あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「アルキメデスの大戦」 (2019年)

f:id:akirin2274:20190819110047j:plain

2019年 日本 130分
監督:山崎貴
出演:菅田将暉、 柄本佑、 館ひろし

戦艦大和の秘話。 ★★★

 

原作はまたまたコミックス。
このところの邦画はコミックスの映画化がやけに多いような気がする。
ちはやふる」「3月のライオン」「キングダム」「ファブル」などなど。ある程度はどれもヒットしているので、ますますその傾向が強まるのだろうか。

 

今作は、あの戦艦大和が建造され、沖縄戦で沈没していった史実にフィクションを重ねたもの。
映画の冒頭でCGを駆使した大和の沈没場面が再現される。
これは見事と言うほかないような映像である。
しかしその後に戦闘場面はいっさい描かれない戦争映画である。

 

大艦巨砲主義は時代遅れだ、これからは航空戦の時代だ、と山本五十六を始めとした進歩派が主張していたという逸話はよく耳にする。
それが事実であったか否かは不明だが、この映画は、その時代遅れとなった大艦巨砲主義の象徴であるような大和がなぜ造られたのかを描いている。

 

主役は、帝国大学卒業で天才と言われた数学者の櫂直(菅田将暉)。
彼は、海軍省が計画している巨大戦艦の建造を何とか阻止しようとした山本五十六(館ひろし)に頼まれて、建造費の見積もりに隠された欺瞞を阻止しようとする。

 

櫂の数学の天才であるがゆえの変人ぶりが面白い。
なんでも長さを測ろうとする。美しいものを見ると、それを数字で表したくなるのだという。
天才ってそういうものなのか。凡人には判らん。

 

その凡人役を演じたのは、櫂の世話をするように言いつけられた下士官役の柄本佑
始めは櫂に反発していたのだが、その才能と真摯な態度にやがて心酔していく。
彼が上手い。好い人である。
そして彼の存在によって櫂の天才ぶりがさらに浮かび上がるようになっている。

 

物語の主軸は、櫂が戦艦大和の建造を止めようとするもの。
そのために軍部と財閥との癒着を背景にした建造費ねつ造の秘密を暴こうとする。
艦船建造の最終会議での応酬は、まるで池井戸潤のドラマを見ているような痛快さがあった。
見事に櫂は大和建造計画の不正を暴くのである。

 

それなのに、何故、大和は造られてしまった?
ここがこの映画のもうひとつのポイントだった。
大和の設計をした海軍中将役の田中泯が素晴らしい。
彼の、太平洋戦争をどのように終わらせ、日本を消滅から救うか、という意見は、詭弁にも思えるのだが、その一方でなるほどとも思わせるものだった。
ああ、大和はそのために冒頭のように3000人の兵士を乗せて沈められていったのか・・・。

 

リアリティの面からから言えば、かなり強引に組み立てられた話ではある(コミックス原作だし・・)。
しかし、映画としては水準以上の出来になっていました。