまけに、今年の駄目だった映画(苦笑)
 「ノア 約束の舟」(2014年) どうしても聖書の世界は合わないのかなあ(汗)。
 「エクソダス 神と王」(2014年) 「十戒」を観てしまっていたせいか、のれず。残念。
 「みんな!エスパーだよ!(2015年) 園監督、ついていけませんっ!

来年もよろしくおねがいします。