あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「フルタイム・キラー」 (2001年)

イメージ 1

2001年  香港 101分
監督:ジョニー・トゥ、 ワイ・カーファイ
出演:アンディ・ラウ、 反町隆史、 ケリー・リン

殺し屋ノワール。 ★☆

スタイリッシュなアクションものを作ろうとしたのだろうなあ。
殺し屋の非情なふるまいに美意識を見せようとしたのだろうなあ。
一人の女性を間に挟んだ二人の男の確執と友情を描こうとしたのだろうなあ。

・・・残念なことに、どれも上手くいかなかったなあ。

No.1の殺し屋O(反町隆史)と、その座を狙う売り出し中の殺し屋トク(アンディ・ラウ)。
とこうくれば、シルベスター・スタローンの映画「暗殺者」に似た設定。
しかし物語の見せ方は全く違う。

とにかくこうすれば格好好いのではないだろうかと、トゥ監督が考えたアクション場面を無理矢理に(笑)つなげていく。
だから物語は、支離滅裂、とまではいかないまでも、かなり不自然にすすむ。
(後半になって、いきなりケリー・リンが二人のその後を語り始めて、元刑事が小説に書くって、どうよ?)

アンディ・ラウもケリー・リンも、必死に下手な日本語で話す。
やはり気になって映画に入り込めない。
そんなことをせずに母国語でよかったのに・・・。
しかし、そうすると反町との会話が成り立たないか・・・(反町は中国語が全くダメだったとのこと 汗)。

せっかくのアンディも、妙なハイ・テンションを持続させて、ちょっと痛いぐらいの感じ。
トゥ監督のノワールものは、はまるときは絶妙に決まるのですが、これは残念でした。