あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「恐怖のメロディ」 (1971年)

イメージ 1

1971年 アメリカ 108分
監督;クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、 ジェシカ・ウォルター、 ドナ・ミルズ

ストーカーの恐怖。 ★★☆

クリント・イーストウッドの監督第一作。
空撮から始まる画面もきまっていて、物語もきっちりと撮られている。
さすがに初めから大したもの。

デイブ(クリント・イーストウッド)は地方ラジオ局のDJ。
彼は、番組にいつも「ミスティ」をリクエストしてきていたイブリン(ジェシカ・ウォルター)と軽い気持ちで一夜を共にする。
しかし、彼女の方は軽い気持ちではなかったのだ。
行きずりのこととして関係を終わらせようとする彼に、彼女は執拗につきまといはじめる。

この映画が作られた時代には、まだストーカーという言葉も一般的でなかった。
その時代に、一方的につきまとう女性の怖ろしさを描いていることに感心する。
勝手に恋人面したり、突然ヒステリー状態になったり・・・。

おいおい、俺はそんなつもりではなかったんだよ。
貴方も私のことを愛しているはずなのに、どうしてそんな態度を取るの?おかしいわ。

デイブが振りはらえば振りはらうほどに、イブリンはますます一人決めした妄想にとらわれていく。
イブリンを演じたジェシカ・ウォルターはこの映画でしか知らないが、すごい。
デイブが本当の恋人とデートをしている背後にそっと忍び寄り、楽しそうに語らう二人を見つめる目つきの怖ろしさといったら・・・。

イブリンはデイブの家の合い鍵を作って忍び込んだり、デイブの家で狂言自殺をしてみせたりもする。
彼女の行為はますますエスカレートしていく。
行きずりの女性につきまとわれる映画としては、あの「危険な情事」が有名だが、その原型となっているのではないだろうか。

ジャズ好きのイーストウッドらしく、実際のモントルー・ジャズ・フェスティバルの様子も映される。
映画の方は最後までハラハラと楽しませてくれた。
原題は「私のためにミスティをかけて」といったところか。

日本での公開当時に、今は小説「伯爵夫人」で三島由紀夫賞を受賞して話題になっている蓮實重彦(もちろん映画評論家でもある)が、かなり高評価をしていたとのこと。

さて、今度はイーストウッド監督の最近の作品を観てみようかな。