あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「エンゼル・ハート」 (1987年)

f:id:akirin2274:20200802103126j:plain

1987年 アメリカ 113分
監督:アラン・パーカー
出演:ミッキー・ローク、 ロバート・デ・ニーロ

私立探偵サスペンス? ★★☆

 

昨日、アラン・パーカー監督が亡くなられた。
76歳だったとのこと。ご冥福をお祈りします。

 

1950年代のブルックリンが舞台。

私立探偵のハリー・エンゼル(ミッキー・ローク)は、サイファーという人物(ロバート・デ・ニーロ)から、かっての人気歌手ジョニーの消息確認を依頼される。

 

冒頭からいかにもその年代の探偵ものという雰囲気が好い。
あのフィリップ・マーロウものを思わせたりもするのだが、アラン・パーカー監督だから、画面には独得の暗い基調の美しさもある。

 

ハリーは、ジョニーが入院していたという病院を調べる。
主治医はどうも怪しい。ジョニーは退院したのか、それとも誰かに拉致されたのか。
何か隠しているようだ。

 

と思っていたら、もう一度会いに行ったその主治医が何ものかに殺されてしまった。あれ?
さらに、ジョニーの友だちも、ジョニーの愛人の娘も、何ものかに殺されてしまう。あれ?
俺が調査のために会った人がみんな殺されていくぞ。
どうしてだ?

 

どうも、ジョニーの関係者は悪魔崇拝の信者らしいぞ。
ということは、行方不明のジョニーも、殺された人たちもみんな悪魔崇拝に関係している?
このあたりから物語は私立探偵ものサスペンスから、オカルト風味になってくる。

 

シャーロット・ランプリングが出ているというので期待していたのだが、あまりに出番が少なかった。
あれだけ?

 

(以下、完全ネタバレ)

 

実は、ジョニー探しの依頼をしてきたサイファーは、大魔王ノルしファーだったのだ。
そしてハリーこそがジョニーその人で、連続殺人をしていたのも別人格のハリーだったのだ。
おお、なんと、まったくのオカルト映画だったのか。
う~ん、私の苦手分野の映画だったのかあ・・・(汗)。

 

それにしても、ルシファは何故わざわざハリーに調査を依頼したのだろ?
自分がはジョニーであることを、自分で気づかせるため?
あ、悪魔と契約したことをあらためて思い出させるためだったのか。

 

映像は光と影の対比が巧みに使われていて、美しいものだった。
何度も映る古いエレベーターのドアの影とか。
回廊のようなところに並んで座る二人のシスターの映像も絵画のようだった。