あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ロボット2.0」 (2018年)

f:id:akirin2274:20210504084113j:plain

2018年 インド 147分
監督:シャンカール
出演:ラジニ・カーント、 エイミー・ジャクソン

奇想天外、なんじゃこりゃ?の続編。 ★★☆

 

前作「ロボット」はその奇想天外な映像に度肝を抜かれたものだった。
マシンガンぐるぐる回り撃ちや、龍(だったっけ?)へのヘンシ~ンなんてのは、今回もあるかな?

 

ある日、みんなが使っていたスマートフォンが突然どこかへ飛んで行ってしまう。
もうインドじゅうが大混乱。通信が途絶えて、いろいろな制御も不能になってしまう。
どれだけスマホに依存した社会になっていたかが、今さらながらに思い知らされる。
さらに、スマホの大手業者の幹部や通信大臣が殺されてしまう。
えっ、殺人者はスマホの怪物? なんだ、それは?

 

さて、主人公はスーパースターのラジニ・カーント扮するバシー博士。
(オープニングの字幕でも、ちゃんとラジニ・カーントはスーパースターという肩書きで紹介されている。恐るべし、ラジニ・カーント!)
博士の助手のニラー(エイミー・ジャクソン)は超美人なのだが、実は博士の作ったロボット。
こんな美人が自分のいうことを何でも聞いてくれるなら、ロボットでもいいぞ。

 

やがて事件を起こしているのは、集まった無数のスマホが合体して出来た巨大な怪鳥であることがわかる。
人々を襲い始めたこんな巨大怪鳥に対抗できるのは、そうだっ、チッティしかいないっ。
さあ、ここで前作で大暴れしたロボットのチッティ(ラジニ・カーントの2役)が復活するわけだ。

 

前作を観ていないと、チッティて何だ?ということになってしまう。
お気楽アクションSF映画だから、別にチッティの事を知らなくてもそれほど困ることはない。
でも、チッティが意外と悪であることや、どうして封印されていたのかなど、知っていれば楽しみは2.0倍になるよ。

 

今作のヒロインのエイミー・ジャクソンはとにかく可愛い。
妖艶というよりも可憐といった感じ。
彼女はイギリス人である。しかしデビューしたころから活躍はインドが中心だったようだ。

 

今やIT大国であるインドのCG技術はすごいもの。
復活したチッティと巨大怪鳥の戦いなんて、まあ、派手なこと。
ビジュアルも充分に楽しませてくれる。

 

ロボット3.0まであらわれてくる。
あれ? この映画の制作陣はドラえもんに登場する「ミニどら」を知っていたのだろうか?
知っていたような気がするなあ・・・。
ゴーストバスターズもどきの新兵器で一件落着かいと気落ちしていたら、壮絶なリベンジマッチもあった。

 

それにしても、バードマンの弱みを突くとは、ロボット2.0の悪知恵には脱帽。
チッチイはやっぱりなかなかの悪じゃあないの。

 

これだけの娯楽エンタメ作品なのに、途中でいきなり始まるお約束の歌と踊りがないなあと思っていた。
ラストだけではやはり寂しいぞ。

 

気楽に楽しみましょう。
インド映画になれていない人だと、驚きポイントは3つ。
1.なんでこの垢抜けないおっさんがスーパースターなんや?
2.なんでこんな美人がインドにはいるんだ?
3.なんや、この奇想天外な絵面は? よく考えついたなあ・・・。