あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「フェイス・オフ」 (1997年)

イメージ 1

1997年 アメリカ 137分
監督:ジョン・ウー
出演:ジョン・トラボルタ、 ニコラス・ケイジ、 

サスペンス・アクションもの。 ★★★★

たしか観るのは2回目のはずだが、こんなに面白かったんかい、この映画。
すっかりジョン・ウー監督を見直してしまった。
彼のことだから、銃撃戦の迫力が半端ではない。「男たちの挽歌」から培われてきた銃撃戦の美学があるぞ。
いきなり冒頭近くでのキャスター(ニコラス・ケイジ)とショーン(ジョン・トラボルタ)の打ち合いでは二丁拳銃だぜ。イエイ。

しかし、なんと言ってもこの映画の成功は、トラボルタとケイジの二人の迫力ある演技。
物語のはじめでは、ニコラス・ケイジが凶悪犯、ジョン・トラボルタが正義感溢れるFBIである。
あれ、なんだかいつもと違うなあ、逆の雰囲気なんだがなあと思っていたら、なるほど、納得。

冷酷無比のテロリスト、キャスター(ケイジね)によって最愛の息子を失ったFBI捜査官ショーン(こちらがトラボルタね)は、ついにキャスターを捕らえる。
しかし、彼が仕掛けた細菌爆弾を探し出すために、ショーンはキャスターの顔を移植して彼になりすまして潜入捜査をおこなうことになる。
ところが昏睡状態から覚醒したキャスターは、ショーンの顔を自分に移植したあげくにその秘密を知っているものを全員殺してしまう。

ということで、善玉と悪玉を演じている俳優が途中で入れ代わってしまうわけだ。
観ている方も、え~と、これはトラボルタだから見かけはこうだけれども本当はこうで、あれがケイジだから、見かけはああだけれども本当はああで・・・。
(でも、観ている途中でまごつくことは全くありません。映画の作りが上手いんだろうなあ。)

途中で顔が入れ代わってからは、トラボルタが悪役を演じて、ケイジがFBIを演じている。
善良なFBIショーンを演じていたトラボルタが、顔が入れ代わったとたんにふてぶてしい悪役キャスターになるところがすごい。
本領発揮。

ケイジの方も、キャスターを演じていたときはニヤッと笑ったりするところが本当に悪っぽい。不気味。
ところがショーン役になったとたんに、誰も自分が本当はFBIだということを知ってくれないと例の八の字眉で困惑する。巧みだなあ。

物語も銃撃戦はあるわ、陰謀はあるわ、で変化に富んでいる。
それにジョン・ウーのことだからやるかなと思っていたら、やっぱり出ましたね、白い鳩!(笑)
銃撃戦が始まる教会の中を飛んでいく。

キャスターの妹が魅力的で、どこかで観たことがあるなあ、と思っていたら、ああ、そうだった!「バウンド」で印象的なヒロインを演じたジーナ・ガーションだった。
特徴のある上唇がとても魅力的。

とにかくジェット機が倉庫に突っこむわ、モーターボートは高く舞いあがって炎上するわ、アクション場面の迫力はもう満点。
さらにこの映画のすばらしかったところは、アクションだけに留まらず、顔を入れ替えた人が陥る精神的変化をよくあらわしていたところ。
なかなかに深いものを感じさせていた。

2時間あまり、すっかり映画の面白さを堪能した。