あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「フェイク」 (1997年)

イメージ 1

1997年 アメリ
監督:マイク・ニューウェル
出演:アル・パチーノ、 ジョニー・ディップ

FBIの潜入捜査官とマフィアの男たちの友情と葛藤。 ★★★

うだつの上がらないチンピラ・マフィア、レフティアル・パチーノ)のところへ潜入したFBIのドニー(ジョニー・デップ)。
切れ者のドニーの活躍で次第に出世していくレフティは、ドニーに対して息子のように信頼して接する。

これはマフィアものの映画ではあるのだが、はでな抗争場面がふんだんに出てくるようなものではない。
騙している男と、騙されている男の友情を描いた人間ドラマである。

騙している男にも葛藤がある。
潜入捜査が危険になり、FBIはドニーに引き揚げてくるように命じる。
しかし、今自分が消えたら潜入捜査がばれて、レフティは責任を責められて組織によって殺されてしまう、そう考えるドニーは組織の中にとどまるのだ。うん、いいなあ。

アル・パチーノが実にいい。さえないマフィアの雰囲気に、哀愁すら漂う。
とてもあの『ゴッドファーザー』ではドンを演じた人と同一人物とは思えないほどの演技であった。

目をかけて信じていたドニーの正体を最後に知ったときの表情、自分が裏切られていたのだと悟ったときに、レフティは「どうせこうなるのなら、お前(ドニーのこと)でよかったよ」と言う。
そして消えていく。

マフィアものだが派手さはなく、しっとりとした余韻です。