あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

アメリカン・スプレンダー (2003年)

イメージ 1

2003年 アメリカ 101分
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン & ロバート・プルチーニ
出演:ポール・ジアマッティ、 ホープ・デイヴィス

奇妙な味わいの人生ドラマ。 ★★☆

病院の書類係をしているハービー・ピーカーポール・ジアマッティ)は風貌もさえないし、毎日の生活もさえないものだった。
そんな彼が自虐的に自分のことをコミックにしようと思い立って、友人に作画を頼んで「アメリカン・スプレンダー」というコミック・マガジンを作る。
すると、これが人気コミックとなり、かれはTV出演までするようになる。
と、これは実話である。

だから、ハービー・ピーカーという人物は実在するし、その「アメリカン・スプレンダー」と言うコミックも実際にある。
映画には、実際の作者も登場してくるし(つまりハービー・ピーカー本人である)、その作者が自伝のように描いた漫画もでてくるし、その漫画の主人公ハービー・ピーカーを映画で演じる俳優(ポール・ジアマッティ)がいる、という、ひとつの物語を3つの次元で構成している。

さえない日常生活の中の一こまを、さえなさゆえに自然に出てくるユーモアとして客観化している。
ということをしている人物像を、映画は描いている、ということになる。

一見なんでもないブラック・ユーモアの作品のようなのだが、とても捻れた構造を持つ映画なのである。
インディペンデンス映画だというが、たしかに身構えて作ろうとしたら、こんな映画は作れないだろうなと思える。

実話だから、彼の奥さんもまた実在するわけだが、この奥さんも珍妙な人物像である。
彼のコミックの大ファンだというジョイスホープ・デイヴィス)は初対面で意気投合して、おつき合いなしで結婚しましょう、という。変な女性である。

とにかく普段は名脇役ポール・ジアマッティが、この映画では主演としていい味を出している。
たぶん、実際のコミック雑誌アメリカン・スプレンダー」を読んでいる人には、この映画はさらに面白いものだったのだろうと思える。

ちょっと斜めに構えて観ましょう。観る人を選ぶかもしれません。