あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

アイガー・サンクション

イメージ 1

1975年 アメリカ 128分
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、 ジョージ・ケネディ

山岳アクションもの。 ★★★

表向きは美術の大学教授ヘムロック(クリント・イーストウッド)は、実は政府の諜報機関員。アイガー国際登山隊に参加しているという標的に制裁(サンクション)をおこなうために、自らも登山に加わることになる。

冒頭はスパイものらしく謎めいた雰囲気である。
主人公が通常の日常生活から、諜報員としての裏の世界へ呼び戻されるという展開も、わりとおなじみのもの。
物語の大筋も、恩人を殺した敵をつきとめて殺すという任務をはたす、ということなのだが、実際のところ、スパイものとしてはそれほど謎が上手くできているとは言い難い。

それよりも、この映画のみどころはなんといっても登山場面である。
アイガーに上るために、主人公は旧友のベン(ジョージ・ケネディ)のもとで訓練をはじめるのだが、ろうそくのようにそそり立った岩山を登る場面はすごい。
CGなどない時代だし、本当に二人が登っている。すごい。

後半のアイガー北壁での場面も迫力である(実際のに、撮影中に死者が出たとのこと)。
私は高所恐怖症なので(スキー場のリフトに乗るのも恐い)、もうこんな場面だけで失神してしまいそうになる。
それを横からカメラが捕らえているのだが、カメラマンも機材を抱えてそこまで上って撮影したということ? すごい。

犯人はわりと早くから見当がついてしまうが、まあ、そんなことはどうでもよろしいと思えてしまう。
結末もホッとする感じでよいのではないだろうか。

オープニングに流れる哀愁を帯びた曲が素晴らしい。エンド・クレジットの時の静かな曲も良い。
映画の内容とはちょっとかけ離れた雰囲気の、繊細な感じの佳曲。音楽はジョン・ウイリアムスである。

後に監督としての力量をどんどん発揮するイーストウッドの、監督第4作目に当たります。
スパイものとしてはいまひとつですが、山岳ものとして充分に楽しめます。