あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「シークレット・アイズ」 (2015年)

イメージ 1

2015年 アメリカ 111分
監督:ビリー・レイ
出演:キウェテル・イジョフォー、 ニコール・キッドマン、 ジュリア・ロバーツ

13年前の殺人事件は。 ★★★

ニコール・キッドマンジュリア・ロバーツの顔合わせということで鑑賞。
しかし、この映画があのアカデミー外国映画賞の「瞳の奥の秘密」のリメイクとは知らなかった。観始めて、あれ?これは・・・だった。
原題は「シークレット・イン・ザ・アイズ」だから、邦題をそのままにしてくれていれば判ったのになあ。

物語はオリジナルとほとんど同じである。
殺人事件の現場に駆けつけたFBI捜査官のレイ(キウェテル・イジョフォー)が見た被害者は、同僚ジェス(ジュリア・ロバーツ)の娘だった。
レイは新任の検事補クレア(ニコール・キッドマン)とともに捜査に当たる。

娘を殺されて悲嘆に暮れるジェスを演じるロバーツがすごい。
美しさをかなぐり捨てて演技している。すごい。

一度は犯人を捕らえたレイだったが、その犯人はテロ対策の情報屋だった。
テロ対策に必要だとの政治的理由で犯人は釈放されてしまい、事件は未解決となってしまう。
それから13年が経った。

この映画は13年前の事件に関与した3人がまた再開するところから始まる。
そして13年前と今が交互に映し出されて物語が進んでいく。
重層的な感じの作りになっていて、物語の筋を知っていても飽きることはなかった。

この映画のもう一つの物語は、レイのクレアに対する淡い恋心である。
貧しい育ちからたたき上げでやってきたレイと、一流キャリアのクレイ。身分が違いすぎる間での恋心である。

ニコール・キッドマンが美しい。こんな美しい検事がいるものか、と思ってしまうほど(笑)。
映画全体の出来としては、やはりオリジナルの勝ちだが、ヒロインの魅力ではキッドマンだよなあ。これは仕方がない。

レイのかなわぬ恋心だったのだが、実はクレアも、というところが、事件の悲惨さを和らげるようにほのぼのとしていた。

(以下、ネタバレ)

ジェスが執念でおこなっていた復讐は、最後に明らかになる。
これもオリジナルと同じ展開だった。だから、この結末だけは、本作にしろオリジナルにしろ、知らないで観る邦画楽しめます。