あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「火口のふたり」 (2019年)

f:id:akirin2274:20200613122319j:plain

2019年 日本 115分
監督:荒井晴彦
出演:柄本佑、 瀧内公美

官能ドラマ。 ★★★

 

登場するのは二人だけ、と言ってもいいような映画。
故郷で結婚式を挙げようとしている直子(瀧内公美)と、その結婚式に出席するために帰郷した賢治(柄本祐)。
かっては恋人同士だった二人は、東京で一緒に暮らしていたこともあったのだった。

 

なんの屈託もなく5年ぶりに再会した二人。
ところが、新郎が不在の新居で、直子の引っ越しの手伝いをしたりしているうちに、二人はお互いの身体を求め合ってしまう。
しかも、始めに誘ったのは直子の方なのだ。
結婚を控えているというのに、なぜ、直子はそんな気持ちになる? なぜ、そんな欲望に突き動かされる?

 

柄本佑は上手い。
イケメンでもないし、台詞も朴訥とした感じなのだが、そこが逆にリアルである。
お父さん(柄本明)もすごいし、奥さん(安藤さくら)もすごい。
成長期も結婚生活もそんな環境だったら、生活していても、どこまでが生身でどこからが演技なのか、混乱しないのだろうか?

 

それはさておき。
始めのうちは、なぜ直子が賢治とセックスしようとするのかが、よく判らなかった。
しかし二人の過去がぼつぼつと語られていき、どのような思いが積み重なってきていたのかが判ってくるうちに、自然に納得させられた。
富士山の火口の写真を背景に寄り添っている裸の二人には、それこそ生と性がひとつになっていたのだろう。

 

ついには新郎が戻ってくるまでの5日間、二人は互いの身体を求め合うことにする。

 

言ってみれば、始めから終わりまでセックスをするふたりを描いた映画、ということになる。
全編を通して裸の場面は多いし、実際の行為もリアルに描かれている。
かなりエロい映画である。

 

しかし妙ないやらしさはなかった。
セックスにいそしむ二人が相手の身体を求める気持ちがストレートである。
それにお互いが、嘘をつこうとか、うわべを取り繕うとか、そういったことを一切していないからだと思える。

 

終盤近くになって、二人の環境が大きく変わる。というか、日本の状況が大きく変わる。
個人的には、この展開は不要だった気がした。
環境などとは無縁の地点での二人の有り様を描けば、それで充分だったのではないだろうか。

好い映画でした。