あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「96時間」  (2008年)

イメージ 1

2008年 フランス 93分
監督:ピエール・モレル
出演:リーアム・ニーソン

ヒーロー・アクションもの。 ★★★

元・秘密工作員のブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)は、別れた妻のもとにいる一人娘が可愛くて仕方がない。そんな娘が旅行先のパリで人身売買グループに拉致されてしまう。
わずかな手がかりを頼りに、かっての任務で培った武闘能力を駆使してブライアンが娘救出に活躍するという内容。

と、ストーリーは一直線でとても分かりやすい。
この映画にキャッチ・コピーをつけるなら・・・このオヤジ、イカレてる!
というのは、あのスティーヴン・セガールの映画につけられそうですが、このオヤジも負けじとすごい。
なにしろ娘のためなら、後先のことなんか全く考えない。これでもかというぐらいに無茶苦茶しよる。

リーアム・ニーソンは「スター・ウォーズ エピソード1」でのジェダイの騎士のイメージが強かったので、セガールに比べれば、同じ元・秘密工作員という設定にしても、知的な感じがする。
そのリーソンが涼しい顔をしてキレルのだから、これはすごい。
情報をとるためには、素人さんの腕だって平気で撃ってしまうぞ、ズドン! うへぇ、そこまでやるか。

余分なものは一切なし。ストーリーのひねりなんてまだるっこしいものも、一切なし。
非情に徹したこのスピード感。
「信用してくれ」「信用はするよ。しかし、赦さんっ!」 びりびりっ。
「交渉を・・・」「交渉の予知はないっ!」 ズドン!

銃を撃てば百発百中だし、格闘技の腕も半端じゃないよ。おお、ばんばんとやってくれぃ! 悪を懲らしめるのだ! 娘を思うお前に正義はあるぞ。
リュック・ベッソンが制作に絡んでいるからか、カー・チェイスもちゃんとすごい迫力であった。

TVのCMでは、あの「24」のジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが、「なに! 24時間の4倍も活躍し続けるのか!」と驚いていた。
邦題も「24」を意識したのだろう。そういえば、ジャック・バウアーの娘の名前も同じキムだったな。

なにも考える必要もなく、痛快に90分があっというまに経ってしまいます。
ああ、面白かった。それ以上でもそれ以下でもありませんが、ここまでの爽快感は貴重です。