あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「悪人伝」 (2019年)

f:id:akirin2274:20200826171602j:plain

2019年 韓国 110分
監督:イ・ウォンテ
主演:マ・ドンソク、 キム・ムヨル、 キム・ソンギュ

悪人ばかりのノワールもの。 ★★★☆

 

マ・ドンソクは「新感染 ファイナル・エクスプレス」で非常に印象的だった。
その後はあれよあれよという間に売れっ子となった。
重量感のある強面感なのだが、同時にどこか愛敬がある。

 

さて。マ・ドンソク扮するチャン・ドンスは見るからに武闘派のヤクザ組長。
冒頭からあのぶっとい腕でサンドバッグを叩いている。
さすが武闘派、身体を鍛えているなと思っていたら、そのサンドバッグの中にはリンチに遭わされたチンピラが入っていた。
うへえ、さすが韓国映画、やることがえげつないなあ。

 

そのドンスが何者かに襲われてめった刺しにされた。
おのれ、この俺を襲うとはなんて奴だ。必ずとっ捕まえて目にものを見せてやる。
ヤクザ組長としてのメンツもかかっている。奴を探し出せっ。

 

一方、連続猟奇殺人魔を追っていた刑事のテソク。
上司には逆らうわ、捜査のためなら暴力もお構いなしだわ、のはみ出し刑事。
犯人の顔を見た唯一の生存者であるドンスと手を組むことにする。

 

極悪なヤクザ、命令無視の粗暴な刑事、それに猟奇的な犯人。
要するに、三つ巴になる登場人物はみんな悪人(笑)。

 

それに協力するといってもヤクザと刑事、目的は報復と逮捕という相反している。
お互いを利用して、お互いに出し抜こうとしている。
さあ、どちらが先に犯人を捕まえるのか。

 

マ・ドンソクは、「無双の鉄拳」に代表されるように、その超ド級のガタイでばしばしと相手をやっつける役どころは、もう鉄板である。
それでいて「守護天使」で女子高校の教師役になると、妙に照れたようなところも見せる愛敬もある。
どちらにしても存在感がありまくり。

 

刑事役の俳優は初めて観たと思うのだが、武井壮に似ていないかい?
そして犯人がまたふてぶてしい。
冷酷非情、その精神状態は常人ではない。それでいて非常に悪賢い。
こんな奴が街中にいたら、と思うだけで、夜は出歩けなくなってしまうほどに怖い奴。

 

さあ、どうやってあいつを探し出す?
そして、どうやってあいつの罪を立証する?
いやいや、俺は裁判で裁こうなんて思ってはいないぜ、見つけ次第にあいつを叩きのめしてやるだけだ。
おいおい、ちゃんと捕まえて刑務所で罪を償わせなけりゃ駄目だろ。

 

ふ~む、ヤクザと刑事の共闘はどうなる?
そして狡猾な犯人にはどのような結末が待っていたのか?

 

(ネタバレ)

 

最後、ある場所で犯人を見かけたドンスのニヤッと笑った顔が、もう、たまりませんなあ。