あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ゲティ家の身代金」 (2017年)

f:id:akirin2274:20191007201525j:plain

2017年 アメリカ 133分
監督:リドリー・スコット
出演:ミシャル・ウィリアムズ、 クリストファー・プラマー、 マーク・ウォールバーグ

身代金誘拐サスペンス。 ★★☆

 

ある日、石油王で大富豪のゲティ(クリストファー・プラマー)の孫ポールが誘拐される。
その身代金は1700万ドルという途方もない高額なものだったが、ゲティにとっては充分に支払いが可能なお金だった。
しかし、彼は身代金のの支払いを拒否する。えっ?

 

これは1973年に実際におきた誘拐事件だったとのこと。
リドリー・スコット監督なので、実録ものだが、ちゃんと登場人物の人間性も描いたエンタメ作品となっている。

 

ポールの母親ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、離婚してゲティ家からは離れた身の上だった。
到底高額な身代金を自分で払えるわけもなく、犯人たちもゲティが払うことを見越して起こした誘拐劇だったわけだ。
しかし、取材記者たちに向かって、儂は身代金は払わないぞ、と宣言するゲティ。

 

これはとんでもないチキン・レースのようだなと思いながら観ていた。
ゲティがいつまでも要求に従わないことで、犯人たちはどうするか? 何か妥協してくるのか、誘拐を諦めてポールを解放するのか?
それとも自棄になってポールに危害を及ぼすのか。

 

母親のゲイルは気が気ではない。
そりゃそうだ、苛立った犯人はポールの片耳を切り落として送ってきたりするのだ。
万が一のことになってしまったら・・・・。
そんな中で元CIAのチェイスマーク・ウォールバーグ)が交渉役として活躍し始める。

 

ゲティが孫の身代金を払わないのは、なにか哲学的な信念があるのかとも思いながら観ていた。
たしかに狂言誘拐劇という可能性はあるし、本当に誘拐だった場合も一度身代金を払えば模倣犯が次々に現れる可能性があることもわかる。
しかし、結局は、なあんだ、本当にお金が惜しかっただけか・・・。

 

ゲティ役は当初はケヴィン・スペイシーだった。
完全に映画が撮り終わって作品が完成した後にスキャンダルで彼が降板となり、急遽クリストファー・プラマーを代役にして再撮影をしたとのこと。
プラマーの演技はさすがなもの。始めから彼が起用されていたといっても、誰も疑わないだろう。

 

映画は、なにかスッキリとはしない形で終わっていく。
最後、事件は実際にもあのような展開だったのだろうか。
犯人一味の中でポールに同情的だったチンクアンタはの後どうなったのだろう?
実録では、ポールは長じてからもこの誘拐事件がトラウマとなっていて不幸な人生を送ったようでした。