あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「ルーパー」 (2012年)

イメージ 1

2012年 アメリカ 118分
監督:ライアン・ジョンソン
出演:ブルース・ウィリス、 ジョゼフ・ゴードン・レビット、 エミリー・ブラント

タイム・トラベルもののサスペンス。 ★★★☆

タイム・トラベルもののなかには、過去の自分に会うことはできない、という原則で作られているものが少なくない。
ところが、この作品はその辺りを逆手に取っている。
未来からやって来た自分が、今の自分と戦うのだ。

タイトルの”ルーパー”というのは何かというと、30年後の世界からタイムマシンで送られてくる人物を撃ち殺す殺し屋のこと。
というのも、全てが管理された未来社会では殺人を犯すことができないのだ。
で、悪の組織は使用が禁止されているタイムマシンで、捕らえた邪魔者を他の時代に送り殺させるわけだ。

なかなかに手の込んだ設定となっている。
もちろんタイムマシンは一方通行で、今の時代から30年後に行くことはできないことにもなっている。

さて主人公はそんなルーパーの一人、ジョー(ジョゼフ・ゴードン・レビット)。
ある日、目の前に送られてきた標的は、なんと30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。えっ! 自分を殺すのか?!

実は未来のジョーにはある目的があり、そのために30年後の時代に戻ってきたのだ。
その目的は、愛した妻が殺される原因になったある人物を過去に戻って抹殺すること。
そうすれば未来は変わって、妻は殺されなくて済む・・・。

ここで面白いのは、未来の自分は今の自分がどうしようとするかを知っていること。
だから、今の自分に、こうしろとサジェスチョンをする。
しかし、その指示に従って今の自分が本来の自分と異なる行動をすれば、そこから先の未来は違う道筋になっていく。
う~む、これは面白い脚本だなあ。

未来の自分が目的とすることはよく判る。それをしなければ愛する妻は殺されてしまうのだから。
しかし、今の自分にはとても***をすることなんて出来ないぞ。
理屈と感情で気持ちが揺れるぞ。ああ、どうしたらいいんだ・・・。

二つの選択の間で揺れた主人公が決断した行動とは・・・。

タイムトラベルものと言っても、それほど難しい理屈はありません。
状況設定が大変によく出来ています。ハラハラ感もほどよくあります。
いろいろな映画祭で脚本賞を取っているようです。