あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (2013年)

イメージ 1

2013年 アメリカ 120分
監督:アントワーン・フークア
出演:ジェラルド・バトラー、 アーロン・エッカート、 モーガン・フリーマン

単純アクション攻防もの。 ★★☆

ホワイトハウス陥落ものが続いて公開されて、混同する。
ホワイトハウスが最後の状態となるか、ダウンするか、どちらもイメージは似ているし(苦笑)。

ある日、ホワイトハウスが大がかりな武装集団に占拠されてしまう。
この武装集団はどう考えても北朝鮮と思えるのだが、それでいいのだろうなあ。
どうせ北朝鮮でこの映画が公開されることはないわけだし、クレームが来ることもないわけだ(笑)。

ホワイトハウスも重火器で武装した集団が本気で攻めてきたら意外と容易に陥落するのだなあと思わされた。
それにしても、ホワイトハウスの中にあんな地下の避難部屋があるとは知らなかった。
そこはさすがに外からの攻撃には万全の備え。
しかし敵も然る者、その完璧な防御ブロックが仇になって、内側へ入り込まれてしまったらもうどうしようもない(汗)。

さて、大統領(アーロン・エッカート)も人質に取ったテロリストたちは、朝鮮半島に展開している米軍の撤退や、第七艦隊の引き上げを要求してくる。
もしそんなことをすれば、あっという間に韓国は朝鮮の侵攻で崩壊してしまうぞ。
大統領代行となったモーガン・フリーマンも頭が痛いぞ。

ここで活躍するのが、仕事上の失敗から大統領付きのシークレット・サービスから外されていたマイク(ジェラルド・バトラー)。
テロリストの襲撃を見て、とっさにホワイトハウス内に忍び込んでいたのだ。
おお、今や頼れるのは彼しかいないぞ。

これはいってみれば、最初のころのダイ・ハードのような設定。
テロ組織が乗っ取りをおこない逆封鎖をしてしまった建物の中にひとり残った主人公が必死に頑張るというもの。
孤立無援で頑張る主人公、いやが上にも観ている者は主人公の活躍に声援を送るわけだ。

もう何も難しいことを考える必要はなし。
スパイ・アクションものみたいに、策略がどうのとか、人間関係がどうのとか、そんなことには一切煩わせられない。
単純に、おお、やれ、もっとやれ、と観ていればよい(笑)
だから、後に残るものは何もありません。
という意味では、気分転換用の映画、かな。

しかし、この映画を観て、乗っ取りを実際に計画するグループが出てくるのでは?
そういえば日本でも、要人を警護するはずのSPが国会議事堂を占拠する映画があった。
国会議事堂には国民にはしらされていない地下の避難所などはないのだろうか?