あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

アントワーヌとコレット/二十歳の恋

イメージ 1

1962年 フランス 30分
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャン・ピエール・レオ、 マリー・フランス・ピジエ

国際オムニバス映画「二十歳の恋」の中のフランス編。 ★★☆

トリュフォー「大人は判ってくれない」につづくアントワーヌ・ドワネルものの第2編にあたります。
アントワーヌは17歳になっていて、冒頭で「かつて非行を重ねて少年鑑別所に送られたが、脱走して、やっと社会復帰に成功し、レコード会社に勤め始めた・・・」というナレーションが入ります。

アントワーヌはコレットに一目惚れをして、ストーカーまがいに一途に彼女を追いかけます。
両親には気に入ってもらえるのですが、肝心の彼女は友達づきあいしかしてくれない、というちょっと情けないアントワーヌ。
ラストで、コレットは男友達と遊びに出かけてしまい、残されたアントワーヌはコレットの両親とTVをみているという、なんとも気まずいような、間が抜けたような。
そこがまた若さの滑稽さでもあるのでしょう。

このあとも、主役を演じ続けたジャン・ピエール・レオの成長に合わせてアントワーヌも大人になっていきます。
最終作の「逃げ去る恋」はこの作品の17年後の物語です。

作品の登場人物と演じる役者がパラレルに歳をとっていくというところは、日本のTVドラマ「北の国から」で純君を演じた吉岡秀隆を連想してしまいます。

短編なのでこれといった深いものはありませんが、このあとにも続くアントワーヌものを観るためには立ち寄るべき作品でしょう。